目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

気づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

子供はあなたのコピーです

「子供はあなたのコピーです」

このキャッチフレーズのCMを覚えている方は

いらっしゃいますか?

古い公共広告機構のものです。

探してみたらYouTube動画にありました。

めちゃめちゃ荒い映像ですが…。

 


[AC CM]公共広告機構 子供は、あなたのコピーです

 

私が中学生頃のCMでしょうか。

ちょっといつ頃のものなのかはっきり覚えてはいないのですが。

改めて観てみるとものすごく時の流れを感じますね(;^ω^)

そんな古いCMなんですが、

私はなぜか、このキャッチコピーが、

ものすごく印象的で、忘れられず、

今でもちょくちょく思い出すんです。

 

このCMでは、

マナーについて訴えていますが、

私は特にマナーに限ったことだと思いません。 

www.charlotte102-blog.net

100回聞き終えたばかりの斎藤一人さんの

「すごく簡単に幸せになる方法」に、

こんな節があります。

 

子供に期待するんだったら、

親が見事に働いて、

立派に自分の姿を見せな。

それが教育だから。

 

お話の中で一番好きなところです。

百聞は一見に如かずと言うじゃないですか。

いろんな講釈を垂れてみたところで、

自分の行いがそれに伴っていなければ、

教育どころではなく、

ものすごくかっこ悪いことになっちゃいますよね。

 

イチバンの教育は、

親の幸せな姿を見せることだと思うんです。

よくいるじゃないですか。

私は子供が立派に成長するまではどんな苦労でもする!

…とかいう人。

正直、子供にしたらいい迷惑だとしか思えません。

だって、親子じゃなくたって、

誰かが自分のために窮屈な思いをしているとしたら、

「お願いだからやめて」って思いませんか?

親が大変そうで、

いつも疲れた顔をしているのは、

自分のせいだって子供に思わせるのは、

大間違いだと私は思うんですね。

 

親も子供もお互いにちゃんと想い合っていれば、

あれしちゃいけない、これしちゃいけないということはないわけです。

自分の自由のためだけに、

子供をほったらかして、

衰弱させたり、死なせたりということとは違います。

ちゃんと想い合っていれば、

そんなことにはなりませんよね。

 

先日読んだこちらの本にもジーンとくる一節がありました。

「また、必ず会おう」と誰もが言った。

「また、必ず会おう」と誰もが言った。

 

 

子供は信頼して

待ってくれる人さえいれば、

才能を開花させることができる。

 

親は子どもの能力と

その成長を信頼するのみ。

そして待つ。結果を焦らない。

 

現在親である我々も子供の時代があり、

親に対してその時々でいろんな思いがあったと思います。

立場が変わると、

人間っていとも簡単に考え方まで変わっちゃうんですよね。

ま、それが人間ってものなんですが。 

 

我が子だけじゃなく、

これからの時代を担っていく多くの子供たちに、

大きな希望を与えられるような大人になり、

それをコピーして受け継いでもらいたいものだと思います。

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

読んでくれたあなたのことが大好きです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村