目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

気づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

相対するもの(天使と悪魔)

自分の中にいる人格はひとりでしょうか?

私がよく思い出すのは、

サザエさんで時々出てきた、

天使のカツオと悪魔のカツオです(;^ω^)

トムとジェリーにもよくありました。

葛藤しているシーンですよね。

私にも間違いなく、

天使のみきっぺと

悪魔のみきっぺが内在しています。

 

この世には、

必ず何かが存在すると、

それに相対するものも存在します。

だから成り立っているのです。

これは原子からしてそうなんですね。

そのようにできているのだから、

これは自分の中に、

天使も悪魔も共存していることを

嫌でも認めるしかないわけです。

 

この両方が無ければ、

この世界は成立せず、

私たち人間もここに存在しないわけです。

それは太陽と月があるようなものです。

すべては相対するものの存在があって

バランスを取れているわけですね。

 

あくまでこのバランスが大事なわけですが、

この事実を受け入れがたく感じる人たちは、

かえって悪魔にいいようにされているかもしれません。

悪魔が付け入るのは、

これを恐れる人間の意識の中にこそ存在するからです。

「悪いことを考えてはいけない」と

思えば思うほど、意識はそちらに向かうので、

悪いことを考えてしまいたくなるような現実が起きてきます。

 

しかし、悪魔的な自分がいて当たり前だとわかっていれば、

恐れることもありません。

悪魔の居場所は、

悪魔を恐れる人間の意識にこそあるからです。

悪魔側の自分はいて当たり前だし、

それは自分だけじゃなく、

すべての人にもあるわけです。

だから否定することもないんですよね。

 

そのことが理解できれば、

悪魔に心を支配されることも無くなります。

たとえば何かにイラついたりしたときに、

「あ、これは私の中の悪魔の仕業だ」って思えたら、

自分を責めることが無くなりますよね。

「だったら悪魔の良いようにはさせないよ」って

思えませんか?

私はそう思えたら、

かなり気が楽になりました。

悪魔が大好きな恐怖をなるべく持たない生き方をする。

悪魔が人間の意識をコントロールするのに、

最も優れているとしてあげる恐怖の種類は、

貧困、非難、病気、失恋、老い、死への恐怖です。

なかでも貧困と死への恐怖というのは効果がテキメンのようです。

 

この恐怖に打ち勝つために、

さぁ、どんな思考の仕方をしましょうか。

くどいようですが、

それはただ、その存在を

あって然りと認めることだと私は思います。

 

もっとくわしく悪魔について知りたい方は、

手に取られたほうが良いと思います。

 

悪魔を出し抜け!

悪魔を出し抜け!

 

 

今日もお読みいただきありがとうございました。 

私のモチベーションアップにご協力ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村