目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

気づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

小澤仁美さんから学んだこと、感じたこと ~後編~

前記事でご紹介した脳の構造ですが、

いちばん外側にある大脳新皮質と言って、霊長類の脳(つまり他の動物は持たない人間であるからこその脳)によって、本来の才能が発揮出来なかったりということがたくさんあります。

 

これは育ってきた環境や過去世での記憶によるものが大きく影響します。それが悪いわけじゃないです。それにより、理性というものが育つわけですからね。戦争もしてみないとどれだけ不幸なことかわからなかったり。

 

ただ、その理性も度を越すと自分に不要なまでの制限をかけてしまうことになりかねません。

 

赤ちゃんは、自分の可能性に制限をかけることはありません。「どうせ自分なんて歩くなんて無理」って最初っから諦めちゃってるような子はいないですよね。自分も出来るってことに全く疑いを持っていない。だから出来るまでやれるんですよね。

 

本当は私達もそのスピリット持ってるんです。

埋もれちゃって見えなくなっちゃってるだけで。今、言葉を話せたり、歩けたり、自転

車に乗れたりするのは過去に諦めることなく挑戦してきた証です。

 

潜在意識のことを学んでいるとよく見るのは、自分のブロックとなっているものを取り去るということに視点が置かれがちです。そのためにはアファメーションや瞑想、マインドセットとありとあらゆる手法が使われます。

ただ、目的がブロックを取り去ることなので難しいんだということを小澤仁美さんから学びました。上っ面に付いたブロックを取り去るより、本来、全ての人が持っているピュアな魂の光を強くすること。

 

f:id:charlotte102:20170923201045p:plain

 

思考や行動、固定観念を捨てるのはほぼ無理。

そちらに意識を向けるより、魂を大きくしようと。

魂を光を浴びるために伸ばす。

 

では、具体的にどのようなことをするべきなのか。

1.浄化(丹田叩き)

2.良い言葉を放つ(波動が上がる)

3.観念を捨てる(環境から植え付けられたものの考え方を理解し認める)

 

丹田叩きのやり方。

・両足を肩幅よりやや広めに開き、平行に置く(1 1の位置)

・膝や股関節は緩めにして、お尻だけは締める。

・おへそから指4本分したにある丹田を両手で作った拳の小指側で

    軽くリズミカルにポンポンポンポンと交互に叩く。

・好きな曲などを聴きながら10~15分ほどこれを続ける。

・時間がたったら両手で丹田の周りをくるくると時計回りに数回撫でたあと、

 両手両足をプルプルっと振る(余計なものを振り払うイメージ)

 

脳の調子が悪くても直接脳にマッサージを施したりすることはできませんよね。

でも、この丹田叩きで脳に刺激を与えられるんです。これはヨガの一種でもあるんですよ。朝にこれをやるのがおススメです。

 

このあとは、足を1 1の位置に開き、全身の力を抜きただプルプルと体を揺らす。


【究極の朝の運動Ⅱ】実践編ぷるぷる運動

 

私は、朝にウォーキングのあと、シャワーに入ってスッキリしたら、

ブラブラ体操(両腕を後ろに引き上げて反動で戻す)を5分、丹田たたきを12分、

全身プルプル運動を3~5分行って、

そのあとに顔にスチームを当てながら瞑想を10~15分行うことを日課にしています。

 

仕事に行っているときはやりたくても忙しい朝にこんなことできませんでした。

今は自分のためになることに思いっきり時間を取ることができて本当に幸せです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

このようなエクササイズのうえに、日常的に放つ言葉に意識をする。

なるべくネガティブな言葉は言わない。これは意識するだけでもかなり違います。

愚痴や悪口はもってのほかで、このような言葉には毒があり、

言っている自分だけでなく、聞かされているほうにも悪い影響を与えます。

ポジティブな言葉(例えば斎藤一人さんの天国言葉:愛してます、ついてる、うれしい、楽しい、感謝します、幸せです、ありがとう、許します)には良い波動があり、それが自分の周波数を上げるんです。

 

理想とするものの周波数と自分の放っている周波数が合致した時に

引き寄せの法則が起き、理想が叶うそうです。

もし現状に満足できずにあなたが生きているんだとしたら、

こんなことを意識しながら生きていくっていう方法はいかがでしょうか。