目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

転ばぬ先の杖はいらない!

以前にも記事にしたことがあるのですが、

charlotte102.hatenablog.com

やっぱり、親のお節介って子供の成長を妨げるなと思います。

 

 

f:id:charlotte102:20180112214420j:plain

このお話の中で、出てきます。

親って勘違いしがちなんですよね。

「何でもかんでも親がやってやらないと!」

「子供は親が守らないと!」

子供を守るのは、

確かに親の務めです。

しかし、守るは何もやらせないってことじゃない。

苦労をさせないってことじゃない。

 

我が子が苦労するところは、

やっぱり私だって見たくはありません。

いつも笑って、安心していてほしいと思います。

でも、我が子だって、

この世に己を磨きに生まれてきた立派な魂なんです。

そう決めてきた子なんです。

それを親が余計なことをして、

足を引っ張るのは本末転倒なわけで。

 

「獅子は我が子を千尋の谷に落とす」

「かわいい子には旅をさせろ」

こっちが親の本当の務め。

 

子供に限らず、

人は困ったときにはちゃんと考えるし、

学ぶんです。

それをその機会を奪うようなことをしちゃいけないし、

困っていない時にいくら言って聞かせたって、

右から左に抜けていくだけ。

だって今はまだ必要としていないから。

 

放っておけといっているわけではありません。

ちゃんと見守ってあげる。

そして、ここぞというときに助言する。

そういう親でありたいなと私は思います。

 

余談ですが、

私の勤務先のスーパーでバイトしている学生たち。

たまに風邪で休んだり、

学校の都合で遅れたりするときに、

自分で連絡せずに、

親が電話をかけてくる場合があります。

結構、今では当たり前なのでしょうか?

私たちは、

「そんなことをいちいち親に頼んだことなかったなぁ」

って話になります。

学校を休む場合はわかるけど、

自分が働いているところを欠勤するのに、

親には連絡できるのにどうして自分で直接連絡できないんだ?

私なら「そんなの自分で言いなさい」って言うなぁ…と思っています。

 

子供に苦労させないのはある意味で虐待です。

何にもできない子になってしまわないように。

わざわざ谷に落とすことまでしなくても、

転ばせてやるのも親の務めかなって思います。

 

 

もしこの記事が良かったなと思っていただけたら、

ポチっとクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村