目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

QLOOKアクセス解析

平和ボケした自覚のない奴隷

最近「悪魔を出し抜け!」を読んでいます。
読み始めたときは、
時々来るネガティブな気持ちにさせる現象も、
悪魔の仕業だったのかと思い、
どうにか自分から悪魔を追い出そうと
思っていましたが、
おとといの夜、気づいたことがありました。

私は今まで書いてきた記事の中で、
ネガティブな感情も認めようとしてきたではないかと。
この世界に存在するすべてには、
必ず相反するものが存在する。
ポジティブとネガティブ。
光と闇。
夏と冬。
朝と夜。
陰と陽。
プラスとマイナス。
悪魔と神…などなど。
相反する二つの存在があるから、
私たちもその中に存在できるのではないかと。
ってことは、
悪魔を認める、何なら感謝してあげる…みたいな(;^ω^)?

悪魔は言っています。
何百万年も前、
まだ人間に理性というものが無かったころは
悪魔だけが人間を支配していた。
しかし悪魔の対抗勢力、すなわち神という存在が、
ポジティブな思考が持つ偉大な力を発見し、
それを人間に植え付けたことで、
悪魔は唯一存在できる人間の意識という居場所を
守る戦いが始まったのだと。

そもそもは、
悪魔に支配されていた我々人間は、
何度も生まれ変わってくるたびに、
いろいろな経験(傷つけたり、傷つけられたり)を
することで理性というものに磨きをかけてきたのだと思います。
それはつまり魂の周りにくっついている汚れを
落としているということですね。

でも、
それでもまだ完全に悪魔の支配下を抜けた人間は、
わずか全体の2%。
特に戦後生まれの私たち日本人は、
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム - Wikipedia
によって、
本来の力を封じ込められる教育を受けてきました。

だから、人道的におかしなことをしている
権力のあるものに逆らおうとすることさえしません。
事実を知ろうともしません。
自分で考えようともしません。
思いっきり、流されながら生きている人がほとんどです。

ちなみにこの世界ではトップニュースで扱われた
こちらの事故をテレビで報道されているのを
見たという方はどれくらいいるのでしょうか。
おそらく、日本ではほとんど報道されていません。
news.nicovideo.jp

私は現実を知りたいといろいろ調べているdrakeさんから
毎晩、いろんなことを教わります。
そのほとんどは眉間にしわが寄ってしまうような内容ばかりです。
このままでは本当に日本という国は沈没してしまうんじゃないかと
本気で思ってしまいます。
実際に、北海道長万部町出身の保守派といわれる評論家の
西部 邁さんはつい先日、
入水自殺をされました。
こんな日本に生きていたくないと昨年末の対談で
語られていたので、おそらくそれが原因なのでしょう。
この方のことも、
drakeさんから教えてもらいました。
どんなに頭が良くても、
どんなに世界のことを知っていても、
自分の力の無さを悲観して、
人生において戦うことをあきらめて
自らの命を守ることをしないのは
愚かな行為だと私は思いますが。

悪魔は無知であること、
恐怖を抱くことこそがもっとも破壊的な罪だと言っています。
私も本当につい最近までそうだったからわかるのです。
自分の人生を誰か任せにして(主に政府や世間)、
自分に矛先が向けられると責任逃れをしようとする。
上述したウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムにより
そのように教育されてきたのですから、
ある意味、被害者でもあるのですが、
いつまでもこのままでいいのでしょうか。
自覚のない奴隷生活をいつまで続けていくのでしょう。
まさに悪魔につけ入れられる「流される人間」であることを
そろそろ皆が止めて覚醒しなければいけない時ではないかと思う今日この頃です。

では、どのようにして私たちは、
本当の自分というものを取り戻していけばよいのでしょうか。
それは、同じ舞台に立って真正面から立ち向かうものではないと、
私は思っています。
それについてはまた明日以降書かせていただきたいと思います。


今日もお読みいただきありがとうございました( ❁ᵕᴗᵕ )

私のモチベーションアップにご協力ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バビロンの大富豪 第三話

バビロンの大富豪を私が初めて知った時、

まずはYouTubeでオーディオブックを探しました。

ただで聴けるのですから本当にありがたい。

でもなぜか、

第三話だけはいろいろ探しても、

見当たりませんでした。

 

「こんなに探しても無いって何で?」

 

そう思えば思うほど、

どんなお話なのか気になって仕方なく、

結局本を購入しました。

さて、第三話にはどのような物語が書かれているのでしょうか。

 

 

まず、冒頭にはこうあります。

 

幸運な人間であったとしても、その幸運の限度を知っている者は誰もいない。

ユーフラテス川に放り込まれたとき、

手に真珠をつかんで浮かび上がってくることがあることをだれが想像できようか。

                       ~バビロニアの諺~

場所は王の宮殿や空中庭園、神々の神殿と並んで

重要とされる学びの神殿。

ここでバビロンで最も裕福とされるアルカドが、

壮年の男たちを中心に

「幸運を引きつける方法」

について話し合っていた。

 

幸運の女神の恩恵を受けた者はと問うと、

誰も手を上げない。

では幸運の女神とはどこにいるのか。

すると「賭博場ではないか?」という声が。

しかし、

アルカドはこう諭した。

「かのありがたき女神が個々の人間の競馬の賭けに、

 いちいち大きな関心を払うと、

 どういうわけで思われるのですかな。

 私にとって、かの女神は愛と高潔の女神で、

 救いを求めている者を助け、

 ふさわしい者には報いを授けることを喜びとされる神です。」

つまり、

幸運の女神が金を稼ぐより

失うことのほうが多い賭博場にいるわけがないと。

幸運の女神は儲けを出すために努力を惜しまない者にこそ微笑むが、

賭博の場合には状況はまったく逆転すると。

 

なぜなら、賭博場というのは、

どう考えたって胴元が儲かる仕組みになっているからです。

でなければ、賭博場というものは成立しませんよね(;^ω^)

でも時に、大金を稼ぐこともあるでしょう。

これこそが、賭博の甘い罠。

ここでいくら儲けようと結局は価値としては長続きしません。

なぜなら、多くの人がそのお金をまた

賭博に使ってしまうからです。

 

これは斎藤一人さんも言っていますが、

宝くじ的なラッキーで大きな財を成し、

立派に成功したという人はいないと。

ギャンブルにお金を使ってしまうのは、

お金を大事に思っていない証拠。

ほぼほぼ負けるとわかっていて、

お金を使うわけですし、

もし一時的に儲けたとしても、

また同じところに置いてきてしまうのですから。

胴元のために尽くす奴隷のようなものですね。

 

またこういった話し合いも持たれました。

「実際に幸運の女神が与えてくれたチャンスをみすみす逃してしまう」

ということに関して。

せっかく訪れたチャンスを目の前に躊躇し、

そのタイミングを逃すと、

あっという間にチャンスはほかの誰かのところに行ってしまう。

 

例えばこんなお話が。

若い時に大きなチャンスを逃し、

息子を育て上げた今も、

まだ成功への道を歩き始めてもいないという父親が、

これは大きなチャンスだから、

収入の十分の一をある事業につぎこめと、

息子に投資話を勧める。

だが、息子はどうしても乗り気になれず、

タイミングを逃す。

するとその事業は、

誰にも想像がつかないほど大きな利益を上げた。

 

もうひとつはこう。

ある家畜の仲買人の話。

ラクダを探す旅に出たものの、

がっかりして街に戻ると、

市の門が閉ざされていた。

しかたなく、

門の前で一晩を明かすことにしたところ、

ひとりの年老いた百姓が、

「最高質の羊をひと群れ買ってほしい」と近づいてきた。

しかし、大きな群れであることは何となくわかるものの、

あたりは真っ暗で、

実際に羊の数を数えることは難しかったため、

翌朝に数えてから金を払うとした。

それでも百姓は急ぐ用があるため、

せめて今のうちに三分の二を支払ってほしいと提案するも

それを受け入れなかった。

すると、翌朝、市の門が開き、

四人の仲買人が飛びでてきて、

あっという間に百姓から羊を買い取ってしまった。

結果的に百姓は最初に提案した金額の三倍のお金を手に入れ、

家畜の仲買人はみすみすチャンスを逃したというお話。

 

正直、人間生きていると、

だまされたり、だまされた話なんかを耳にすることが多く、

美味しい話に乗り切れないということはありますよね。

「うまい話は無いと思え」みたいな教えもありますし。

だけど、失敗してもいいから、

乗ってみるという行動力が必要だということでしょうか。

本にもこうあります。

「良い商談を逃してしまっているその元凶は、

 断固たる決意で迅速に行動することが求められているときに、

 不必要にぐずぐずする習癖にある」と。

 

すべての人にチャンスは訪れる。

しかし、幸運の女神がほほ笑むのは行動する人だけということですね。

 

ちょっと長くなってしまいましたが、

このお話でいろいろ考えてくださる方がいたらいいなと思います。

 

 

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

 

 

 

バビロンの大富豪 (<CD>)

バビロンの大富豪 ()

 

 

 

今日もお読みいただきありがとうございました( ❁ᵕᴗᵕ )

私のモチベーションアップにご協力ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

立春に考えさせられたこと

今朝は、朝6時半からの出勤。

ものすごい大雪でした。

毎週日曜日は、

一緒に7時間パートで事務をしている方と交代で

残業するのですが、今日は私がその日。

昼休みにもご飯を食べた後、

25分くらい昼寝をしたのですが、

仕事から帰って、

ご飯を頂いて、

パソコンの前に座って、

ブログを書こうと思いきや、

知らないうちに寝てしまっていて、

危うく、

毎日更新を断念してしまうところでした(;^ω^)

だけど、

ちゃんと間に合うように目を覚ましてくれた

自分に感謝です。

 

今日は、

仕事の帰りに、

次男からLINEが来ているのを確認。

そこには、

「マミー。多分給湯器死んだ」の文字。

食器洗いをしようとしたところ、

瞬間湯沸かし器の火が点かないということ。

まぢかぁ。

「何もこのお水が冷たくなる冬に壊れなくても…」

とも思いましたが、

うちの台所の湯沸かし器は、

もう16年目。

壊れたって文句は言えないくらい頑張ってくれた。

とか考えながら、

頭の片隅には、

「まだどうにかなるんじゃないかな」

って考えている自分もいたりして。

 

うちに帰ってみると、

「これは完全にいっちゃったやつだな」と完全にあきらめモード。

立春のこの日に突然逝ってしまった湯沸かし器。

もうしかたありません。

今日のところは、

なるべく洗い物が出ないように、

鍋焼きうどんにしました。

 

だけど、考えてみれば、

私が子供のころに住んでいた団地の台所は、

お湯を出そうなんて気はさらさらなく、

水道の蛇口はひとつ。

冷たい水で食器を洗ったものです。

便利になったことが当たり前になってしまう。

潜在意識のはたらきについてなどを

勉強していなかったら、

単に「いや~、何で壊れたのさ😢」の一心で

終わってしまうところでした。

こういうものの考え方ができるようになっただけでも

私は幸せ者だなと思いました。

 

起きてしまった物事を一瞬は憂いても悲観し続けない。

受け入れて、「ではどうする?」のほうが建設的ですね。

ネガティブシンキングをゼロにすることはできません。

だけどとらわれ続けるのはもったいない。

この事実に気づけるだけで、

日々の思考の仕方って変わると思いました。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございました( ❁ᵕᴗᵕ )

私のモチベーションアップにご協力ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

鬼は~外ぉ!

今日は節分ですね。
私の勤務先のスーパーでは、
各部門から応援を出して、
総動員で恵方巻きを巻いていました。
私は苦手なのでパス(^ω^;)
だから今日の事務仕事はほとんど一人ぼっちでした。

恵方巻は悪天候にもかかわらず、
だいぶ売れているらしく、
事務仲間で応援に出た人が残業。
ゆえに私もそれに伴って1時間半の残業でした。
予約していた恵方巻と予約特典の茶碗蒸しを受け取り、
ちょこっと買い物をして、
職場を出た後、
近くのローソンまで歩きました。
銀行に入金したかったので。

ふだんは車で通勤しているのですが、
ちょっと訳あって、
今日はバスでした。
もちろん帰りもバスのつもりだったのですが、
ローソンまで歩いたら、
バス代がガクンと落ちるバス停まで歩いてみようかなと。
外はなかなか吹雪いていたのですが、
しばらく歩いていなかったので、
急にチャレンジ精神が湧いてきちゃったんですね。

そして、目的のバス停に着いたとき、
ここから先は、
去年の秋にウォーキングしていたコースになるので、
久しぶりにもう家まで歩いちゃえ!!
ってな感じで、歩き始めました。
家まではだいたい2.3kmくらいかな。
実に安易な考えで決心したのですが、
吹雪の上に、
雪はそこそこ積もっていて、
長い上り坂。

でもここから先は、バスの路線を外れているので、
どうやっても歩くしかありません。


秋に歩いていた時は、
スタスタ歩けていたけれど、
足にまとわりつく雪がかなり体力を奪います。
それに吹き付ける強風と雪。
「何してんだろう?」って途中で思ったりもしましたが、
もう引き返すわけにもいきません。

そんな私を励ましたのは、
昨日のdrakeさんのブログで紹介されていた
パピヨン」って映画です。
kemoxxxxx.hatenablog.com
NetFlixにあったので、
即行で観ました。
パピヨンは囚人で刑罰でつらい労働をさせられます。
私は別に囚人ではないのですが(;^ω^)
あれに比べたら…と思って頑張れました。

そして、さらに歩みを進めているうちに、
こんな考えも出てきました。
「これで私の中の鬼が出ていくかも」って(*´艸`*)
風にも浄化の働きがあるんですよ。
それに人間は極限状態になったとき、
無限の知恵の宝庫からひらめきがもらえたりするんですね。
私のは極限状態までには至りませんでしたが、
でも歩くって瞑想状態になるのでやっぱりいいんですよね。

久しぶりに歩いたのもあって、
かなりきつかったのですが、
それでも確実に前に一歩踏み出してくれる
自分の足に感謝しました。
距離にして4.1㎞。
時間にしてちょうど1時間。
よく頑張った、みきっぺ。

節分は一つの節目。
豆まきもしたし、
おなかもいっぱいになったし、
後は粗塩入れたお風呂に入って
カラダを清めて休みます。

今日もお読みいただきありがとうございました( ❁ᵕᴗᵕ )

私のモチベーションアップにご協力ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

悪魔を出し抜け!

1/31の記事で「素晴らしい本を手に入れました」と書きましたが、

charlotte102.hatenablog.com

今日はその本を紹介したいと思います。

 

それはナポレオン・ヒル博士の

「悪魔を出し抜け!」です。

悪魔を出し抜け! (文庫)

悪魔を出し抜け! (文庫)

 

 私は今までどちらかというと、

神様側の話ばかり読んだり聞いたりしてきたわけですが、

こちらの本はタイトル通り、

悪魔側からの視点で書かれている本なんです。

別に私が悪魔に寝返ったわけではありませんよ(;^ω^)

 

これはナポレオン・ヒル博士が1938年に執筆したにもかかわらず、

実に70年もの間、彼の親族によって封印されていた本なんです。

なぜ親族は封印したのでしょう。

それは、あまりにも神髄をついているために、

「世の中に出したところで到底受け入れられることはないだろう」

「むしろ世の中から大きな批判を受けるかもしれない」

…という懸念があったからなんです。

 

こちらの本によると、

正義と悪はちょうど半分ずつで成り立っているものなんですが、

悪魔に支配されている人間の数は実に98%!!

自分は違うと思いたいところですが、

ほとんどの人は悪魔に心を支配されているということですね。

 

では、悪魔に支配されない人間とはどういう人のことなんでしょうか。

それは単に「流されない人」なんです。

流されない人を説明するために、

流される人の説明をしましょう。

それは、

周りの状況に影響を受け、コントロールされてもそれに抵抗しない。

自分で考えることを面倒がり、むしろ悪魔が自分の意識を支配し、

自分の代わりに考えることを歓迎する。

人生に何が起ころうとそれに甘んじ、

反抗したり反撃したりすることもない。

人生に何を望めばいいのかもわからず、ただぼんやり日々を過ごすだけの人。

…とありました。

これは、無意識のうちにってことだと思います。

 

私が思うに要するに、

日本という国を政治家に任せっぱなしにしている

平和ボケした人々のことかなって。

私も政治のことはdrakeさんに出会うまで、

まるで関心が無かった平和ボケした国民でした。

drakeさんはかなり興味深い裏話記事をたくさんブログにあげていますが、

受け入れられない人もいっぱいいるんだろうなと思います。

そんな方々には、

きっとこの本も「何言ってんの?大丈夫?」って

類の本だと思います。

 

kemoxxxxx.hatenablog.comdrakeさんのブログはこちら☝

 

でも、神のこと、たった一つの真実について

理解のある人には絶対にわかるはずです。

文庫本で、400ページ越えのこちらの本。

正直、まだ全部は読めていません。

今で278ページといったところですが、

多くのことをすでに学ばせてもらいました。

そして、私が改めて思ったことは、

「人としてこの世に生まれてきたこと、

 ここに存在していることは、

 そうでなければ学べないことを学ぶためだ」

ということです。

私たちは人だから、

心の中に神と悪魔とが共存しているのです。

そのうえでどう生きるかが学びとなるわけです。

 

我々は過去世の記憶や遺伝、

生まれてきてからは親や教師、

また宗教指導者らにより、

「自分で考える」ということを取り上げられています。

もちろん親や教師、宗教指導者らに悪気はこれっぽっちもありません。

しかし、結果的には悪魔につけ入れられる人間を育ててしまっているのです。

流されない人間とは要するに何事も

「自分で考える」人なんですよね。

「ちょっと私これわからないから、代わりにやって」とか

日常生活で良く聞こえてくる会話です。

私もよく言います(;^ω^)

わからなければ学べばいいんですよね。

それを誰かに丸投げしてしまうのは大間違い。

どんな小さなことでもです。

 

こちらの本の奥深さは、

とても一つの記事で書ききることはできません。

また、この先の記事の参考にしていこうと思っています。

そういえば明日は節分ですね。

鬼と悪魔って違うのかな?(;^ω^)

とにもかくにも、

悪魔に心を支配されっぱなしでいる場合じゃありませんよね。

敵に勝つにはまず敵を知ることが大事!

悪魔のお話、興味あったら、みなさんもいかがですか?

 

 

今日もお読みいただきありがとうございました( ❁ᵕᴗᵕ )

私のモチベーションアップにご協力ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

100回聞きシリーズ 4タイトル制覇

100回聞きも毎日ブログ更新も

おかげさまで順調に進んでおります。

自分で決めたことを達成するのは、

やはり自信につながると思います。

 

そんなこんなで、

100回聞きシリーズですが、

ついに4タイトル目の

「別れを考えた時100回聞く話」も

昨日で達成しました!!

満月の日に達成できたことが何よりうれしい!!


斎藤一人 別れを考えた時100回聞く話

こちらのお話は、

執着についてでした。

執着というと何かネガティブな印象をもってしまうのは

私だけでしょうか。

一人さんのお話ではこうでした。

執着はして良いものと悪いものがあると。

 

執着すべきは、

人様の幸せのためになることをするということであり、

自分の欲望に執着するのは間違いであるということ。

男女間でうまくいっているときはいいけれど、

だんだんお互いにもしくはどちらかが相手に不満を持ち始めると、

「別れる」という話し合いも持たれたりするでしょう。

その時に、本当に相手に幸せになってほしいと思うなら、

すんなり別れることができるはずなんですね。

でも、どうしても「別れたくない」というのは、

自分の気持ちに執着しているだけで、

相手のことをまるで考えていないということ。

 

自分という生き物は、

すでに神様から愛されている存在であり、

自分で執拗に自分自身をかわいがらなくてもいいんです。

私たちはつい、自分で自分の意思で、

生きているような勘違いをしてしまいがちですが、

どんなに生きていたいと思ったって、

神様が決めた寿命には逆らえませんよね。

つまり生きていることは当たり前じゃないということ。

それだけの奇跡をいただいているのだから、

自分は安心して人様のために生きるべきなんです。

 

頭でわかっていても、

なかなか実行に移せない。

でも、知らないよりは知っているほうが断然お得です。

だって、反省ができるから。

反省がとても大事なんですよ、人間。

この小さな反省を積み重ねることで、

人の器は大きくなります。

器が大きくなると、

受け入れ態勢が整うので、

大きな愛や富も手に入れることができます。

 

愛されたかったら、

まずは愛すること。

欲しかったら、

まずは自分が与えること。

その執着が自分に対する執着になっていないか、

時には省みることも大事ですよね。

 

さてさて、次なるお題はこちら。


【斎藤一人】私が教えることの”本質”はこの話だけです! ※これだけは必ず知っておいてください※

 

すでに今日だけで11回聞きました!

とても素晴らしいお話です。

もしよろしければ、

私と一緒に100回聞きトライしてみませんか?

 

 

今日もお読みいただきありがとうございました( ❁ᵕᴗᵕ )

私のモチベーションアップにご協力ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

獅子座満月 2018

今夜は素晴らしい夜ですね。

1か月に2度目の満月(ブルームーン)であり、

昨日、地球に月が最接近したばかりなので、

いつもより大きく見えるほぼほぼスーパームーン(;^ω^)

さらには皆既月食となるので、

月が赤く見えるブラッドムーン。

 

昨日の記事にも書きましたが、

月食や日食のときは、

宇宙による断捨離が行われるときなんですって。

だから、もしこの時期に自分の意図とは関係なく

離れていくものがあっても

気持ちよく手放すことが大事です。

それは仕事であれ、

持ち物であれ、

人間関係であれです。

何かを失うことは何かを得ることに繋がります。

宇宙意識を敬ってその流れに乗りましょう。

 

今夜の満月の瞬間は22時26分です。

この瞬間から10時間以内に

パワーウィッシュを書きます。

獅子座のテーマは、

「個性」「オーラ」「喜び」

「主役」「自信」「注目を集める」です。

f:id:charlotte102:20180131204909j:plain

これらに関する祈りを宇宙に届けましょう。

満月で伝えるのは感謝の気持ち。

だから、その願いがすでに叶ったものとして、

先にお礼を言っちゃうという形です。

 

私は今日、

私にとっては大きなあるものを手放しました。

そして、

そのかわりに素晴らしい本を手に入れました。

そこには、

「祈るときはその目標だけに集中し、実現するための計画は忘れろ」

…とありました。

これがどうしてだかわかりますか?

それは、その目標を実現するための手段に意識が行くと、

だいたいの人は「やっぱり無理」って思考に行きついちゃうからなんです。

自分に制限をかけている、

自分のことが信じられないといった思考が邪魔をします。

実は、目標を遠のけているのは自分ってやつですね。

 

だから、パワーウィッシュを書く時も、

目標が実現した時のことだけに集中するようにしましょう。

そしてそれが叶ったときの波動を先に出すのです。

波動を出すというとややこしく聞こえるかもしれませんが、

それは単にそれが叶ったときになる気持ちに先になるということです。

うれしい! 楽しい! ありがたい! 幸せ!

そんな気持ちになりますよね。

その波動が同じ波動のものを引き寄せます。

 

パワーウィッシュを書くという習慣を続けているうちに、

「あれ? そういえばあの時に書いた願いが叶っている」ということに

気づくことがあるでしょう。

私はあります。

それでも、自己不信や自己破壊により、

まだまだ自分の思い通りに引き寄せられていないという不満を持っていました。

それが時折、心にかかる雲となって現われていたんだと思います。

でも、実はそれも含めて全部は成功へのステップ。

大事なのはそれに気づかなければただの失敗で終わってしまうということ。

失敗や挫折の無い成功者は一人もいません。

失敗や挫折が無かったら成功者とは呼べませんよね(;^ω^)

そして、「結構叶えてるじゃん」っていう

成功体験は次なる成功を引き寄せます。

 

先ほど、満月直前の月を見てきました。

ここ函館はあいにくの曇り空で、

根気よく見ていないとなかなか月は顔を出してくれませんが、

雲の隙間から見えるきれいな月が見えたときに

ありがたく感じるので、それがまた良かったりもしますね。

 

そうそう、満月水もお忘れなく。

できれば天然のお水をガラスか陶器性の容器に入れて、

窓辺が外に出して月光浴させるのです。

時間帯は月が出ている時間なら何時でもOK。

2時間以上は月光に当てましょう。

パワーウィッシュを書く時に

満月水を飲みながらでも、

書いたパワーウィッシュのノートの上に容器を載せて

月光浴させるのでもより大きな効果を期待できるそうですよ。

 

私は函館と札幌という251㎞という距離を心は超えて

drakeさんと一緒に満月を拝みたいと思います。

それではみなさまも素敵な獅子座満月の夜をお楽しみくださいませ。

 

月や星についてもっと詳しく知りたい方は、

Keikoさんのブログをご覧くださいね。

ameblo.jp

 

 

今日もお読みいただきありがとうございました( ❁ᵕᴗᵕ )

私のモチベーションアップにご協力ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村