氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

やりたくないをやる氣に変える方法

今日はこどもの日で立夏でしたね。

立夏から2週間は早起きしたほうが良いと聞いたので、

そのつもりでいたのですが、

立夏の日にちを勘違いしていて、

思いっきり9時まで寝ていたみきっぺでございます。

私は今日は仕事でして、

世の中コロナの自粛モードでありながら、

なかなかにお客さんの入りが良く、

充実した時間を過ごしてまいりました。

仕事というのは、

給料目当てで行ってしまうと、

何となくやる氣が出なかったりするのは、

私だけでしょうか(;^ω^)

給料をもらうということは自分が生きるための手段の一つですが、

自分たちさえ生きるのに困らなければいい…という考えは、

意識の高さが低いのでヤル氣を感じにくいのかもしれません。

どんな人でも誰かにありがとうと言われて嬉しくない人はいないと思います。

だから同じ出勤するんでも、

自分の為だけという意識ではなく、

誰かの為、たくさんの人の為…というように、

そういう心づもりでいるとヤル氣って結構出るもんだと思います。

またこれをこなしたその先に、

自分が理想としている世界が待っていると決めて取り掛かるのも結構効果があると思います。

その為にはしっかりと自分の理想の世界というものを設定しておく必要があります。

目的を決めずにただダラダラとなんとなく生きていては、

なかなか生きがいというものを感じにくいものです。

せっかく生まれてきたのに氣がついたらもう人生を終わる瞬間を迎えていたなんて、

なんだか空しいですよね。

 

何のために自分は生まれてきたのかをしっかり考えてみることって大事なことです。

しかしこのような表現をしてしまうと、

何だかとても大げさなことのように聞こえてしまうかもしれませんが、

本当はそんなに難しいものでもたいそうなものでもありません。

私たちが生まれてきた目的は単に幸せになることです。

本当にただそれだけなのです。

なのに、なんだか難しく考えてしまいがちなのは、

左脳に詰め込んだ知識や常識だけで考えてしまうからなのです。

感覚を大事にするのがカギです。

幸せな状態ってどんな時ですか?

美しいものを見ている時や心地よい音楽を聴いている時、

大好きな人といる時、

本を読んでいる時、

歌っている時、

踊っている時、

美味しいものを食べている時、

ゲームに没頭している時などなど人によって様々ですが、

要は好きなことをしている時ということですよね。

こどもの日の今日だけに限らず、

子供のように純粋にワクワクできることをしてみてください。

ただ今を生きる大人たちの多くは、

好きなことだけしていては将来幸せにはなれないとか、

立派な人になれないなんて言われて育ってしまったために、

なかなか自分を自由にすることができなかったりします。

でも、もう本当にそんな時代は終わりを迎えています。

ちょっと想像してみてください。

好きなことだけをして生きている自分を。

いや、ちょっとだけなんてケチなことを言わず、たくさん想像してください。

そして先に幸せな氣分をしっかり味わってみてください。

あなたが想像できるその世界は必ず創造できるのです。

f:id:charlotte102:20200505174656j:plain

好きなことだけをしている自分というのは、

おそらく氣持ちが豊かになっているはずです。

その豊かな氣持ちが本物の豊かさをあなたに運んでくるのです。

好きなことではなくても生きるために仕方なく働くということは、

満たされていないところから思考がスタートしているので、

働けど働けど一向に暮らし楽にならずになるわけです。

でも、ありがたいことにもう競争社会は終わりました。

誰かと競い合う必要は無いのです。

勝ち負けでなく、一人一人が輝ける時代が来ています。

みんな一人一人がとてもかけがえのない存在です。

あなたでなくちゃできないことがあなたの好きなこととの中に存在しています。

イヤなこと、嫌いなことの中ではないのです。

楽しいことをしていてください。

楽しんでいる人の周りには楽しんでいる人が集まってきます。

そういう人たちはエネルギーが高いので、

知恵を出し合って何か大きなものを作り上げることだってできるかもしれません。

心地よい人間関係を構築したければ、

まず自分がそこに相応しい波動を発するのです。

難しいことはありません。

好きなことをたくさんして自分を喜ばせればいいだけです。

もしもそれを許さない罪悪感があなたの中にあるのだとしたら、

それを許してください。

自分を縛る心の鎖を切るところを想像してみてください。

あなたの背中には自由にはばたく翼があると想像してみてください。

共に新しい生き方にシフトしていきましょう。

これから素晴らしい世界を私たちの意識が作っていくのです。

やりたくないをやる氣に変えて楽しんで行けたら、

意識の波動がグ~ンと上がります。

今はやりたいのにできなくなってしまったという人も多いでしょうが、

今ここで何ができるかに焦点を当てるのを忘れないでください。

そんなタイミングを迎えている人にはこれまでと違うやり方を

取り入れていく時だというサインだと思ってみてください。

自分が思っている以上に自分には隠れた才能があるということです。

少しでも氣になるものをどんどん取り入れていってみましょう。

グングン幸せの引き寄せが起きてきますよ。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

その他大勢からの脱却

2020年に入り、

ものすごい勢いで世界的に大きな変化が起きています。

スピリチュアル界では何年も前から言われていたことです。

闇に隠れていた悪事が暴かれるとか、

経済リセットが起きるとか、

それに伴い人々の意識が向上していく。

だからこうなってきている事態に驚きはしないものの、

どのようにして変わっていくのかはわからなかったので、

ただただ今は、

こういうふうに変わっていくのか…と思っている次第です。

私たちが今まで当たり前と思っていた状態は、

音を立てて崩れているように感じますよね。

多くの方々が早く元に戻ってほしいと思われているかもしれませんが、

恐らくもう元に戻ることはないことでしょう。

今起きていることはすべて、

これまでの世界から新しい世界へとシフトして行くために起きているからです。

ではいったい、これからの私たちに求められていることとは何なのでしょうか?

 

 

これまでの生き方

これまで多くの人たちは常識や人の目といったものに制限され、

自分らしく在ることをどこかで禁じてしまうような生き方をしてきました。

他の人はそんなことをしていない。

こんなこと言ったらおかしいと思われるんじゃないかな?

「常識的に…」「一般的には…」と、

その他大勢の一員であることが当然のことで、

そこからはみ出すのは良くないことだと思わされてきたのです。

そこからはみ出してもいいのは、

選ばれた人間だけだと諦めることを選択してきた人は多いはずです。

本当はやりたいことがあったけど、

親や教師などの強い勧めで違う道を選ばざるを得なかった人たちや、

挑戦してみたもののうまくいかずに諦めてしまった人たちなど。

私が育ってきた時代は、

まさに受験戦争や就職難という時代であり、

個性云々より同じところで皆が戦わされてきたような流れでした。

とにかく勉強して、

良い学校に進学して、

できるだけ大きな企業に就職することこそがステータスだと思わされてきたのです。

さらには一度就職したら、

そこで出世をしながら(どこまで行っても競争)定年まで働きとおし、

結婚をしてマイホームを建てる。

ただしかし、

ここら辺までがとりあえずの人生の目標であるかのようで、

ここまでのことを達成してしまうとこの先どうしていいかわからない。

そのあとの目標を持てた人はまだ幸せで、

そうじゃなければ痴呆やうつを発症してしまうというケースも少なくなかったことと思います。

 

本来の在り方じゃなければ崩壊する 

ではどうしてこのようなことになってしまうのでしょうか?

それは唯一無二という本来の在り方ではなく、

その他大勢の一部にしかなり得なかったからなのです。

この地球には77億人以上の人が存在していますが、

誰一人として同じ人は存在していません。

そしてそれぞれに好き嫌いがあって、

向き不向きがあって、

その人にしかない縁の組み合わせもあります。

ということは、

それぞれにはそれぞれの大事な役割があるわけです。

似ている部分があったり、

全く違う部分があったり、

いろんな組み合わせによって見事なコントラストを描いているのですが、

それを発揮することを良くないこととされてきた時代があり、

そしてそれが今、音を立てて崩れていこうとしているわけです。

 

 

 

代わりが利く役でいいのか? 

今まであなたはどういうことを仕事として選んできましたか?

いろんな職業がありますが、

あなたでなきゃできない仕事をしてきたでしょうか?

それともやり方さえ覚えれば誰でもできるような仕事だったでしょうか?

マニュアル通りに作業するだけのことなら、

これからの時代はAIに変わっていくことでしょう。

私はこれまでほとんど私じゃなくても誰も困らない仕事ばかりをしてきました。

そして今もそうだということをつい先日氣づきました(;^ω^)

これからはどんどんAIが、

これまでの私たちの代わりをやってくれる時代になります。

では私たちはこれからどうしていくべきなのでしょうか?

それは自分にしかできないことを模索し、

追求して行くことだと私は思っています。

私だからこそ作り上げられるものとは何だろう?

今まさにそれを考えるべき時で、

できるところから行動していく時が来ている言えます。

 

前向きな人が放つオーラは力強い

私のYouTubeチャンネルでのライブ配信に毎回来て下さる男性がいらっしゃいます。

筆文字セラピストの城戸伸康さんです。

彼はやはり現実世界を生きてくる中で、

つらい経験もされ、

心の病になりかけたこともあったそうです。

しかしそんな時にこそ人ってちゃんと引き寄せるもので、

筆文字アートという世界に出会い、入っていくことになるわけです。

最近ではインスタライブを始められたりして、

自分の氣になることをどんどん始めていらっしゃいます。

先日、インスタライブを拝見したのですが、

前向きにどんどん行動されている人から発せられるエネルギーは、

本当に素晴らしいものだと感動しました。

城戸さんは公式LINEも作られていて、

登録すると自分の名前か好きな言葉を筆文字アートにするか、

お地蔵さんか猫のイラストにメッセージをつけた筆文字アートを

プレゼントしてくれています。

私もさっそく登録してお願いしたのですが、

とても素敵な作品が届けられました。

f:id:charlotte102:20200503193656j:plain

私の一番のお氣に入りのポイントは何たって「氣」!

まさに氣づきのイメージにピッタリじゃありませんか?

そして「み」の中には私の笑顔を描いてくださいました。

まさにこれこそ城戸さんだから生み出せた作品であり、

唯一無二のものですよね。

 

皆が同じである必要は無い

ちなみに私は絵心がありません。

なので私には城戸さんの真似ができません。

では私はダメな人なのかと言うと…そうではない(笑)

私は今のところ絵の担当ではないというだけのこと。

そのうち急に絵の才能が開くかもしれないので、

あくまでも「今のところ」としておきます。

私には私にしか表現できないものがあるわけです。

そのことを思い出して、

しばらく放置してしまっていたブログを再開することにしました。

では放置していた間に何をやっていたかと言うと、

英語の練習、ピアノの練習、読書、ギターの練習やゲーム、

脳トレ、毎週日曜の夜のライブ配信など。

興味関心が湧いたことをとにかく次から次とやっていました。

やりたいことはやりたいにしたがってやる。

そうすることで新しい世界が見えたり、

知らなかった才能に氣づいたり、

新しい出会いがあったりするわけです。

やりたくないことを仕方なくやっていて出会う人ももちろん縁ですが、

自分がやりたいことをやって出会う人というのは、

価値観や興味関心が似ていたりするので共感共鳴しやすいのです。

 

思考から自由になって行こう

さあ、ここまで読んできて改めてあなたがやりたいことって何ですか?

あくまでもやれることではなくてやりたいことです!

本当の自分で生きることをあまりにも後回しにし過ぎると、

自分の好きなことさえ何だかわからなくなってしまうことがあるようですが、

あなたは大丈夫ですか?

子どもの頃から好きだった遊びや得意だったことから考えてみてください。

ただし、これが商売になるかとかは考えない方がいいと思います。

そうなるとどうしてもエゴが入りやすくなってしまうので、

あえてここは現実から離れて、

一切の制限という鎖から解き放たれて考えてみてください。

もしもやりたいことや好きなことを極めていくうちに、

そこに新たな縁が繫がり、円が生まれていくのだとしたら、

とても素敵なことだと思いませんか?

好きなことをしている時って楽しい時なので幸せな時間ですよね?

これは魂の自分の在り方であり、

高い波動を発することになります。

この世界にはどうしようもなく引き寄せの法則というものが働いているので、

この高い波動が引き寄せてくる現実は素晴らしいものになるわけです。

ちょっと想像してみましょう。

自分が好きなことをやっているだけなのに、

どんどん豊かさが引き寄せられてくる世界を。

とても素敵な世界ですよね?

もうこれまでの在り方にこだわり続ける必要は本当に無くなったのです。

自分らしく生きることに制限をかける必要は無くなってきたのです。

何でも瞬間的に変わるわけではなく、

徐々に変化し続けるものなので、

まだそんな世界になるなんて信じられないという方々も多いかもしれませんが、

これまでの世界に居続けることがあなたの本当の幸せでない限りは、

新しい生き方に意識を向けてみてください。

あなたにしか作り出せないもの、

表現できないものが絶対にあります。

自分の才能や可能性に蓋をしないでください。

そしてこのことには年齢制限もありません。

氣づいた今ここがこれから進む人生の中で一番若いのであり、

世間一般的に常識的に老いていく必要も無いのです。

いくつになっても若々しくいられる人というのは、

自分に正直に生きている人です。

自然にエネルギーに満ちあふれてくるからです。

できなくなっていくこと、

失われていくものに焦点を当てて生きていくのではなく、

できることの方に意識を向けてみてください。

それがこれからの時代の生き方になります。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

文中で紹介させていただいた城戸さんの公式LINEとインスタはこちらから☟

インスタアカウント nobumojiart

公式LINE 

f:id:charlotte102:20200504163443j:plain



 

今こんな時だからこそできること

世の中が新型コロナウイルスの出現によって大きく変わろうとしていますね。
今までの当たり前は、どんどん当たり前では無くなってきている。
このことに強い危機感や恐怖を感じている方も少なくないと思います。
先が見えないと仕方がないことではあります。
しかしこの変化は果たして悪いことなのでしょうか?

今回のウィルスによって愛する御家族を亡くされた方には非情に聞こえてしまうかもしれませんが、すべてはなるべくしてなっていることを今ここにいる人たちは忘れてはいけません。
今ここにいる私たちの在り方が亡くなられた方たちの成仏に繋がります。
ただ悲しんでいるだけでは心が残り、心配で行くべきところに行けずに足を引っ張られてしまうのですよ…。
前述しましたが、すべてはなるべくしてなっているのです。
つまり大切な人を遺して亡くなる方たちは不幸にして亡くなっているのではなく、遺される者たちへの氣づきや魂の成長のために大事な大事な役割を果たしてくれたのです。
もちろん大事な人を亡くすことはとても悲しいことです。私も中学生の時に祖母を交通事故で、父を癌で亡くしたのでとてもよくわかります。しばらくは涙を流す日々が続きました。
でも、亡くなった側の立場になってみて考えた時にそれはいつまでも続けるべきじゃないと感じました。ただ悲しんでいるだけでは何も生まれないからです。
私たちは何のためにこの世界に今存在しているのか…。それは魂の成長のためと言われています。
ただ何となく生まれてきて、何となく生きているわけじゃなかったのです。お互いにいろんな役割を演じ合うことによって、いろんな経験をし、いろんな思いを体感していくことによって人はどんどん強くなっていきますよね?
大事な人を亡くすということは中でもとても大きな試練です。
どんなに悲惨な事件や事故で愛する人を亡くした方々も最終的には前を向く判断をされて逞しくなられていることが多いのはそういうことの証明です。
自分自身に起こるどんなこともすべては、自分のために起きているのです。
ただ体も心も傷ついたら痛くて当たり前。
だから悲しむなと言っているのではありません。悲しい時はちゃんとその感情をしっかり感じて慰めてください。でもいつまでもそうして生きることは大事な大事な役割を果たして亡くなられた方のためにはならないということです。
私たちにはこの物質化している肉体の他にも体があります。
エーテル体やアストラル体などの幽体と呼ばれるものです。目に見えなくなってしまったからいなくなったのでは無いのです。生きている私たちの次元が低いために見えないだけです。
大事な人はいつもそばにいます。

f:id:charlotte102:20200501112435j:plain

今は新型コロナウイルスにより、世界的に多くの人々が休業や解雇や自粛と言ったしんどい状況に置かれています。
しかし、大変なことが起きる時は文字通り大きく変わる時なのです。すべては成長拡大のために起きています。だからすべては新型コロナウイルスがあったからこその未来に繋がるのです。
ただこれはこの法則を理解し、受け入れられればの話です。経済的不安や健康不安、愛する人を失うことの恐れなどが私たちを苦しめるのではなく、この理屈を理解できず受け入れられないことこそが私たちを不幸にするのです。
家に閉じこもりっぱなしでウンザリしている方々も多いでしょうが、こんな時こそ勉強したかったことや読書などに時間を使ってみてはいかがでしょうか?
私たちは左脳ばかり鍛えられる教育を受けてきました。だから人生って楽じゃない人達が多かったとも言えます。
左脳は情報系を司る現実対応するためのもの。
それに対して右脳には高次元感覚があり、ここを活性化させることでヒラメキなどが起きやすくなり天才的なアイデアに恵まれることになるのだそうです。
右脳を活性化することであなたの本来の生き方がわかるかもしれませんよ。
本当に自分がやりたいことって何だろう?
本当に自分が輝ける場所ってどこだろう?
自分にしかできないことって何だろう?
自分だからこそ人に与えられることって何だろう?
多くの人たちは理論的に洗脳されてきた左脳の方が右脳より少し大きくなっているそうです。
自分の感覚っていうものが常識やこうあるべきという理論によって制限されていると考えられます。
制限は自由を奪います。
自由を奪われると人は自由を求めて時に恐ろしい言動に走ることもあります。
もしもすべてが許されている満たされた世の中であれば、誰かを傷つけたいとはみじんも思わないはずです。

自分の幸せは自分にしか作ることが出来ず、本来誰にも何にも影響されることは無いのです。
国がダメとか、時代がダメとか、親や先生がダメではないのです。
そうやって自分の人生を誰かのせいにしていては、希望は見出せませんよね?
悩むということは、自分の人生を他人任せにしている証拠です。
どうやったら自分で自分を幸せにしていけるのかに右脳を使ってみましょう。
今どうやったらあなたの氣分は良くなるのでしょうか?
何も物理的なものに変化がなくとも今すぐここで誰でも良い氣分になることはできますよ。
すべては解釈の仕方に寄るからです。
息が吸えること、目が見えること、愛する人がそこにいること、好きな音楽があること、読みたい本や映画があることなどなど数え上げたらキリがないくらい私たちは幸せに包まれています。
そう感じないのは感謝ではなく、それらを当たり前と捉えている思考に寄るものです。
感謝が足りないと感謝が足りないよということを氣づかせるための事象が起きたりします。
たとえば突然の病やケガだったり、人間関係でトラブってみたりなど。
これらは運の悪さでも何でもなく、ただ自分がふだんからしている思考が現実を作っているのだということをどうか知ってください。
すると恐怖はたちまち消えていきます。
今の自分がどう思っているかがこれからの現象を作り出すのです。
今ここで自分を幸せ(良い氣分)にすることに執着してみてください。

七田眞先生のこれらの本はとても参考になりました。

卒業シーズン、今年はこれを卒業しよう

2020年は今週の金曜日の春分の日に、

太陽が牡羊座に入っていよいよ本格的にスタートします。

それもあってもしかしたら今時期、

体調の不良や感情の乱れなどで、

何かしらの不調を感じている方が多いかもしれません。

古いエネルギーを手放していくことで、

新しいエネルギーを受け取ることができるので、

健康面や精神面でもレベルアップするために、

これまでのおさらい的な経験が、

特に顕著に表れる時期だと言えると思います。

これは何も悪いことではなく、

膿を出しているだけのことなので基本的に心配は要りません。

「うみ(膿・生み)出し」の時には痛みや苦しみが伴うものなのです。

苦痛から逃れることだけを考えるのではなく、

新しいステージに変わっていく変化の時なのだと捉えてみてください。

現実面でも新しく進学したり進級したり、

社会人デビューなどを控えて、

着々と処分や準備に追われている方も多いところですよね。

 

さて今回の記事のテーマは、

時期的なものもあって今こそ卒業するものとしました。

あなたは何かから卒業しようとお考えでしょうか?

私が今回おススメすることは、

ズバリ「頑張る」「一生懸命」「必死」な生き方です。

今を生きる多くの大人たちは、

おそらくこの二つの生き方に強いられてきたのではないかと思います。

頑張らないと、

一生懸命にやらないと成功できない。

幸せになれない。

良い学校や会社に入れない。

こんな刷り込みを小さい頃からされてきましたよね?

その結果、あなたの人生はどのように展開してきたでしょうか?

ちょっとここらで振り返ってみませんか?

 

 

 

頑張ってきたから、

良い会社に就職して安定した収入を確保し、

結婚もして子供も生まれ、

マイホームも購入し、

幸せに暮らしているという方は、

現在どのくらいおられるのでしょうか。

傍から見たら幸せそうな家庭であっても、

それぞれに何かしらの問題を抱えて生きている人々が多いのが実情だと思います。

たとえば子供の教育費や家のローンに追われていたり、

金銭面では不安は無いものの健康面や家族の介護などに頭を悩ませていたり、

生活面は安定しているものの職場の人間関係が悩みの種だったり、

これと言って何も問題は無いけれど、

どうしようもなく空虚な氣持ちで生きていたりなど。

要するに100%幸福とは言い難い状況です。

頑張ってきたのに、

一生懸命に生きてきたのに、

100%幸せになっていないなんて割に合いませんね。

いったいこれはどうしてなのでしょうか?

 

ではここで、

「頑張る」「一生懸命」「必死」で生きている時の

私たち人間の表情をちょっと想像してみましょう。

どんな顔をしているでしょうか?

全体的に力が入っていて、

場合によっては眉間にしわが寄っていたり、

歯をくいしばっている表情が私には浮かんできます。

果たしてこれらは幸せそうな表情と言えるでしょうか?

では逆に幸せそうな表情とはどのような表情でしょうか?

全体的に緩んでいて、

目じりが下がり、

口角が上がっていて、

リラックスしているように見えるのではないかと思います。

ここに大きな相違が見て取れますね。

幸せになるためには、

「頑張る」つまり頑なに張り詰める必要は無かったのです。

死を覚悟して命を懸ける必要も無かったのです。

なぜならこの世界は引き寄せの法則が働いているから。

 

頑なに怠け心を出さず、

やりたいことは後回しにして生きていると、

本当の自分の幸せを無視するスタンスになってしまうのです。

自分のことは後回しにして、

誰かの為だけに生きていると、

当然ながら犠牲心や欠乏感が生まれてきます。

そして酷ければそれらを感じてしまう自分を責めて、

さらにいじめ抜きます。

本当はもっと楽をしたい、

遊びたい、

怠けたいという純粋な欲望にふたをして、

自らを幸福とは真逆の方向に導いてしまうのです。

 

そうは言っても実際には頑張った結果、

人並みの暮らしができるようになったし、

それが間違っていたとは到底信じたくないと思われる方も多いと思います。

自分が信じてきたものが実は違ったなんて、

それこそ自分を否定されているような氣持ちになるのは当然です。

でもそれは単に間違いなのではなくて、

昭和や平成初期のもはや古い生き方なのです。

たしかにそれらは高度経済成長といった大きな利益を生み出しました。

戦後の貧しかった日本をあっという間に豊かにしてくれたものでした。

しかしその裏では大きな負の問題も生まれています。

痴呆症、うつ、ガン患者、受験戦争、

燃え尽き症候群、濡れ落ち葉症候群、熟年離婚、

老人ホームや介護施設の増加、

老々介護などなど。

現代の日本人は年間に3万人以上が自殺しているのです。

これは幸せな世界とは到底かけ離れていることを表していますね。

メリットの裏には必ずデメリットが存在する、

私たちは二極性の世界で生きているので、

ある程度は仕方ないのかもしれませんが、

しかしもっとこの差を小さくすることはできないのでしょうか?

 

それには「頑張る」「一生懸命」「必死」を

やめていくのが一番なのではないかと私は思うのです。

ここで一度、

「頑張らなくていい」と言ってみてください。

氣持ちが楽になりませんか?

氣持ちを楽にして生きることこそが、

これからの時代の生き方なのです。

リラックスしてもいいんです。

考えて楽しいうちはいいけれど、

考えすぎて辛くなったら、

考えることをやめてもいいんです。

「ちゃんとしなくてはいけない」

「頑張らなくてはいけない」は、

もう必要無いのです。

これこそがとてつもなく大きな洗脳でした。

張りつめていると少しの衝撃でポキンと折れてしまいます。

しかし緩めていると柔軟性があるので、

簡単に折れてしまうことは無く、

臨機応変に対応できるのです。

氣は張るものではなく、

付けるだけでいいのです。

リラックスしている時ほど強いものはない。

この記事を書いていてジャッキーチェン主演の映画「酔拳」を

思い出してしまいました(笑)

改めて観てみようっと!

 

心の置き方や考え方、

身を置く環境も自分をいかにリラックスさせられるかが

大きなポイントです。

感情はあなたを幸福に導くナビゲーションシステムです。

感じて嫌な氣持ちになるなら、

考え方、捉え方が違うというサインなのです。

現実がどうであるかの理論はもう後回しにして、

どう考え方を変えたら自分の氣分が良くなるかを

ゲーム感覚で探ってみてください。

あなたの内側がクリアになれば、

人生は大きく様変わりしていきます。

宇宙レベルで迎える2020年を目前に、

ぜひ自分の内面の大掃除をしてみてくださいね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

お知らせ

♡毎週日曜日の21時からYouTubeチャンネルにて、

氣づきプレゼンターみきっぺのスピリチュアルトークライブを配信しています。

ぜひ、チャットプレイでご参加ください。

すでに終わったライブもいつでもご覧いただけます。

ぜひ1.5倍速以上でで聞いてみてください。

www.youtube.com

 

♡お悩み相談などの個人セッションも受け付けています。

初回に限り無料で行っています。

詳しくはお問合せフォームよりお氣軽にお問い合わせください。

自由の翼を手に入れる方法

自分が発している波動が、

それに見合ったものを引き寄せて現実化している。

…であれば、

高い波動を出すことを意識しようと思うわけですが、

高い波動を出すってどういうこと?って思いますよね(;^ω^)?

高い波動とは簡単に言うと、

幸福感や感謝に包まれている時に出ている波動のこと。

目には見えないけど自分を取り囲んでいるエネルギーみたいな。

オーラってやつを想像してもらってもいいかもしれません。

そうは言っても人生山あり谷ありで、

高い波動を出しっぱなしってなかなかできるものじゃあない😞

ん?でも本当にそうなのでしょうか?

 

そもそもの私たち(人として生まれてくる前の状態)というのは、

完ぺきな存在なんですよ。

何でも思い一つで叶えられちゃうというね。

だけど簡単すぎるゲームは面白くないのと同じで、

あえて難易度を上げて幸せになるという行動に出た魂の結果が、

今ここに在るさまざまな人なわけです。

そして、この難易度を上げる要素の一つとしてあるのが、

「できない」という思い込みであります。

では、この「できない」は、

いつの間に私たちに刷り込まれてしまったのでしょうか。

これはまさに人として生まれてきた経験や体験によるものですね。

できないを体現している人を見たとか、

言い聞かされてきたとかもあるでしょう。

たとえば行きたい場所があったとして、

肉体を持っていないときには思えばそこに行けたのに、

肉体を運ばなくては行けないわけですよ。

歩いたり、馬に乗ったり、

電車に乗ったり、車を運転したり、

飛行機に乗って空を飛んだり、

船に乗って海を渡ったりとか(;^ω^)

つまり行動が必要になってくるわけですが、

この行動ですらお金が無いとか、

時間が無いとか、

体が思うように動かないとかでできなかったりもして。

 

できないとはどういうことかを体験しに来たのに、

その目的自体を忘れているから苦しみしか感じられません。

でもありがたいことにそれを忘れているのはマインドの自分だけ。

魂の自分はきちんと覚えているので、

魂の自分に言わせれば、

「すべてはうまくいっている」になるのです。

マインドの自分と魂の自分にズレが生じると、

物事はなかなかスムーズに進まないと感じてしまいます。

だから逆に魂の自分とマインドの自分を

うまいこと1本の軸で揃えられれば、

本来の自分の在り方を取り戻せるわけです。

理想の人生を切り開いていきたいのならば、

本来の自分の在り方を思い出すことが必要です。

ただ、どんなに前向きな氣持ちになってみても、

過去に自分が放ったできないという波動が、

現実化してくるのでそこにまた足を引っ張られてしまい、

なかなか前進できていないと感じ、

できない波動をまた発するということを

くりかえしてしまうわけです。

だから現実に何が起きても一喜一憂しないことが大事なのですが、

その前にこの「できない」という自分を縛る鎖を

何とかしたほうが手っ取り早そうですよね。

 

 

 

さぁ、ここからは自分の内側での作業です。

内側の自分にできないことは何もないので、

何はともあれやってみましょう。

ではまず鎖にガチガチにまかれている自分を想像して外してみます。

いきなり筋肉がムキムキになって鎖をぶった切るんでもいいし、

スーパーヒーローが現れて鎖を解いてくれるんでもいいし、

小さくなって鎖をすり抜けちゃうんでもいい。

何でもいいから自分の好きな方法で鎖から解き放たれる自分を想像します。

今まで自分を拘束していた鎖が外れた体感はどうですか?

しっかり感じてみましょう。

そして次に外れた鎖が、

目の前に置かれているところをイメージしてください。

どんな氣持ちになるでしょうか?

マインドの自分で見るとおそらく憎らしいものとして見えると思います。

それならそれでもかまわないのですが、

これが私に「できない」を体験させてくれたんだという、

魂の自分になって見ると感謝の氣持ちが湧いてくることと思います。

そう、この鎖は自分が自分に巻いたものだったのです。

生まれてくるときに自由の翼を自分の意思で鎖に変えてしまったのですね。

では、この鎖を本来の自由にはばたくための翼に戻してあげましょう。

手品のようにマジックボックスに入れて変えるも良し、

聖なる炎で燃やしてからその煙が翼に変わっていくんでも良し、

自分の好きな方法で変えてその自由の翼を装着してしまいましょう。

この作業はこれまで「できない」をため込んできた分、

何回も何回も行っていく必要はあります。

ただしかし確実に減っていってることは間違いありません。

「できない」と感じる時が来たら、

この作業をやるタイミングが来たというサインです。

「教えてくれてありがとう」という氣持ちを持って、

ぜひこの作業に取り組んでみてください。

そしてあなたの肩にはいつも、

目には見えない大きな自由の翼があることをイメージしてください。

現実は過去の波動が返ってきた結果に過ぎません。

ここからは自由な翼で大きく飛躍して、

理想の世界にワープしちゃいましょう。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

この記事を読んでくれたあなたへ

レインボードラゴンからのメッセージ🐉

うまくいかないと感じるなら、

やりかたを変えればいい。

真剣になることで深刻になりすぎず、

軽いスタンス(何ならゲーム感覚)で生きること。

 

日常の中で宝探しをしよう

あなたはふだん日常の中からどんなものに焦点を当てていますか?

嫌いなもの、足りないことなどをいちいち捉えては、

ネガティブな氣持ちになってしまっていませんか?

店員の横柄な態度を見ては腹を立てたり、

車を運転していれば割り込んでくる車にイラっとしたり、

後輩の生意氣な態度にムカついたり、

財布の中身を見ては不安になったり、

自分の姿を見てはうんざりしたり…などなど。

意外と嫌なものを見てしまっていることって多くないですか?

これは私たちが持っている罪悪感や無価値感が作用している結果なだけで、

別に悪いことではありません。

ただ、そういうものを見ては嫌な氣持ちになってしまうことは、

できれば避けたいですよね。

そんな時に幸福感は感じられないものですから(;^ω^)

 

私たち一人一人に立ちはだかる現実は、

同じ状態を同じ場所から観察したとしても、

感じ方というのは人それぞれで異なります。

世代の違いや文化の違い、

価値観や立場の違いなどなど、

まったく同じ境遇の人というのはどこにもおらず、

十人十色なわけなので、

私にとってはとても不幸なことだとしても、

私の隣りに住んでいる人にとって見れば、

何とも思わないことだったりもするわけです。

私たちが何氣なく生きている日常生活の中において、

どんなものに着目し、

どんなものを自分の中に取り入れているか、

考えたことはありますか?

あなたの現実はあなたが普段、

現実の中から何に焦点を当て、

何を思い、

それによりどんなことを発言し、

行動しているかによって作られています。

たとえば同じ金額の給料をもらったとしても、

すぐに支払いに意識が行ってしまうパターンの人と、

これだけもらえて嬉しいと一旦素直に喜べる人とでは、

現実が異なってくるということです。

同じ人物を見ても、

その人の良いところに着目する人もいれば、

良くないところに目が行く人もいます。

これらは特に意識していない状態で行われているので、

もっとも現実化しやすい状態にあるのですね。

 

 

 

私たちの普段の思考と言動が現実を作っています。

もしも望まないことばかりが現実として起きてくると感じるのならば、

現実を作る材料が、

望まないものしか作れないものばかりだからだということになるのです。

たとえば最高においしい料理を作ろうとしたときに、

お店に買い物に出かけて、

あえて腐りかけているようなものを買ってきたりはしませんよね?

最高の食材を選んでそれにお金をかけるはずです。

それなのに「ああはなりたくない」「これは許せない」と

思うようなものにばかり焦点を当て、

いろいろ思ったり考えたりするということは、

良くない材料を仕入れてきて、

間違えた調味料で調理しているようなものなのです。

 

明日から買い物をする感覚で、

自分の現実に取り入れたい材料となる宝を

日常の中から探すように意識してみてください。

素敵な笑顔だったり、

美しい自然だったり、

欲しいと思っている物だったり、

あんなふうになりたいなと思う人だったり。

とにかくあなたの理想の世界に欠かせないものを

そこから探し出すのです。

つい見たくないものに目が行きそうになったなら、

買い物しているんだということを意識してみてください。

自分を嫌な氣持ちにさせるものにお金は払いたくないでしょう?

あなたの人生を幸福にするのも、

そうでないものにするのも、

すべてはあなた次第なのです。

幸せになることに積極的になっていきましょう。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

~レインボードラゴンからのメッセージ~

この記事を読んだ翌日はこんなことを意識して過ごしてみましょう。

「見方(解釈)を変えれば良くないことも良く見える」

「常識という鎖をぶった切る」

 

 

今夜は満月、いらないものを手放そう

今夜は獅子座満月です。

最近、調子はどうですか?

地球の波動が上がっていくのと共に、

精神面や健康面で不調を感じている方も多いかもしれません。

そんな時には「うまくいかないなぁ」と思ってしまったりしますよね。

ポジティブ思考でいなくては!

…と自分を責めたくなったりするかもしれませんが、

それが人間なのでそんなふうに思う自分は悪くないのです。

どうかネガティブな自分を許し愛してあげてください。

 

だけど、地球がどんどん次元上昇を進めている中で、

私たち人間もそれに合わせていく必要はあります。

今夜の満月は私たちが地球に降り立った時には必要だった錘を

手放すのに絶好のチャンスです。

私たちが着けている錘というのは、

自分を否定したくなる考え方や感情です。

自分には価値が無い。

自分に自信が無い。

自分なんかが幸せになっていいのだろうか?

自分が嫌い。

これらは本来の私たちの在り方ではないので、

感じると苦しかったり辛かったりします。

実はこれこそが手放し時のサインなんですね。

感じたらすぐに手放すという作業をするといいのです。

 

 

 

ノートに書き出して見る。

頭の中でその時に感じるものをイメージングして自分から外す。

この二つは本当に強力です。

たとえば自他に関わらず、

嫌いと思う理由やその時に言いたくなる氣持ちを紙に書きます。

多くの人はそんなことを言ってはいけないと、

感じているものを感じないように抑え込んでしまっているのですね。

でもそうやって、本当はあるのに出ちゃダメってどんどん抑え込むから、

いずれ爆発して病氣になって現れたり、

現実世界で何かしらのトラブルになって現れるのです。

ノートに書き出したものをぜひ読んでみてください。

どんでもなく邪悪なものが自分の中にいたことに氣づけると思います。

 

でも、氣づいちゃったらこっちのもの。

氣づいた時にはその邪悪なものは自分とは別物になっていることを

感じられると思います。

もしくはもう一つの方法で、

それを何かに例えてイメージングし、

太陽に返して光に姿を変えたら自分に戻すというように想像するのです。

 

この地球に存在するすべてのものは、

ある日突然現れたのではありません。

何かしら誰かしらの思いが具現化したものです。

だからまずは自分の頭の中や心の中といった、

内側で始めるのです。

現実の世界でいくら頑張っても成果が出ないと思うのならば、

内側とのバランスが取れていないからかもしれません。

理想の人生にたどり着いた自分にとって、

不要なものは何ですか?

漠然とではなく、しっかりと把握し、

確実に手放していきましょう。

それには今夜の満月は絶好のチャンス。

古いものを手放さなければ新しいものは手に入れられない。

モノだけではなく、

自分の内側にある、

もういらない自己否定感をごっそり手放していきましょう。

 

今夜も21時より氣づきプレゼンターみきっぺのトークライブを行います。

ライブの中でイメージングによる手放しワークを

みなさんと一緒にやってみようと思います。

ぜひ遊びに来てくださいね(^▽^)/


今夜は満月、いらないものを手放そう


 

受け取り上手になろう

みなさんは何かをもらう時、

どのようなリアクションを取っていますか?

日本人ってなぜか遠慮がちで、

もらうということに抵抗するような言動を取りがちだと思います。

それが礼儀だと思い込んでいる節もあったりして(;^ω^)

私はスーパーのレジで長年働いていたので、

会計で「私が払うから」「いや私が」みたいなやり取りを

延々繰り返す様子をよく目にしたものです(笑)

でも、もしも自分がプレゼントする方だったらどうでしょうか?

素直に喜んで受け取ってもらった方が嬉しいに決まってますよね?

なのに立場が逆転すると、

どうしても遠慮してしまい、

一度は「いらない」という言葉や身振りをしてしまっていませんか?

一度くらいならまだいいにしても、

頑なに遠慮する人もいたりして、

あれは第三者が見ていても、

あまり氣持ちの良いものではありません。

 

そこで思ったのが、

もしかしたらこの遠慮が私たちを

引き寄せ下手にしてしまっているのではないかと。

引き寄せの法則はいつでも誰にでも働いているものです。

それが望むものか、

望まないものかの違いでしかないのですね。

「世の中ってこんなもの」

「私の人生こんなもの」っていう思い込みありませんか?

その思い込みが自分の人生を作っているのです。

自分が発している周波数と同じものが、

キッチリ引き寄せられているから。

だから何となく信じ切ってしまっている、

自分の思い込みを書き換えてしまえば、

面白いくらいに現実に存在しているものは変わっていくのです。

 

そんな話は信じられないと思いますか?

でももしも本当だったらすごいなと思いませんか?

これは本当のことなんです。

でもそんなにうまい話はあるものじゃないと、

あなたが受け取らないだけなのです。

そうだったらいいなと思うものを

どんどん自分のものにしていってください。

遠慮しているつもりではないかもしれないけれど、

素直に受け取ってみてください。

どんな家に住みたいですか?

どんな仕事をしたいですか?

どんな人間関係がいいですか?

どこに旅行に行きたいですか?

そうは言っても現実お金も時間も無いし無理。

実はそう言ってるからこそ無理なのです。

ありがたいことにこの世界に宿命以外に無理はありません。

(宿命とは生まれた国や時代、親などです)

遠慮なく本当のあなたの望みの世界を受け取ってください。

 

 

 

そのためには日ごろから受け取り上手になる練習をしましょう。

誰かに何かをもらう時、

手伝ってもらう時、

金銭的な援助をしてもらう時、

申し訳ない顔をするのはやめましょう。

感謝の氣持ちを素直に表せばそれでいいのです。

申し訳ないという表情と、

喜びの表情ではどちらの表情が波動が高いか…。

そこに説明は不要ですよね(;^ω^)

私はなにかおみやげなどもらう時は、

(((o(*゚▽゚*)o)))ワーイって喜ぶようにしています。

いつからかそうしようと思って始めたら、

今ではすっかり習慣づいてしまいました。

受け取り拒否なんかしていちゃもったいない。

たとえいらないかなと思うものでも、

息子やdrakeさんが食べるなと思えば、

ありがたくもらってきちゃいます。

そしてお返ししなくては!とも思いません。

これも本当に循環であり、

喜びの表情と言葉を返しているわけで、

相手も受け取っているのです。

だから自分が何かを贈る場合は、

お返しは期待しません。

むしろだんだん贈れる自分に喜びを感じるようになります。

しかしわずか1年前の私は、

これしか収入が無いのに、

お祝いなんて出せないって、

何とも貧しいマインドを持っていたわけですよ。

でもそれもこれもお金に対する苦手意識を手放し続けたことと、

受け取ることに罪悪感を覚えることなく、

素直に喜べる受け取り上手になることを意識してきたのが、

良かったんだと思っています。

 

そしてもう一つ。

受け取り上手になる意識の持ち方があります。

これは私の祖父が母に伝えた教えなのですが、

何かをする時や言う時の意識の持ち方として、

「~してあげる」ではなく、

「~させてもらう」とすることなんです。

してあげるはそのまんま出しっぱなしになってしまうけど、

させてもらえばもらうことになるわけです。

あげちゃうか、もらっちゃうか。

みなさんは普段どちらの意識で奉仕していますか?

してあげるは出しっぱなしなので、

いずれ犠牲心や欠乏感を生みます。

しかしさせてもらうなら何か大きな徳を積んでいる氣がしませんか?

お得感がありますよね?

うちの日めくりにこんな言葉があります。

「してやったことは忘れ、してもらったことだけを覚えておこう」

こんな小さなことでも大きな意識の違いを生みます。

高い意識は発する波動も高いので、

高い波動の現実を引き寄せてくれますよ。

何でもいきなりはできないものですが、

意識することから始めると、

いずれ習慣化していくものです。

あなたの意識が変われば、

世界は大きく変わります。

しっかり受け取り上手になっていきましょう。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

このあと21時より氣づきプレゼンターみきっぺのトークライブ始まります。

今日は「主役はあなた」ということをテーマに展開していこうと思っています。

ぜひ遊びにいらしてくださいね。


主役はあなた!

何のために生まれてきたの?

どうして自分は生まれてきたんだろう。

そんなふうに考えたことがありませんか?

この顔、この名前、この体、そしてこの心。

どうしてこれらの条件を持ち合わせたうえで、

今ここに存在しているのだろう。

こんな疑問を持ち始め、

答えがなかなか見つからないと、

とてもむなしい氣持ちになってしまうことがあります。

過去の偉人達もここに疑問を持ち、

答えを探し、そして見つけています。

「朝に道聞かば夕べに死すとも可なり」

朝に人生を悟ることができれば、

夕方に死んだとしてもかまわないという意味の孔子の言葉です。

この地球上には75億以上の人々が暮らしています。

この一人一人はどうして今ここにこうして存在しているのでしょう。

 

私たち人間は人の間と書くだけあって、

人と人の間にて生きています。

そこで得られるものと言えばなんでしょうか。

人との関り合いの中で得られるもの。

それは何と言っても感情ではないかと思います。

怒ったり、笑ったり、嘆いたり…。

心を良くも悪くもたくさん動かすことで、

いろんな氣持ちを味わっています。

まずは、これこそが私たちが生きる目的なんですね。

そもそもの私たち(人間として生まれてくる前)というのは、

何でも意図するだけで実現可能な存在であり、

明るくて軽くて温かい、

愛そのものの存在だったのです。

でもなんでもできちゃうというのはつまらないもの。

簡単すぎるゲームはやりがいが無いのと一緒です。

いろんな試練を乗り越えてこそ得られる喜びというのは、

みなさんも体験されてきたことと思います。

私たちは皆あえてつらい・しんどいを経験しに来た存在なのですね。

 

 

 

そしてその経験をするためには、

自分一人では無理というもの。

誰かと関わることが必要ですね。

あの人に意地悪された、

優しくされた、

思わず笑っちゃった、

負けたくない、

力になりたい、

失った…などなど。

これらの感情を主に与えてくれるのは、

人なんですよね。

この世に生まれてきて最初に関わる親でさえ、

いろんなキャラクターがいます。

自分を生んですぐに死んでしまう親、

愛情深く育ててくれる親、

虐待する親、

過保護な親…など。

自分を生んだ親というのは、

変更が利きませんね。

これは自分が生まれてくる前に決めてきた条件です。

変更が利かないものは宿命と言います。

生まれた国、時代、親、性別などですね。

あくまでそれらを設定したのは自分なのですから、

本当は誰を恨むことも無いのですが、

先に記したようにそこら辺を忘れて生きているので、

忘れているうちは仕方ありません( ̄▽ ̄;)

ただ単に恨むのであれば恨むとはどういうことなのかを

体験するためだったという解釈になります。

 

病氣で体の自由が利かないとはどういうものなのか、

大事な人が病氣に苦しんでいるとどういう氣持ちになるのか、

お金を借りるとはどういう体験をするものなのか、

貸すということは?

いじめられるとはどういう氣持ちになるのか、

いじめるとどういう氣持ちになるのか、

それを助けると?

知らんぷりすると?…などなど、

いろんな役柄があってそれぞれにその役を演じることで

どんな感情が得られるのかを味わっているわけです。

つまり私たちの生きる目的の中には、

誰かの人生の役になるというものもあることになりますね。

そしてそれは一人に一つ与えられたものではありません。

同じ人でも相手やタイミングなどによって見せる顔は違うものです。

私たちは一人でたくさんの役を演じているんですね。

 

 

 

ドラマや映画などにもいろんな役があります。

主役、準主役、悪役、脇役など。

この人生においての主役はもちろん自分ですが、

関わる相手の人生においても何かしらの役を演じているわけです。

その人の人生をガラッと変えてしまうような大役かもしれませんし、

大して影響を与えない脇役かもしれません。

もちろん悪役ということも十分にあり得るわけです。

自分はこの人生において、

どんな役柄を主に演じているでしょうか。

悪役専門かもしれないし、

救世主役が多いかもしれません。

どちらが良いとか悪いとかいう問題ではありません。

生まれてくる前の本当の自分にとっては、

あくまでもこれは役なんですよね。

しかしそれを忘れて生きていると、

自分の人生ですら呪って生きることにもなりかねませんのでご注意を。

この世界に起こるすべてのことは、

必要だから起こっています。

それぞれにとても必要な役柄を演じているワケです。

脇役も悪役も必要だから存在するのです。

それらと関わることでどんな体験ができたのか、

どんなことに氣づけたのか。

ここが本当に重要です。

 

では、どんな役柄を演じたときに、

喜びって得られるものでしょうか。

それはおそらく万人に共通して、

感謝されたときなのではないかと思います。

あなたはどうですか?

ありがとうと自分が思うより、

感謝されたときの方が喜びが大きいのではないでしょうか。

どんな憎まれ役をやったとしても、

最終的にありがとうと感謝されたら、

やって良かったという氣持ちになりませんか?

とすれば、

あなたの人生に登場するあの嫌な人も、

あなたに何かしらの体験や氣づきを与えるために、

その役柄を遂行してくれただけの人に変わるわけです。

おそらく好き好んで憎まれ役をやりたい人はいませんね。

それを自分のためにやってくれている。

自分はこの現実から何かを氣づき、

学び取らなければいけなかったのに、

それをすっかり忘れて、

ただ悪役を演じ続けるあの人を恨んでいたのかと、

そろそろ氣がついていきましょう。

私はこれに氣がついたときに、

本当に感謝の氣持ちで胸がいっぱいになりました。

あなたはどうですか?

 

 

 

人に限らず、

この世界に存在するものは、

すべて何かの誰かの役に立つためにあります。

私たちは多くの命をいただいて生きています。

それに対して当たり前だと思ったり、

必要以上に罪悪感を感じていたりするとどうでしょうか。

それらの命を無駄にしてしまっていることにならないでしょうか。

どんな悪役でも感謝されたら嬉しいのと一緒で、

感謝の氣持ちこそがそこに光を当てて、

本来の姿に戻してあげられる行為にあたるのです。

私は成仏させるとはそういうことだと思っています。

この世界に存在するすべてのそもそもの在り方は光です。

光に戻ることこそがもっとも幸福なことです。

 

そして私たちは大きな大きな存在(神)の一部として、

それぞれの役柄を演じています。

www.charlotte102-blog.netつまりすべてはひとつに繋がっているということです。

 

相手を憎んだり恨んだりしている時の氣持ちは、

決してハッピーではありませんよね(;^ω^)?

一方で相手を愛する氣持ちは、

温かくて幸せを感じるものです。

相手にしているようでも、

それは自分自身にしていることだからなんですね。

この世界の仕組みはいたってシンプルです。

本当にこれがわかるだけで、

たとえ今死んだとしても幸せだと思えるようになります。

恐怖がどんどん消えていきます。

これを踏まえたうえで、

これからの人生をどのようにクリエイトしていきますか?

あの人やその人の人生において、

どんな役柄を演じていきますか?

世界を平和にするのはカンタンです。

一人一人がこの仕組みに氣づけばいいだけだから。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

あたしゃ神様だよ(笑)

あなたは神を信じますか?

神っていったい何者なんでしょう( ̄▽ ̄;)?

いろんな宗教があって、

いろんな神様がいますが、

いったいどれが本物?

そんなことを考えたことがありませんか?

私は子どもの頃に見たドリフの神様コントをよく思い出します(笑)


ドリフ大爆笑 「神様降臨!雨をふらせてくださいなっ!なんだってぇ?」

今回はそんな漠然としているけれど、

存在感の大きな大きな神について考えてみたいと思います。

 

まずはカタカムナ思念表を使って、

神を読み解いてみましょう。

「カ」: チカラ(=重力)

「ミ」: 実態・光

…とあります。

「力の実態」という捉え方でいいと思いますが、

では力って一体何なのでしょうか?

力を使うとどういうことが起きるのかで考えてみましょう。

力を使うと物を動かすことができますね。

車で例えるならエンジンの機能と捉えられるでしょうか。

でもどんなに高性能のエンジンを積んだ車でも、

ガソリンなどのエネルギーが無ければ、

動かすことはできません。

力はエネルギーを利用して、

実際に何かに影響を与えて変化させる作用だということになります。

エネルギーは源で、

力は実現させる働きといったところでしょうか。

実現させる働きの実態、

これが神であるというように読み解くことができました。

まだわかるようなわからないようなといった感じですね(;^ω^)

 

 

 

同じくカタカムナから学んだことで、

もう少し考えてみようと思います。

ちょっと丸い風船をイメージしてみてください。

宇宙は膜状であるという膜宇宙理論なるものがあり、

ここではこの風船を宇宙と捉えてみます。

この風船の外側にはすべて均一に光が当たっている状態です。

つまり外側はすべて陽の世界だということです。

では、この風船の外側に指で圧力をかけたらどのような状態になりますか?

内側に出っ張りができますよね?

そして当たり前に外側から見たらそれはへこみになります。

へこませなければすべて均一に光が当たっていたものが、

へこみの先端は光から遠ざかっていることになりますね。

では内側を見てみましょう。

内側には出っ張りが生まれました。

これこそが物質化であり、

生きている私たちの住む世界、

つまりこの世ということになります。

陽の反対側にある陰の世界ですね。

では外側にかかった圧力とは何でしょうか?

それは思いというエネルギーになります。

思いは重力を膜に与えて、

膜の反対側(=内側)に現実化するのです。

 

 

 

この世に現実化しているすべてのモノは、

何かしらの思いの結果です。

私たち自身ももちろんそうですね。

「あんな経験がしたい」「こんな役割を果たしたい」

などの思いが現実化して、

私たちはそれぞれに今ここに存在しているということです。

であれば、この思いを発生させているモノって何でしょう?

私はこれこそが神だと考えられるのではないかと思います。

そして私たち人間の内側からも思いは湧き上がってきますよね。

ということは私たちの中に神がいるということにもなるし、

私たち自身が神の一部であると言えるわけです。

私たち人の体もたくさんの細胞で構成されています。

そしてそれぞれの場所でそれぞれの働きをしてくれているおかげで、

私たちは生命活動を維持することができていますね。

この細胞は私たちの一部であり、

自分と切り離して考える人はいないでしょう。

日本には八百万の神という考え方があります。

宇宙に存在するすべてのモノには神が宿っているというものです。

蛙の子は蛙なのですから、

神が作りし神の子は神と言えますね。

 

さて、私たちの意識には、

顕在意識(ふだん自覚している意識)と、

潜在意識(自覚の無い意識)で構成されています。

そしてこの潜在意識という無意識のさらに奥には、

集合意識というものがあります。

これはどういうことかというと、

手がわかりやすくそれを教えてくれます。

手を開いて見てみましょう。

指にはそれぞれ親指から小指まであり分離していますね。

しかしそのもっと下では、

手のひらで繋がっています。

親指を切ったその傷の痛みは、

親指だけしかわからないわけでなく、

他の指にもその痛みは伝わっているわけです。

それぞれの指を人だと考えてみましょう。

自分とは違う他人に起きた出来事を

自分のことのように喜んだり悲しんだりした経験はありませんか?

まさにこれはこの集合意識から受け取っているモノなんです。

つまり私たちはみんな奥底で繋がっていると考えられるわけです。

さて先ほどの風船を思い出してください。

現実化して一番へこんでいる先端部分は、

最も光から離れていますよね。

私はここが顕在意識と考えました。

へこみの深さががあればあるほど、

光が当たる量が減るので、

人生は辛くてしんどいものになってしまいます。

本来の在り方ではないからですね。

この距離の差を減らして行き、

取り払ってしまえば、

差取りとなり悟りを開けるわけです。

差を取ったら現実化できなくなる(=死)ということではありません。

生きながらにして成仏できるという感じでしょうか。

 

陰陽師の末裔にあたる幸輝先生にお聞きしたのですが、

日本語の「日」という漢字は、

神を表しているのだそうです。

日は太陽のことも表しますよね。

そしてこの太陽は英語ではSUN(サン)と読みます。

太陽を拝みたくなる氣持ちがわかります(笑)

日本人は一般的に誰かを呼ぶ時に、

〇〇さんと「さん」をつけます。

これは潜在的に各々が光の存在、

つまり神であることを知っているからなのではないかと、

カタカムナ~数霊の超叡智~という本に書かれていました。

カタカムナ 数霊の超叡智: 数の波動を知れば、真理がわかる・人生が変わる!

カタカムナ 数霊の超叡智: 数の波動を知れば、真理がわかる・人生が変わる!

 

 

私は子どもの頃からつい1年ほど前まで、

神様もあの世も遠いお空の上にあるものと思っていました。

しかし膜宇宙のイメージでとらえると、

すべては私たちの内側に存在しているのであって、

それを外側に投影して見ているだけだということがよくわかります。

私たちの体も皮膚という膜に覆われています。

この膜の遮りより先が内側を映し出しているだけの現実。

太陽がある宇宙を遠くに見ている理由がわかりますね。

思いという重力を膜に与えてへこませた先の、

太陽から離れた意識で見ているわけですから(;^ω^)

だからもし現実世界にほとほと疲れてしまっていたら、

自分の内側に意識を向けてみてください。

自分の体の中ではどんなことが起きているか。

循環し続ける血液や

お母さんの胎内に宿ってからというものずっと動き続ける細胞。

自分の体のすばらしさに氣づくことができたら、

これほど幸せなことは無いはずです。

ありがたいという感謝の氣持ちこそが神の心であり、

それを感じる私たちはやはり神から派生している存在だと思えることでしょう。 

 

世界には多くの宗教が存在しています。

そしてそれぞれに神が存在しているわけですが、

自分も神であることを知れば、

宗教や誰かにすがらずとも、

ラクに人生を歩むことができますね。

自分の人生という世界は自分で作っているんです。

すべて自分がしてきた選択の結果です。

親を選べないと思われがちですが、

生まれてくる前に親も国も時代もルックスも障害の有無なども

すべて自分で設定しているのです。

どこまで行っても自己責任なんですね(笑)

これを忘れて外側に見えるものや状況のせいにしていては、

まさに本末転倒ということであり、

何の解決にもつながらなくなるのです。

何かの能力が抜きんでている人を

私たちは〇〇の神様なんて呼んだりしますね。

これは自分の使命(どんな思いの結果の存在なのか)を理解し、

その役割を全うしている人がそう呼ばれるだけのことであり、

誰でも神様であって違いは氣づいているかいないかだけに過ぎないのです。

自分の内側に在る世界とつながるのが瞑想です。

現実から離れる時間を睡眠以外にも、

意識して持つようにしてみましょう。

いろんな誘導瞑想がYouTubeなどであがっています。

慣れないうちはこれらを利用してみるといいと思いますが、

自分で自分のことが信じられるようになれば、

正しさなんかは求めなくなるものです。

自分が心地よいと思うものこそが正解だということがわかるからです。

まずは「自分も神である」という自覚を持って生きましょう。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

今ここのすべての人々の心が平和でありますように♡

 

~お知らせ~

今夜も21時より氣づきプレゼンターみきっぺのスピリチュアルトークライブを

YouTubeチャンネルにて配信します。

よかったらお付き合いくださいね(o^―^o)ニコ


神っていったい何者?

自分が変われば世界は変わる

あなたの日常の思考はいかがでしょうか。

普段どんなことを考えているかで、

あなたの世界が大きく変わることをご存知でしょうか。

あの人のああいうところが氣にいらない。

消費税が無かったら…。

子どもが言うことを聞いてくれたら…。

給料がもっと良ければ…。

上司がもっといい人だったら…。

もっと自由な時間があれば…。

パートナーがもっと素敵で優しかったら…。

もっと自分のスタイルが良ければ…。

ここではネガティブな思考を取り上げてみましたが、

もちろんポジティブな思考もたくさんあることとは思います。

しかし、ここにあげたような思考が、

自分の世界を構成しているのだとしたら、

あなたはこれを改善しようと思いませんか?

 

上にあげた例では、

ほとんどが自分以外に目を向けていて、

その思考の原因は相手に原因があると思ってしまっています。

でも、これ逆なんですよ、実は。

まさに「卵が先か、鶏が先か」みたいなものなんです。

現実という結果を見て私たちは物事を判断します。

しかし結果はあくまでも結果であり、

結果を作っているのは私たちが普段している思考なのです。

あの人は怒りっぽいと思ったとします。

この思考こそが怒りっぽいあの人を

これからも形成し続けるのですね。

そしてそれはそういう解釈メガネとなり、

あの人の怒りっぽさだけが特に目立つようになるのです。

でも人にはもちろんいろんな表情があるものです。

それは対応する人々によっても異なりますよね。

氣の合う仲間にはその怒りっぽい人も笑顔になることでしょう。

不安そうな表情になる場面や、

とても優しい一面だってあるはずなのです。

それなのにどうして自分の目に映るのは、

怒りっぽいあの人ばかりなのかは、

自分がそういう解釈メガネを着けてるからに過ぎないのですね。

 

 

 

 

自分に嫌悪感を与える解釈メガネを外して、

その人の良いところを探してみることをします。

嫌いの裏には好きがあるのはこの世の法則ですから、

必ずそれは存在します。

単に今まで、

自分がそれを見ようとしてこなかっただけに過ぎません。

「この人の好きなところを見る」と自分自身に宣言することで、

解釈メガネが着け変わります。

最初はなかなか焦点が合わないかもしれませんが、

直に慣れてきて好きなところが見えてくることでしょう。

意外な一面を垣間見て、

相手を見直すなんて経験がありませんか?

これは単純に他の面を見ようとしてこなかったことに、

原因があるというだけで、

どんな人も角度を変えれば見え方が変わるものなのです。

人の嫌なところを探して観測し続け、

嫌な氣持ちになっているのは誰でしょうか?

他でもない自分自身ですよね(;^ω^)

 

またその人の背景に意識を向けるというのもおススメです。

たとえばこんなにイライラしているということは、

何かプライベートで悩みがあるのかもしれない。

夫婦喧嘩をしたのかもしれない。

心を許せる友人がいないのかもしれない。

自分自身を好きになれないのかもしれない。

…などと勝手に思いを巡らせてみるのです。

すると氣持ちが楽になりませんか?

むしろ同情さえしてしまいたくなったりして、

許そうという氣持ちになるものです。

それが真実かどうかは一切関係ないのです。

要は自分の氣持ちが緩むかどうかがカギなのです。

許すと緩むんですね。

つまりそれはリラックスした状態です。

リラックスした状態は本来の私たちの在り方であり、

幸福感や愛情に満ちた温かい氣持ちになるものです。

その時に発する波動は、

周りにも伝わっていくものです。

いつもニコニコしている人がいたら、

それだけで場の空氣がなごみますよね?

 

自分が嫌な氣持ちになる世界は、

そこにフォーカスを当て続けているかぎり、

変わることはありません。

冒頭にあげた例のように、

アレもコレも氣にいらないのであれば、

いろいろ変わってくれないと、

自分は一向に幸せになれないことになります。

たった一つを物理的に変えることも難しいものですが、

自分の解釈の仕方や見る角度を変えること、

さらにはその奥行きを想像(=創造)することで、

簡単に自分の世界を変えることができるのです。

つまり外側を変えることに、

躍起になる必要はまったく無いのです。

 

どんなネガティブな思考にも、

それに到る原因が自分の内側に存在します。

決して相手ではないのですね。

その相手にそういう役目を与えているのは自分なのです。

ここで嫌われ役を引き受けてくれている相手に、

感謝したくなるようなワークをしてみましょう。

相手に対する不満を思いつく限り紙に書き出して見るのです。

もちろんその相手は人でなくても構いません。

自分自身にでもOKです。

ふだん思っていることを紙に書き出して見ると、

それは神に受け取ってもらうのに価します。

だからこれだけでかなり氣持ちが楽になります。

そしてさらに自分が書き出したものを

改めて読んでみます。

確実に書いたときの自分とは、

別の自分としてそれを読むことになります。

これ、本当に面白いです。

要らないものを出して、

軽くなった分、次元が上昇するのでしょう。

意識が少し高くなった分、

客観的に見られるようになるのです。

つい数分前の自分とは、

もう同じステージにはいないのですね。

どうしてこういう感情になったのか、

少し高いところから見ると理解できるようになります。

私はものすごい怒りの感情が湧いたときに、

紙に書き出して改めて見つめ直したときに、

私を一生懸命守ろうとしてくれたのが、

怒りの感情であることに氣がつきました。

その時に感じられた温かい氣持ちは忘れられません。

感謝でいっぱいになったのです。

そしてこの機会を与えてくれた対象に、

心から感謝することができたというわけです。

 

 

 

 

この感謝の氣持ちこそが、

波動の低いものを本来の高い状態に戻してくれます。

私はこれを「成仏させる」という表現をしています(笑)

感謝されることを拒む者などいません。

いるとすれば、

それは本当に光から離れてしまった闇に生きる者だけです。

そういう存在はこのような記事を読むことも無いでしょう。

どう感じるかは別として(タイミングにより受け取り方が異なるため)、

こういう類の記事を読んでいるあなたは間違いなく、

光の存在であることを示しています。

感謝はする側でもされる側でも人を幸せにしてくれます。

要するに文句が多いのは、

感謝が足りないということなのですね。

不満だらけの世界も、

満足しかない世界も、

自分以外の者や物のせいではなく、

全部自分で作るのです。

つまり自分が変われば世界は変わるということです。

あなたの心を動かす対象すべてに感謝することを

どうか意識して実行してみてください。

そうするとあなたの目に映るものごと、

耳に聞こえる、感じるものごとすべてが、

自分のためにあるのだということを実感でき、

感動に涙を流すこともあるでしょう。

その涙は浄化の美しい涙です。

一人一人の世界が幸せならば、

あっという間に世界は平和になりますね(o^―^o)ニコ

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

~お知らせ~

11月20日20時20分より、

氣づきプレゼンターみきっぺのスピリチュアルトークライブを配信します。

いつもより早いスタートとなりますが、

タイミングが合う方はどうかお付き合いくださいませ。

自分が変われば世界は変わる

 

あっという間に世界平和を実現する方法

前回の記事には「高い意識とは?」を書かせていただきました。

意識という視点が高ければ高いほど、

あらゆることが俯瞰して見え、

今まで氣にしていたことが大したことではなく思え、

広い範囲にまで氣を配ることができるようになるのですね。

意識が低い(自分のことしか見えない)と、

何となく居心地の悪さを感じてしまうものです。

でもこれは波動を低くするためにすべての人が持ち合わせている、

罪悪感の作用だというだけのことであり、

自分のことを考えることは罪ではなく、

世界を平和に導くための大事な大事な土台なのだということを

忘れないでいただきたいと思うわけです。

自分のことを考えないで、

外側にばかり意識を向けていると、

やがてそれは犠牲心や欠乏感を生むことになるからです。

 

私たち一人一人には、

今ここに生きる大きな意味があります。

誰の何の役にも立っていない人は一人もいないのです。

「ああなりたい」と思わせる人もいれば、

「ああはなりたくない」と思わせる人もいるでしょう。

ちなみにどちらが良いとか悪いという判断は不要です。

それは人や国や文化などによって異なることであり、

一定の判断の基準はどこにも存在しないからですね。

どちらの人もある人の人生にとって、

何かしらの道標になっています。

人と関わることで自分とはを学んでいるのが人間です。

自分に許さないことをしている人を見ると嫌悪感を覚えるでしょう?

その反対もまた然りです。

つまり関わる人が「自分とは」を教えてくれているということになります。

これこそが鏡の法則と言われる所以でしょう。

自分のことがわからなければ、

あなたの心を揺さぶる近くの人の、

どんなところが好きで嫌いかを改めて確認してみるといいでしょう。

最も近くにいる人が自分と近い波動を持っている人なので、

毎日顔を合わすような家族や同僚で確かめてみるといいかもしれませんね。

そこに書き出されたことはつまり、

自分の中にある好きなところであり、

嫌いなところにあたります。

あの人の嫌いなところが、

自分にもあるなんて思いたくないかもしれませんが、

自分にまったくないところというのは無関心になるものです。

ここは四の五の言わずに諦めて認めちゃってください、

これからの幸せのために(^▽^;)

 

 

 

嫌いなところを自覚するというのは、

傷口に塩を塗るような感覚に陥るかもしれません。

でもこれこそが自分を世界を幸せに導く行為に繋がるとしたら、

あなたはこの先の作業を続けますか?

それとも止めちゃいますか?

この世界は相対性の世界であり、

必ずその反対側というものが存在するのです。

つまり「嫌い」の反対には、

好きが隠れているということですよね。

たとえばいつも愚痴ばかり言っている同僚がいて、

その人のそういう部分に嫌悪感を持っているとします。

愚痴ばかり言うのが嫌いだということは、

愚痴の無い世界を望んでいるということであり、

それはつまり「感謝でいっぱいの世界にしたい」という欲の裏側なのです。

「欲は良くする」ためのものでしたね?

www.charlotte102-blog.net

ここに自分の望みが見えてくるのです。

そういう世界になったら自分(=世界)が幸せになれるということを

教えてくれているということです。

つまりこれこそが自分の使命だと捉えられるわけですよ。

 

「好き」の場合は裏をかかずとも、

そんな部分が自分にもあってそんな自分を好きだと思っているということです。

そしてそれを追求していけば自ずと幸せになれるということですよね。

だからこそ好きなことはどんどんやっていく必要があります。

好きなことを追求していくとセルフイメージが上がります。

好きなことをやっている時は文句なく幸せなはずです。

でもここにも「罪悪感」が作用してしまうと、

「好きなことだけしていてはいけない」という氣持ちが発生し、

あなたを苦しめてしまうことになってしまいます。

このしくみを頭に入れておいてください。

何だか申し訳ないような氣持ちになるのは、

本来の自分の在り方ではなく、

「罪悪感」というおもりのせいであり、

それは自分が意図することで外していけるのだということを。

これに関しては別記事で紹介しますね(;^ω^)

話を元に戻します。

自分の好きなことをしていたり、

好きな環境に身を置いていると、

心身ともにリラックス状態になって行きます。

このリラックスした状態こそが、

本来の私たちの在り方です。

つまり真我や魂、

ハイヤーセルフなどと言われる存在の状態です。

ハイヤーセルフに会うための瞑想なるものを

一生懸命学ぼうとしなくても、

リラックスした状態がそれなんです。

何も難しいことは無いのですね。

このリラックスした状態の時にこそ、

氣づきやヒラメキが降りてきやすくなります。

「何とかしなくちゃ!」と緊張状態にある時は、

なかなかいいアイデアが浮かんでこないのはこのせいだったのです。

人からヒントや助言をもらえるのは、

その人が緊張状態になく、

客観的に物事が判断できるからであり、

特別その人に特殊な才能があるわけではないのです。

 

 

 

さあ、あなたの趣味は何ですか?

その趣味、ちゃんと日々の生活に取り入れられていますか?

その趣味にこそ、

もしくはその趣味を楽しみ続ける先にこそ、

自分の使命が見つかるものです。

何でも最初の一歩というのは億劫であり、

もっともエネルギーを要するものです。

時間がないことを理由にやらないのは、

使命を果たそうとしない怠慢と言っても過言ではないと思います。

何かを実現しようとすれば、

どんな知識や物質が必要なのかを調べたり、

材料をそろえたりといろんな工程があるものです。

とりあえず今すぐ自分ができることって何でしょうか?

それから始めればいいだけなのです。

最初の一歩さえ踏み出せば、

その勢いで次々とラクに歩みを進められるものです。

だってそれは自分の好きなことなのだから。

それでも自分のためだけに時間やお金を使うことに抵抗があるというのであれば、

こう自分に言い聞かせてみてください。

私の幸せが世界の平和につながっている。

私が幸せじゃなければ世界の平和はあり得ない。

私が世界を平和に導くんだ!

清々しい氣持ちになりませんか?

世界のみんなが幸せであなた一人だけが不幸だったら、

それは世界平和だとは言えないのです。

みんながまずは自分からを一斉に始めたら、

世界はあっという間に平和になると思いませんか?

つまりあなたの好きな物事の先に、

世界平和への道があるということです。

 

でもこのしくみをまだまだ多くの人々は思い出していません。

もしも共感できるところがあり、

これを実現しようと思ってくださるのならば、

この記事を紹介していただくか、

あなた自身の言葉で、

あなたのネットワークで発信してくださいませんか?

もちろんこのような情報発信をされている方は、

他にも多くいらっしゃいます。

誰かと比べて自分には説得力がないなどと思う必要はありません。

自分には自分にしかない個性というものがあるからです。

英語を教える先生はたくさんいるけれど、

あの先生の教え方が好きなどという、

合う合わないの波長の違いがあるものです。

だからたくさんこういう発信をする人は、

一人でも多くいたほうがいいのです。

世界平和の実現にぜひご協力をいただきたいと思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

~お知らせ~

11月17日の21時より氣づきプレゼンターみきっぺの

スピリチュアルトークライブを配信します。

今回の記事をもとに話をいろいろ展開させていくつもりです。

氣になったら遊びに来てくださいね(^▽^)/


あっという間に世界平和を実現する方法

「高い意識を持つ」ってどゆこと?

意識の高さっていったい何なのでしょう?

「意識を高く持ちなさい」とよく言われますが、

それってどのような状態を指すのでしょうか?

 

この記事を書くにあたって、

意識とは何なのかを調べ、考えてみました。

「意」には氣持ちや考え

「識」には分析して自覚する

という意味があるのではないかと思います。

漢字の意味から考えると、

氣持ちや考えを分析して自覚することと捉えられますね。

ちなみにカタカムナではどうでしょうか。

「イ」は伝わるもの・陰

「シ」は示し・現象・死

「キ」はエネルギー・氣

と思念表にあります。

私はこれを意図が伝わって現象化するエネルギーと受け取りました。

つまり私たちが意識することが現象化していると捉えられます。

そしてこれこそが引き寄せの法則の基盤とも言えるのではないでしょうか?

 

 

 

これらから私が氣づいたのは、

意識とは「視点を当てる先」なのではないかと思いました。

これによって同じ物事を見ても、

解釈の仕方が人それぞれに異なってきます。

たとえば風邪をひいたときに、

「ツイてない」と捉えるか、

「ツイてる」と捉えるか。

風邪をひくことをあなたはどのように捉えていますか?

具合悪いし、氣分も滅入るしいいことなんてない

そう思うかもしれません。

でもその一方では、

具合が良くないお陰で今日は一日休みがもらえて良かった

と思う人もいるかもしれないわけですね。

同じ風邪をひくんでも真逆の捉え方ができるわけです。

私自身、現在風邪をひいているのですが、

咳が出たり、熱が出たり、鼻水が出たりと、

出しまくっている状態です(^▽^;)

確かに体的にはしんどいです。

しかし、

「出る」という働きの後には、

必ず「入る」という反作用が起きます。

息も吐いたら、吸いたくなるものです。

つまり新しいエネルギーを受け取るにあたって、

古いエネルギーを出している…いわゆるデトックス期と捉えているので、

ありがたい作用だと思うわけです。

つまりツイてる思考になれるのです。

 

ふだん何となく考えていることって、

その人の表情や言動なんかに表れてくることと思います。

怖い見た目の人でも優しい人って結構いたりするので、

もちろんすべてとは言いませんが(^▽^;)

でもどんなに取り繕っても、

ふとした時にその人の本性が見えるなんてことがあったりします。

どんなことをいつも意識しているのかこそが、

あらゆる関係性に伝導し、

自分の人生を左右するのかもしれませんね。

もしもこれまでの人生がうまくいっていないと思うのであれば、

ここを変える以外に手は無いといえるでしょう。

それは上っ面だけ変えても原因となるものを改めない限り、

また元通りになってしまうものだからです。

ダイエットのリバウンドが良い例でしょう。

「私は食べれば食べただけ太ってしまう体質」

などという思い込みを何とかしないで、

食事療法やエクササイズを重ねて結果を出したところで、

一時的なものとなってしまい、

氣がついたら…元通りの体型になっていたとか。

また再発する病氣も同様ですね。

 

 

 

ではこの記事のそもそもの疑問である、

「高い意識とは」を改めて考えてみましょう。

「高い」があれば「低い」があるものですが、

高い視点と低い視点ではどんな違いがあるでしょうか?

低いところと言えば地面に接している高さが一般的ですね。

では2階、3階、4階…と少しずつ上がっていくとどうでしょう。

見える範囲が広がっていきます。

富士山から見える世界はどうでしょう?

飛行機の中から見える世界は?

ロケットに乗ってこの地球を飛び出してみたらは?

高くなればなるほどに見える範囲が広がっていくわけですね。

地面に接していたときの自分は、

自分のことやせいぜい家族や友達くらいしか見えなかった(思えなかった)。

でも、その高さが増せば増すほどに、

自分が住んでいる街や国や世界や地球に思いを馳せらせられるのです。

自分のことしか考えられない自分と、

世界を思える自分。

あなたはどちらの自分の方が好きですか?

 

並木良和さんのお話によると、

私たち人間は生まれてくるときに、

「罪悪感」と「無価値感」というおもりをまとってきたのだそうです。

そうでもしないと地球の次元に合わせられないくらい、

本来の私たちの波動は高い存在だからなんですね。

このおもりが人生に作用して、

自分だけが幸せになるということに抵抗を覚えるのかもしれません。

だからその意識が広がれば広がるほどに、

心が晴れやかになって行くわけですね。

その視野を広げていくために必要なことがあります。

それはまずは自分をきちんと整えるという意味で、

最初は自分に特化した願いや欲望を持つことです。

そしてそれを実現し、

満たされた自分になることで、

周りにも思いやりを持つことができ、

少しずつ確実にその愛は広がっていくわけです。

だから自分の願いや欲望を持つことは、

少しも悪いことではないのです。

それが第一ステップだというだけのことです。

なのにこの大事なステップをすっ飛ばして、

無理に善人になろうと「自分のため」に手を付けず、

「人のため」をし続けると、

自分を満たすという大事な土台ができていないので、

いずれ「私がこんなに頑張っているのに」などという、

欠乏感や犠牲心が顔を出してくるという仕組みなんですね。

実にシンプルです。

 

高い意識を持つことはとても大事なことです。

しかし最初のステップがもっとも大事だと私は思います。

自分が素直に欲しているものは何か?

どうなったら楽しいと感じるのか、

誰といると心地よいのかなど、

自分自身の声に耳を傾けてみることが大事なのです。

ここに一切の遠慮や妥協は要りません。

子どもには無限の可能性があるというのは、

遠慮や妥協が無いからです。

本当は私たち大人にも無限の可能性があるのです。

誰に聞かせるわけでも見せるわけでもないノートに、

思いっきり自分の声を書いてみてください。

そこに書かれたことを実現することこそが、

あなたの使命であり世のため人のためになることです。

あなたが幸せなら、

あなたの親は喜ぶでしょう?

一人が幸せになればそれは伝染するのです。

だからもう「罪悪感」や「無価値感」は手放して、

幸せに向かうことに誇りを持って生きましょう。

さぁ、恥ずかしがらずに、

大きな文字で書かれた次の文章を声を出して読んで宣言しましょう。

私は一切の罪悪感や無価値感を手放し、

幸せになることに誇りを持って生きることを誓います。

意識のチャンネルが変わりますよん(o^―^o)ニコ

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

~お知らせ~

まだ鼻声ではありますが、

今夜も21時より、

氣づきプレゼンターみきっぺのスピリチュアルトークライブを行います。

主に本記事の内容をテーマに進めていくつもりですが、

台本無しなので何が飛び出すかわからないのが、

私自身も楽しいところです(笑)

よかったらぜひ遊びにいらしてくださいね(^▽^)/


「高い意識を持つ」ってどゆこと?

エーテル体をいじってみる

私たちは皆、

セルフイメージ通りに現実化されています。

私は太りやすい体質と思っていれば、

ちょっと食べすぎただけで太ってしまうし、

男運が無いと思っていれば、

ろくな男性を引き寄せない。

やればできると思っていると、

本番に強かったりもします。

自分のことを自分でどう思っているかを

いちいち確かめてみたことはありますか?

 

私が過去に読んだ本には、

エステなんか行かなくても、

実際にエステを受けている氣分になるだけで、

充分に効果があると書かれていましたし、

筋トレも同様で、

実際に体を動かさなくても、

イメージだけでトレーニングすることが可能だと言われています。

体を動かす実践も大事ですが、

実は何より大事なのはイメトレなんですね。

イメージ(想像)が、

現実をクリエイト(創造)する仕組みがあるからです。

どんなに練習したところで、

自分にはやっぱり無理なんじゃないかという、

恐れの方がよりリアルにイメージされてしまうと、

無理な方が現実化されるということなんですよ。

だから全然練習しなかった人が、

意外とぶっつけ本番でうまくいくなんてことがあるわけです。

あれはその人がすごいということではなくて、

うまくいくと信じる氣持ちの方が単に上回っているだけということなんですね。

つまり誰でも自分の可能性を純粋に信じることができれば、

誰もが大成功するということなのです。

 

しかしこれまでの教育や経験などから、

現代人はどんどん自信を失ってきました。

自分にはムリ。

自分にはできない。

そうそううまくいくものではない。

そういう人生を体験したかった私たちの魂が、

選んだ道ですから誰をも何をも恨む必要はありません。

自分が強く信じていることが現実化しているだけということを

本当に理解し、実行できれば、

人生を180度変えることだって可能なのです。

そんなバカなと思う方もいるでしょう。

過去の私もまさにそう思っていたのでよくわかります。

そんなバカなと受け入れずに進んだ挙句にたどり着いたのは、

「何のために生きているの?」という迷路の行き止まりでした。

ここまで来ると受け入れざるを得なくなり、

試してみたところ、

実体験としていろいろな変化を実感してきました。

何のために生きているのかわからなかった迷子が、

生きてることって素晴らしく、

めちゃくちゃ楽しいというところまで変われたからです。

 

自分のセルフイメージが、

自分を構成している。

私はブサイクだと思っていれば、

他人からもそう言われるようなことを引き起こします。

ってことは、

自分はきれいだとか、

自分はお金持ちだとか、

自分は会社で一番仕事ができるとか、

自分は理想のパートナーと幸せだとか、

自分はめっちゃ健康だとか、

とにかく好きなようにイメージを変えていけばいいということになるのです。

でもそう言われても現実を見たら、

やっぱりそうは思えないと思う方も多いと思います。

であれば、

エーテル体をいじってみるのも一つの手ではないかと思うのです。

 

私たちは死んでしまうと、

肉体を手放しますね。

でも私たちの体はこの肉体だけではありません。

エーテル体やアストラル体と言われる目に見えない体も持っているのです。

俗に言う幽霊はこのエーテル体にあたります。

映画の「ゴースト」を観たことがある方は、

イメージしやすいのではないでしょうか。

聞いたところによると、

エーテル体の自分はいくらでも好きに姿かたちを変えられるのだそうです。

だから100歳で亡くなったとしても、

20代の姿でいることもできるし、

子どものうちに亡くなったとしても、

ある程度の年齢まで成長した姿にもなれるのだと。

しかし私たちは肉体をそう簡単に変化させることができません。

急に髪が20センチも伸びることも無ければ、

急に10キロの減量ができるわけでもないですよね。

でもセルフイメージでこのエーテル体を

自由に変化させることはできるのではないでしょうか?

 

引き寄せの法則で、

引き寄せたいものをすでに引き寄せたかのように、

たった今からそうふるまいなさいと言われています。

でも現実を見て、

やっぱり無理と諦めてしまう。

現実はどこまで行っても、

これまでの自分のセルフイメージ、

信念が作り上げた結果でしかなく、

現実に手を加えるよりも、

内面を変えることの方が手っ取り早いのです。

だから現実の肉体では、

ポッコリお腹であったとしても、

エーテル体のお腹は脂肪吸引でもして、

すっきりスマートなお腹になっていると思ってみるのです(笑)

肉体がエーテル体の状態に近づいていくまで、

それを信じてみるのです。

病氣なども同様にやってみましょう。

エーテル体を健康体にするのです。

エーテル体を活性化するには、

思いやりの心を持つといいそうですよ。

いつも私のためにありがとうと、

あらゆるものに感謝してみてください。

病巣部にすらも。

日々の健康がどれほど素晴らしいことなのかを

教えてくれてありがとう。

そうやってエーテル体から病巣部を取り除く。

どんなものでも認めてもらえば納得するのです。

感謝されると光に変わるのです。

不良だって、

誰かの役に立ったという実感があれば、

急にいい子に変わる…そんなドラマありませんでした?

自分を助けるのは、

自分しかいません。

誰も助けてはくれないのです。

どんなに助けようと周りが思ってくれても、

自分が助かろうとしなければ、

この真実を受け入れられなければ、

助かることはないのです。

自分が変わればすべてが変わるのです。

あなたの理想の世界を

すでに叶えたエーテル体の自分を想像してみてください。

もちろん私も実践していますよ。

あくまでもゲーム感覚で楽しみましょう。

「絶対に変えてやるぅ!」は、

執着となり、現実化を遅らせます。

ある状態を観測し続けると、

物事ってなかなか変化しないのだそうです。

待ち遠しく思ってそればかり考えていると、

待ち遠しい状態を現実化して、

いつまでも叶わないということになるわけですね。

軽い氣持ちが一番です。

氣楽に人生を楽しみましょう。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

~お知らせ~

このあと21時より氣づきプレゼンターみきっぺのスピリチュアルトークライブを

配信予定です。

興味のある方、時間のある方はぜひお付き合いくださいね(o^―^o)ニコ

youtu.be

幸せと不幸の分岐点

今の自分の人生は幸せか、不幸か。

漠然とでもどちらだと感じますか?

幸せだと即答できる人以外はみんな不幸だと、

氣功家の清水義久先生のセミナー動画での言葉に

ドキッとしたことがあります。

では、幸せだと即答できる人と、

そうでない人との差とは何なのでしょうか?

 

それはとてもシンプルで解釈の仕方にあります。

何か起こった時に、

それを自分にとってマイナスなことと考えるか、

プラスだと捉えるか…ただこれだけの違いなのです。

同じ物事を見ても、

見る人それぞれにかけている解釈メガネで異なります。

たとえば子どもの頃の遠足。

遠足を楽しみにしている子は、

晴れることを願い、

晴れると喜ぶけれど、

遠足に行きたくないと思う子は、

雨が降ることを望み、

晴れるとがっかりすることでしょう。

それぞれの立場によって、

同じ晴れの日をどう感じるかが異なるわけです。

これを日常的に起こるいろんなことに当てはめてみた時に、

自分はどう受け止めることが多いかを

ザッとでも数えてみたら、

自分がどちらのタイプのメガネをかけているかわかるでしょう。

このことから考えれば、

これまでの自分なら「しんどいな」「いやだな」と

感じてしまうような物事こそが、

幸せに進むか、

不幸に進むかの分岐点になることが、

おわかりいただけるかと思います。

f:id:charlotte102:20191030101651p:plain

 

ネガティブな感情を感じた時こそが、

幸せになるチャンスだということです。

ネガティブな感情が湧いてきた時こそ、

人生を大きく変えるチャンスなのです。

それをずっとネガティブなままで置いておかずに、

幸せになるための分岐点に来たと捉え、

解釈を変えることをしてみるのです。

どのように解釈したら自分にとって、

このことがプラスに働くだろうかと。

この世界は表裏一体の世の中です。

嫌いの裏側には好きが隠れているわけです。

「イヤよイヤよも好きの内」って言葉がありますよね。

好きと思うことも嫌いと思うことも、

心が動かされている時に起こるものです。

自分の心を動かさないものは無関心なものであり、

もっとも愛が少ない状態だと言えると思います。

だから嫌いなものの裏側に焦点を当てるようにしましょう。

 

 

 

たとえば今の仕事が嫌いだとします。

でもそれは単に嫌いな方に焦点を当てているだけなので、

その裏側にある好きに焦点をずらしてみます。

私自身、これまで携わってきた仕事は、

すべて好きで選んだわけではなく、

あくまでも「これならできそう」というところで、

生きるために選んだものばかりだったので、

好きな仕事なんかはほとんどありませんでした( ̄▽ ̄;)

今現在の仕事も最初はそうでした。

しかしこのしくみを知って、

自分にとってプラスに働いていることに注目してみたのです。

現在の私の仕事はお蕎麦屋さんの厨房ですが、

これまで経験したことのない職種ゆえに、

料理のコツなど知らなかったことをたくさん知れたし、

技術的にも成長していて、

家庭での食事でも活かせることをたくさん吸収しているのです。

そうやってできることが増えて成長するためには、

本来であれば学校に通うなどしてお金を払うところを、

逆にお金を頂きながらできているわけですから、

こんなに得なことは無いと捉えられるようになったのです。

さらに一緒に働く人たちとの縁にも感謝できるようになりました。

最初はすごーく嫌だったんですけどね(笑)

この人たちと縁を持つ必要があったから出会ったのだということ、

それはその人たちとの関り合いの中で自分の心が、

どのように動くのかを知り、

ネガティブな感情になった時こそ、

それを浄化(手放すこと)していく時だとして、

捉え方を変えるようになってからは、

それまで氣になっていた先輩の言い方などが、

ものすごく優しくなり、

たまにあったとしてもほとんど氣にならなくなっていて、

これは私にとってものすごくプラスに働いていると、

捉えられるようになったのです。

こうなるともう感謝しかありません。

イヤだと思っていたことが感謝に変換されるのです。

 

感謝の氣持ちを持っている時の自分は幸せですよね?

これこそが本来の私たちの在り方です。

しかしそのことを忘れ、

あえて自分の人生という道に、

あらゆる高さのハードルを設置して、

自分を試しているのが私たち人間なのです。

人と人との間で起こる関り合いで、

私たちは心を良くも悪くも動かし、

本来の在り方に戻ろうと人生ゲームを楽しんでいるのです。

とんでもない!

人生ゲームだなんてこんなにつらいのだから、

楽しんでいるはずがない!

…と思う方もいると思います。

でも今のつらさを乗り越えた自分が

必ずこの先にいるのです。

乗り越える意志があるかどうか、

考えてみたことはありますか?

つらいに流されっぱなしだから、

人生が好転しないだけなのです。

そのつらさを体験しているのは、

自分の魂の望みなのです。

自分の魂がつらさを経験するために仕掛けたハードルです。

自分が仕掛けたものは必ず乗り越えられるのです。

解釈メガネをかけ替えることで。

 

 

 

あなたの願いはすべて叶います。

そのためには自分の人生に責任を持つことです。

国や時代や身体や誰かに責任をなすりつけて、

無責任に生き続けることを選ぶ限り、

願いはなかなか叶えられないでしょう。

自分の人生を他人任せにしない!

自分の人生の主役兼監督はあくまで自分です。

自分の内側に意識を強く持ち、

内側の結果でしかない外側(現実)に翻弄されない生き方をしていきましょう。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

すべてはうまくいっている(o^―^o)ニコ

 

~お知らせ~

本日21時より氣づきプレゼンターみきっぺのスピリチュアルトークライブを

自身のYouTubeチャンネルで配信予定です。

幸せに氣づくためのヒントをたくさん提供できたらと思います。

お時間あったらぜひ遊びにいらしてくださいね(^▽^)/

www.youtube.com