目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

小澤仁美さんから学んだこと、感じたこと~前編~

2017年9月13日13時。

東京は西新宿の某会場。

魂のチャネリングメソッド1day体験会に参加してきました。

f:id:charlotte102:20170919173956j:image

 

花島あのんさんによる司会進行で始まった体験会。
まずは近くの方と自己紹介をし合い深呼吸なんかもしてリラックス。
 受講するにあたっての注意点などの説明を受け、
いよいよ待ちに待った小澤仁美さんの登場です。

 

後方から登場された仁美さんは動画で見たまんまの優しいお顔立ち。
その昔アメリカでタレントもされてたというだけあっておきれいです。
まずは仁美さんが今までどうやって生きてこられたのかのお話から始まりました。

 

f:id:charlotte102:20170919174024j:image

魂のチャネリングメソッドとは、

「本来の才能にチャネリングし、お金に愛され、人に愛され、

 使命を生きる人生を手に入れることができる」というもので、

量子力学脳科学、そしてスピリチュアルを統合して確立されたものです。


チャネラーやヒーラーという職業は何も生まれながらにして、

特別な力を持っている人ばかりなのではなく、
それになると決めて何回も何回も練習を積んだ人がなれるんだそうです。

何だってそうですよね。何かプロの道を目指すなら技を磨くことが必要です。


まれに生まれつき、ほかの人には見えない存在を認識できたり、

交信できたりという方もいらっしゃいますが、

そういう方しかできない職業ではないということ。

これはほかの世界にもよくあることで、
特にほかの人以上に勉強しなくても数学博士みたいな小学生がいたり、
小さいうちから天才的に楽器の演奏がうまかったりとか…。


目に見えないものを信じたがらない方々には
別物に思われるかもしれませんが私は同じだと思っています。

 

でも携帯電話やテレビ・ラジオの電波など

これらの存在は目に見えなくても信じられますよね。

そしてそれらにはすべて周波数というものがあり、

その周波数に合わせることで電波を受け取ったり、送ることができます。

 

これらのテレビやラジオなんかだけではなく、

この世界に存在するものにはすべて周波数があります。

その周波数が低いと俗に悪いエネルギー、

高いと良いエネルギーと思われがちですが、

実はエネルギーに良いも悪いも本来はありません。

周波数がただ高いか低いかだけの話です。

だいたい良い、悪いに明確な線は引けませんよね。

その判断は個人によって違いますし。

 

さらに周波数には同じ(もしくは近い)周波数を引き寄せるという特徴があります。

だから「類は友を呼ぶ」という言葉が存在しますね。

またこれは意識して変えることが可能です。

周波数を高くしたければ高い人や環境に身を置く。

低い周波数は高い周波数に飲み込まれるというのも特徴の一つです。


 
小澤仁美さんは子供のころから妖精などの存在が目に見えていたそうです。
でもほかの周りの人には見えないんだということを知った時、
とても落ち込んだとおっしゃっていました。
共感してくれる人がいない世界って相当辛いですよね。
そして大人になってから単身渡米。
結婚も出産も離婚もガンも経験され、
さらにはお母様の終わりの見えない介護まで。
でもそんなとき、のちにとても有名になるダリル・アンカ氏と出会い
チャネラーとしての才能を発揮されることになります。
 
いろいろと興味をそそられるお話を聞かせていただき
感動の涙が何度もこぼれました。

 

人はどうして生まれてくるのか。

そんなことを考えたことはありますか?

私たちは生まれてくるときにある使命を持ってくるそうです。

ただ、生まれてきた瞬間にそのことは忘れてしまう。

若いうちから、

「なぜ自分は生まれてきたんだろう」って

考える人は少ないかもしれません。

でも、いろんな経験(特に辛いこと)を重ねていくことで、

そこに疑問を持つ人もいることでしょう。

 

そして「どうせ自分なんて」と考える癖をつけられた日本人。

自分に価値を見出せない。

私たちは生まれながらに洗脳されているのです。

だけど「多いほうが正解」って、

「だってみんながそう思っているんだからそれが正解」

って多数決でものを考える人がほとんどで真実に目を向けようともしない。

でもそれは、そのように社会に育てられてきたのだから仕方がないのです。

 

 

小澤仁美さんはこう言いました。

 

 

「あなたは今生きているだけで価値があるし使命を果たしているんだよ」

 

 

誰一人同じ人は世界中どこを探したっていません。

誰もが唯一無二の存在です。

そして誰のためにもなっていない存在もありません。

あなたがそこにいてくれるだけで幸せだと感じてくれる存在が必ずあります。

そんな存在はないと感じるのであればそれはあなたがその存在を認めていないだけ。

まずは自分の価値に気が付きましょう。

生きててはいけない人はたったの一人もいないのだということを。

 

人は「自分のために」より「誰かのために」のほうが頑張れるし、

得られる幸福感も大きいんです。

それは誰かがいることで自分の存在を確認できるからです。

 

もしも今を不幸だと思っているのなら、

そんな今でも手にしているものに目を向けてみましょう。

何ひとつ持っていない人もいないですよね。

それでも見つけられないというのなら、特にしようとしなくても呼吸ができていることに意識してみましょう。

何もできていないと思っていても生きている限り、

我々の細胞は絶えず活動しています。

そこに感謝をするとあなたの魂が喜ぶのを感じられるはずです。

そうしたら、ただ「幸せになりたい」のではなく

「もっと幸せになりたい」という願いが本当なんだと気づくでしょう。

前者は今は幸せじゃない(感謝できない)、

後者は今も幸せ(感謝できる)とニュアンスが大きく違います。

今に感謝できない人は何の恩恵も受けられません。

何を与えても喜ばない人にさらに何かを与えたいという人はなかなかいませんよね。

それと同じことです。

受け取りたいなら受け取る体制を作ることが必要ということです。

まずは感謝 から始めましょう(^ω^)♡