人生に行き詰ったら読むblog♪

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

カタカムナ

ゴメンナサイという言霊

前回の記事では ユルスということについて書きました。 www.charlotte102-blog.net 私たちは自分の外側に いろんな現象を見ては それぞれが 自分という立場から いろいろに解釈し いろいろに感じ いろいろに思考します。 これまでの私たちの 当たり前のパタ…

ユルスということ

前回の記事では しあわせについて書きました。 www.charlotte102-blog.net 私たちはいつも 仕合わせの中にいて それをどう感じるかは 自我によるものであり 不仕合わせなんてことは たったの一つも無いということ。 本当はしあわせなことなのに ふしあわせを…

しあわせって何だっけ?

しあわせについて 改めて考えてみました。 一般的に漢字で書くと 幸せと書くことが多いと思います。 先日ミュージシャンの 伊比裕一郎さんのYouTubeライブを 拝見した時に知ったのですが 幸という漢字は 刑罰で拘束するための手かせを表す 象形文字だったん…

言霊学「子音創生」⑪~火の夜芸速男の神とは~

今回で子音言霊が すべて出揃います。 さっそく検証に入りましょう。 この大山津見おおやまつみの神 野椎のづちの神の二神ふたはしら 山野によりて持ち別けて 生みたまふ神の名は 天あめの挟土さつちの神。 次に国の挟土の神。 次に天の挟霧さぎりの神。 次…

言霊学「子音創生」⑩~鳥の石楠船の神・大宜都比売の神とは~

五十音の言霊には それぞれに意味と役割があります。 ただ何となく無意識的で 当たり前に使ってしまっている 私たちの言葉はその性能を知り 意識的に選び発せられるようになると どのような変化を起こすのでしょうか。 今回もさっそく 古事記の読み解きをし…

言霊学「子音創生」⑨~天の闇戸の神・国の闇戸の神・大戸惑子の神・大戸惑女の神~

聞き手もしくは話し手の 耳から入ってきた言葉が 脳内で処理されていく段階を 今回の記事に登場する神々が 指月の指となる言霊が司っています。 さっそく検証していきましょう。 この大山津見おおやまつみの神 野椎のづちの神の二神ふたはしら 山野によりて…

言霊学「子音創生」⑧~天の狭土の神・国の狭土の神・天の狭霧の神・国の狭霧の神とは~

今記事からは 大氣中を伝わってきた言葉が 聞き手もしくは自分の耳に入り 再び真名となっていく段階を 司る子音言霊の検証に入ります。 古事記の本文はこうです。 この大山津見おおやまつみの神 野椎のづちの神の二神ふたはしら 山野によりて持ち別けて 生み…

言霊学「子音創生」⑦~風の神・木の神・山の神・野の神とは~

前回までの記事で 集合意識・潜在意識という 私たちが自覚できない無意識の世界から 放たれてきたある思いの種が 脳内に届き それを言葉として発するための 氣と身体の準備がそれぞれに整う段階の 佐度の島に納まるクムスルソセホヘの 十音の検証が終わりま…

言霊学「子音創生」⑥~天の水分・国の水分・天の久比奢母智・国の久比奢母智の神々とは~

言霊学による古事記読み解きシリーズを 記事として書き始めてから 改めて思うことがあります。 自分の成長のためにと何かを学ぶより 誰かに伝えたいと思いながら学ぶ方が 断然得るものが多く 理解の度合いも大きく異なるということ。 物にしても知恵にしても…

言霊学「子音創生」⑤~沫那芸・沫那美・頬那芸・頬那美の神々とは~

急に何かを思いつく。 この思いつきって一体 どこから来てどのようにたどり着くのか。 このしくみを知ることができるのが 言霊学です。 今回も古事記の解釈を進めましょう。 この速秋津日子はやあきつひこ 速秋津比売はやあきつひめの二神 河海かわうみによ…

言霊学「子音創生」④~大綿津見の神・速秋津日子の神・妹速秋津比売の神とは~

言葉を話す生態を 私は人間以外に知りません。 動物や植物にも意識があり 何かしらでそれを伝えることは もしかしたらあるのかもしれませんが 私たちのように発声することはなく 言葉によってコミュニケーションを取るのは やはり人間だけですよね。 もしも…

言霊学「子音創生」③~大屋毘古の神・風木津別の忍男の神とは~

何がキッカケで急にこの歌を 口ずさんでいるんだろうということが 私は日常的によくあります(^▽^;) だいたいは外から聞こえてきたから… だったと思うのですが ある頃から我が家では テレビをかけることが無くなって ラジオも車以外では聴くことが無く ほぼ無…

言霊学「子音創生」②~大戸日別の神・天の吹男の神とは~

あなたは鏡の中の自分を見て 変えよう・整えようと思ったら 鏡の中に手を突っ込みますか? 現象というのは 自分の内側が 映し出されているに過ぎないのに 何とかその現象を変えようと アレコレ試行錯誤するのは まさに鏡の中に手を突っ込もうとする いかにも…

言霊学「子音創生」①~大事忍男の神・石土毘古の神・石巣比売の神とは~

ある瞬間ふと始まった自覚は 自分の内側にある心と 外側に映し出される現象とを 見比べながら自分というものを知り 外側に素晴らしい世界を創造していく。 その為に必要な意識と その働き一つ一つに 付いているのが神の名です。 神とは自分の外側にいる 手の…

言霊学「島生み」⑥~隠岐の三子島・竺紫の島・伊岐の島とは~

最初に何かのはずみで生まれた 意識の原初である天之御中主の神(言霊ウ)。 これは何だ?という 自覚の分析が始まりました。 自らを分けるのが自分。 言霊ウからのあらゆる言霊の発生は まさに己を分析するための 細胞分裂のような働き。 前回の記事は 言霊ウ…

言霊学「島生み」⑤~伊豫の二名島とは~

最初に何かのはずみで生まれた 意識の原初である天之御中主の神(言霊ウ)。 これは何だ?という 自覚の分析が始まりました。 自らを分けるのが自分。 言霊ウからのあらゆる言霊の発生は まさに己を分析するための 細胞分裂のような働き。 前回の記事では先天…

言霊学「島生み」②~天の沼矛とは~

最初に何かのはずみで生まれた 意識の原初である天之御中主の神(言霊ウ)。 これは何だ?という 自覚の分析が始まりました。 自らを分けるのが自分。 言霊ウからのあらゆる言霊の発生は まさに己を分析するための 細胞分裂のような働き。 今回も島生みのくだ…

言霊学「島生み」①~先天とは/神と命の違いとは~

最初に何かのはずみで生まれた 意識の原初である天之御中主の神(言霊ウ)。 これは何だ?という 自覚の分析が始まりました。 自らを分けるのが自分。 言霊ウからのあらゆる言霊の発生は まさに己を分析するための 細胞分裂のような働き。 目に見える世界を創…

言霊学「天の御中主の神」が指し示すものとは~アセンションしたい人向け~

言霊学による古事記読み解きは 5回目にしてやっと 神の名前が登場します(;^ω^) 言霊学が解釈する神名とは 指月の月と言われています。 指月の月とは 「あれが月だよ」と示す 指のことを 言うわけですが 指している方向にある 月そのものを見ずに 示している…

言霊学「成りませる神の名は」が指し示すものとは②~アセンションしたい人向け~

今回の言霊学による 古事記の読み解きは 「成りませる神の名は」の後半部分 「神の名は」に焦点を当てていきます。 ぜひお付き合いください。 古事記の冒頭はまず このように始まります。 天地の初発(あめつちのはじめ)の時、 高天の原(たかまのはら)に 成り…

言霊学「高天の原」って?~アセンションしたい人向け~

神社などで祝詞の奏上を 聞かれたことがある方は 多いと思いますが その中に出てくる 「たかまのはら」って ご存知の方はそんなに いらっしゃらないのではないでしょうか? 古事記の特に上巻は 神話と認識されており 高天の原という言葉は この古事記にもよ…

言霊学「天地の初発」が表すものとは~アセンションしたい人向け~

古事記とは言霊学で読み解けば この宇宙の初まりから 現在に至るまで そしてさらにはこれから どのような時代に 移り変わっていくのかがわかる ものすごい書物だったのです。 単なる日本最古の書物というだけの 認識にしていてはいけないものでした。 そこで…

自覚しているこの意識って何?

明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。 って、ほとんど更新されていない当ブログ。 でも今年はできる限り 勉強中の言霊学や西洋占星術の アウトプットとして 活用していこうと思っていますので これらに興味がある方は もち…

「高い意識を持つ」ってどゆこと?

意識の高さっていったい何なのでしょう? 「意識を高く持ちなさい」とよく言われますが、 それってどのような状態を指すのでしょうか? この記事を書くにあたって、 意識とは何なのかを調べ、考えてみました。 「意」には氣持ちや考え 「識」には分析して自…