目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

気づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

暗示のチカラ

いま、『マーフィー眠りながら成功する㊤』を読んでいるのですが、

そこに書かれていた「暗示」のチカラについて、

チラッと書かせてください(;'∀')

マーフィー眠りながら成功する (上) (知的生きかた文庫)

マーフィー眠りながら成功する (上) (知的生きかた文庫)

 

 

これは『人生の扉を開く「万能の鍵」』にも書かれていたことですが、

病気や苦しみとは人間が作り出したものであって、

神が作り出したものではないということです。 

(文庫)人生の扉をひらく「万能の鍵」 (サンマーク文庫)

(文庫)人生の扉をひらく「万能の鍵」 (サンマーク文庫)

 

病気とはそれぞれが作り出したもので、

勝手に人間は自分たちが作り出したものに

勝手に苦しみ、ひどいと命さえ落としてしまうのです。

そんなことは信じられませんか?

 

今までにも何度か書いたことがあると思いますが、

いちばん大きな影響ってテレビや雑誌じゃないかと思うのです。

40代になったら成人病に気をつけようとか、

ガンについて…脳梗塞について…糖尿病について…

それらの番組を見て抱く感情って、

だいたい恐れじゃないかと思うのです。

ま、テレビだけじゃないですよね、もちろん。

周りの人との会話、これも大きい。

先日も私を含めて40代女性3人で話していたのですが、

だんだん会話のテーマが一昔前と変わってきていると…。

これがまた10年経ったら…

今度はどこの病院の先生が良いとか、

あっちが痛い、こっちが痛いなんて話になるんだろうねって。

 

人ってだいたいそんなもんだろう

…という暗示にかかっているからです。

だいたいそのくらいの年齢になれば、

白髪が生えてきて、

お腹が出てきて、

目がかすんできて…。

でもこれ、当たり前だと思わされてるだけだとしたら、

どう思うでしょう。

私は希望の光を見出しましたね(^▽^)

 

だって実際いらっしゃいます。

この勘違いされがちな常識とは、

まったく関係がなさそうな年不相応の人が、

世の中にはたくさんいらっしゃるのです。

よく聞いた言葉は美魔女ですかねぇ。

アレは奇跡じゃなく、

あっちの方が本来の姿なのだとしたら…。

本の中にはこんな文章があります。

病気のことを考え続けて健康になるはずはない。

 

今までうまくできていたことが、

意識し始めたら急にうまくいかなくなることってありますよね。

よくあるのは、歩く幅。

広いと難なく歩けるのに、

狭くなればなるほど途端にその足取りはおぼつかなくなります。

恐怖心が人の心やカラダを萎縮させ、

これがひどいとストレスとなり病気を作ります。

ストレス=病気って考え方自体も思い込みかもしれません。

 

世の中の常識がすべて正しいと思っているのが、

自分の人生から自由さを奪っているとしたら…。

本当は天寿を全うするその瞬間まで、

誰もがピンピンしていられるのだとしたら…。

それは可能だと思います。

どうせならそうありたいと思いますし。

 

とにかく間違った暗示は今すぐ解いて、

もっと幸せな方向に暗示をかけてみませんか?

明日も暗示について考えてみたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

 

 

 

P.S. 

私はいつもブログを書いたら、

Facebookで記事をシェアしているのですが、

昨日の土鍋ご飯の記事に対して、

心優しき元同僚から

使っていない炊飯器譲るよって

コメントをもらいました。

本当にうれしかったです。

ありがとう(人''▽`)☆

またたくさんブックマークでもコメントをいただき、

本当にありがとうございました。

みなさまの温かい心に感謝してます♡