目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

セルフイメージ ~コンプレックス編~

セルフイメージって、

どのようにつくられたものでしょうか。

鏡に映った自分を評価し始めたのは、

いったいいつからでしょうか?

最初から、

自分の顔やスタイルを嫌いって思った人って

いないんじゃないかと思います。

 

私自身、

小さかったころ、

特に自分で自分のことを不細工だと思ったことも

無かったと思います。

でも、気が付いたら、

いつの日か、

「どうして私ってこんなに目が細いんだろう」とか

「どうして口が大きいんだろう」とか

「どうして顔が大きいんだろう」とか

「どうしてこんなに足が太いんだろう」とか

思うようになっていて、

自分のことを責めに責め続けた数十年でした。

今思い出しただけで

私のことがかわいそうです。

 

でもどうしてこんな風に思うようになったのでしょうか。

私の場合は、ほとんどそのものズバリを

直接言われたんですね(;^ω^)

小学2年生の時には男の子に

口が大きいから当時はやっていた「口裂け女」、

4年生の時には顔が大きいから、

「せんべいさん(Dr.スランプあられちゃんの則巻せんべい博士)」

f:id:charlotte102:20180301202545g:plain

足が太いとも直接言われました(;^ω^)

目が離れているから?「研ナオコ」って言われたこともあります。

研ナオコさんごめんなさい(;´Д`A ```

 

今思うとさらに自分のことがかわいそうになりますが、

これは因果の法則を学んだり、

実は成功するために生まれてきたわけで、

それに必要な体験だったと理解できますけどね。

 

このように人から言われたことや、

誰かと比べてみたことなんかで、

セルフイメージっていうのが出来上がるんじゃないかと思います。

誰とも何とも比べることなんて意味が無いのに、

だいたいの人はそうしてしまっては、

劣等感に陥ったり、

優越感に浸ったりするのでしょうね。

 

現在の私は、

自分のことが大好きです。

それは毎日、鏡を見るたびに自分に暗示をかけたからだと思います。

暗示というか単なる声掛けなんですけどね。

これがアファメーションにもなっていたのかもしれません。

「バカじゃないの?」って思われるかもしれませんが、

誰が何と言ったっていいんです。

以前はお世辞ですら全く言われたことのない

「きれいな人」をふたりの女性に言われましたし。

同性にに言われるのってすごくうれしいものなんですね。

 

それにだいたい人には好みってものがあるじゃないですかぁ。

年頃のころにはそこそこモテましたしね。

ま、でもその頃の私は劣等感でいっぱいでしたけど。

 

人生たった数十年から百数十年の

一度きりの人生じゃないですか。

せめて自分くらいは自分のことを愛しましょう。

そうすることで、自分の中の神が目を覚まします。

いろんな奇跡が起こります。

自分をたっぷり愛して、

眠っている才能を呼び起こしましょう。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございました( ❁ᵕᴗᵕ )

私のモチベーションアップにご協力ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村