目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

QLOOKアクセス解析

平和ボケした自覚のない奴隷

最近「悪魔を出し抜け!」を読んでいます。
読み始めたときは、
時々来るネガティブな気持ちにさせる現象も、
悪魔の仕業だったのかと思い、
どうにか自分から悪魔を追い出そうと
思っていましたが、
おとといの夜、気づいたことがありました。

私は今まで書いてきた記事の中で、
ネガティブな感情も認めようとしてきたではないかと。
この世界に存在するすべてには、
必ず相反するものが存在する。
ポジティブとネガティブ。
光と闇。
夏と冬。
朝と夜。
陰と陽。
プラスとマイナス。
悪魔と神…などなど。
相反する二つの存在があるから、
私たちもその中に存在できるのではないかと。
ってことは、
悪魔を認める、何なら感謝してあげる…みたいな(;^ω^)?

悪魔は言っています。
何百万年も前、
まだ人間に理性というものが無かったころは
悪魔だけが人間を支配していた。
しかし悪魔の対抗勢力、すなわち神という存在が、
ポジティブな思考が持つ偉大な力を発見し、
それを人間に植え付けたことで、
悪魔は唯一存在できる人間の意識という居場所を
守る戦いが始まったのだと。

そもそもは、
悪魔に支配されていた我々人間は、
何度も生まれ変わってくるたびに、
いろいろな経験(傷つけたり、傷つけられたり)を
することで理性というものに磨きをかけてきたのだと思います。
それはつまり魂の周りにくっついている汚れを
落としているということですね。

でも、
それでもまだ完全に悪魔の支配下を抜けた人間は、
わずか全体の2%。
特に戦後生まれの私たち日本人は、
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム - Wikipedia
によって、
本来の力を封じ込められる教育を受けてきました。

だから、人道的におかしなことをしている
権力のあるものに逆らおうとすることさえしません。
事実を知ろうともしません。
自分で考えようともしません。
思いっきり、流されながら生きている人がほとんどです。

ちなみにこの世界ではトップニュースで扱われた
こちらの事故をテレビで報道されているのを
見たという方はどれくらいいるのでしょうか。
おそらく、日本ではほとんど報道されていません。
news.nicovideo.jp

私は現実を知りたいといろいろ調べているdrakeさんから
毎晩、いろんなことを教わります。
そのほとんどは眉間にしわが寄ってしまうような内容ばかりです。
このままでは本当に日本という国は沈没してしまうんじゃないかと
本気で思ってしまいます。
実際に、北海道長万部町出身の保守派といわれる評論家の
西部 邁さんはつい先日、
入水自殺をされました。
こんな日本に生きていたくないと昨年末の対談で
語られていたので、おそらくそれが原因なのでしょう。
この方のことも、
drakeさんから教えてもらいました。
どんなに頭が良くても、
どんなに世界のことを知っていても、
自分の力の無さを悲観して、
人生において戦うことをあきらめて
自らの命を守ることをしないのは
愚かな行為だと私は思いますが。

悪魔は無知であること、
恐怖を抱くことこそがもっとも破壊的な罪だと言っています。
私も本当につい最近までそうだったからわかるのです。
自分の人生を誰か任せにして(主に政府や世間)、
自分に矛先が向けられると責任逃れをしようとする。
上述したウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムにより
そのように教育されてきたのですから、
ある意味、被害者でもあるのですが、
いつまでもこのままでいいのでしょうか。
自覚のない奴隷生活をいつまで続けていくのでしょう。
まさに悪魔につけ入れられる「流される人間」であることを
そろそろ皆が止めて覚醒しなければいけない時ではないかと思う今日この頃です。

では、どのようにして私たちは、
本当の自分というものを取り戻していけばよいのでしょうか。
それは、同じ舞台に立って真正面から立ち向かうものではないと、
私は思っています。
それについてはまた明日以降書かせていただきたいと思います。


今日もお読みいただきありがとうございました( ❁ᵕᴗᵕ )

私のモチベーションアップにご協力ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村