目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

どこからはじめても…

最近、大人の学びについて書いています。

昨日は、何を学べばいいのかを書きましたが、

どこからはじめても、

実は同じ学びに行きつきます。

 

それは、

人間について理解を深める勉強です。

どんなことを真剣に学んでも、

その道を極めても、

人に愛される人でなければなりませんよね。

 

たとえば、

2店のラーメン屋さんがあるとします。

どんなにおいしいAラーメン店でも、

あまりにも無愛想だったり、

横柄な接客態度だったりしたら、

行きたくなくなるでしょう。

味は平均的でも、

そこで働く人々が

めちゃくちゃいい人ばかりの

Bラーメン店の方が、

最終的には愛されるでしょう。

斎藤一人さんのお話では、

それは距離にも勝ると言っています。

近くて感じが悪い店より、

遠くても感じがいいお店の方がいいって。

 

多くの人に愛される(=商売繁盛)ことを

望むのであれば、

人間とは…を

知る必要があるということです。

人間を知るには、

己を知る必要があります。

自分のことすらわかっていないという人は、

なかなかに多いのではないでしょうか?

ときに、

自分にはこんな一面もあるのかって

思わされる事象がありますよね。

それを教えてくれるのもまた、

人であります。

 

もしこの世界にほかの誰もいなかったら、

人として大きく成長するということは

難しいでしょう。

商売だって、恋愛だって、

相手がいなかったら成り立ちません。

どんなに嫌いな相手でも、

相手は自分の本当の姿を

見せてくれる鏡なんです。

 

井上裕之さんの著書、

「学び」を「お金」に変える技術

「学び」を「お金」に変える技術

 

には、

どんなところから学びを始めようと、

最終的にはこの人間性を

高める学びに繋がっているとあります。

そして、その学びは一生です。

これをつらいと思ううちはまだ、

その学び時ではないのかもしれません。

 

まずは何でもいいから、

ひとつの道を極めようとしてみましょう。

学んでいて、

楽しいな(^ω^)

と思うものを探しましょう。

特に見つからない人は、

今、やっている仕事で、

イチバンになることを考えてみましょう。

昨日の記事にも書きましたが、

今やっている仕事は、

自分で選んだようで、

本当はそうではなく、

仕事から呼ばれて、

そこにいるというのですから、

ある意味、ミッションということです。

ここで努力できなければ、

先に進めないくらいの意気込みで

仕事をしてみましょう。

やらされてる感があると

なかなか頑張れませんが、

この仕事が、

「コレは私じゃないとダメなんだ」って

ご指名がかかったと思えば、

取り組む意気込みがアップしませんか?

 

とりあえず今の私は、

仕事に関してはそのように思って

働くことを意識しています。

こうすることで、

次にどんな現実を引き寄せるのか、

ワクワク*1しながら…。

 

今日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

そんなあなたが大好きです♡

 

 

 

 

*1:o(。>ω<。)o