目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

QLOOKアクセス解析

「許す」という修行

昨日の記事に挙げた斎藤一人さんの100回聞きシリーズ。

「自分を許す話」

今日で18回になりました。

 

f:id:charlotte102:20171207224328p:plain

 

「許す」ってなかなか大変なこと。

無意識のうちに許していないことが多いんだなぁと思いました。

 

なかなか病気が治らない人っていうのは、

必ず何かを誰かを許せていないらしいです。

許す=ゆるむ

つまり、許せない=固まるとなるわけで。

痛みになって現われる。

 

私はふだんは気にならない程度ではありますが、

首を横や前後に曲げたときに、

「あいたたた」ってな感じで痛みを感じます。

首って人間関係を表しているらしいです。

この人間関係の中には自分も入るんだとか。

私は特に許せない人っていうのは、

認識していないので、

おそらくはこの首の痛みは、

自分自身を許していない表われかなと思いました。

 

また、頭が痛い人は目上の人の中に、

許せない人がいる場合。

腰が痛い人は、目下の人の中に…といった具合です。

 

私は、小学校4年生くらいから、

20代前半くらいまで、

頻繁に片頭痛に悩まされていました。

あの時の私はだれを許せなかったんだろう。

でも常に、何かうまくいかないことは、

誰かの何かのせいにして生きていたかもしれません。

 

「腹が立つ」とは許せていない証拠。

どんな小さなこともだと思います。

車を運転しているときに割り込んでくる車とか。

挨拶しても知らん顔する人とか。

こういう類の人を私は今のところ、

許せていないかもしれません。

潜在意識のことや引き寄せの法則なるものを知ってからは、

そういう人でさえ、

自分が引き寄せているのだと解釈出来たら、

瞬間的に「カチン」とは来ても、

それで心を支配されるということは無くなりました。

 

自分を責めたくなること、

他人を責めたくなること、

現象を責めたくなること…

いろいろとありますが、

こういうことが起こるたびに、

「それでも許せるかい?」

「これではどう?」

…みたいに試されているような気になってきました。

 

許すということを上手にできるようになると、

現象が変わるそうです。

世界のほうから変わっていくそうです。

これって面白いと思いませんか?

 

「なかなか許せない」

「許しているのに世界が変わらない」

「許そうと思ってもこれは許せない」と思う自分を許す。

どこまで行ってもそんな自分を許す。

このお話を100回聞き終わるまでは、

許すということに意識を置いて過ごせそうです。

charlotte102.hatenablog.com

もしこの記事が良かったなと思っていただけたら、

ポチっとクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村