目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

眠気チャンス♪

子どもの頃や若い頃って、

昼寝って何?ってくらい、

全然、眠いって感覚は無かったのですが、

出産してからというもの、

もうかれこれ17年、

昼寝をしない休日はないってくらい、

眠気と闘っては負けてきました(笑)

 

f:id:charlotte102:20180602212558j:plain

昔、オーラの泉で、

片岡鶴太郎さんがゲストだった時に、

「眠くて眠くて仕方ない時期があった」と

おっしゃっていました。

それに対して、江原さんや三輪さんは、

「それは向こうの世界に戻って、

 これからの生き方について相談しているんですよ」

というように回答していました。

なるほどなぁ、眠っているときって、

生まれてくる前の世界にもどり、

今現在生きている現実世界で

どのように生きていくのかを相談したり、

休憩したりしている大事な時間なんだなって思ったものです。

サッカーやバレーボールなどの

試合でとるタイムみたいなものでしょうね。

監督のアドバイスを受けたり、

水分を補給したり、

作戦をたてなおしたり…。

 

なのに最近の私は、

この睡魔が邪魔だと思うようになっていました。

本を読みたいのに眠くなる。

これが一番の困りものでした。

無理して睡眠時間を削ってでも学びたい。

何か自分にプラスになるようなことを吸収したい。

ただでさえ時間が無いのに、

眠ることに時間を割きたくないと思っていました。

 

しか~し、

今日、「マーフィー 眠りながら成功する㊤」を今日読み終え、

眠気ってチャンスでしかないんだと思いました。

マーフィー眠りながら成功する (上) (知的生きかた文庫)

マーフィー眠りながら成功する (上) (知的生きかた文庫)

 

眠る直前と目覚めた直後というのは、

顕在意識がちゃんと働いていないので、

潜在意識に望むものを届けやすい時。

この時間さえうまく活用できれば、

人生は成功したも同然といっても過言ではないと思いました。

 

私が本を読むと眠くなるのは、

潜在意識レベルで

それを吸収しようとしていたからなのではないかと思ったんです。

私がここ3年弱で読んでいるのは、

成功法則などの自己啓発系。

ここにあるのは共通したある一つの真理です。

この世のしくみ。

その真理さえわかれば、

人は不幸になりえないのですよ。

 

「マーフィー 眠りながら成功する㊤」には、

病気になったり、貧困にあえいだりするなどの

不幸と感じる現象は、

潜在意識と意識する心(顕在意識)との

調和がとれていないことから起こるのだと書かれています。

 

自分が幸せになることは、

どういうことでしょうか。

自分が幸せになることに、

人の不幸は必要でしょうか。

自分さえよければという利己的な願いは、

真理から大きくずれているために、

思うような幸福を得られません。

 

自分が幸せになるのは、

世界平和のためだと堂々と思えたときに、

ふたつの意識の調和がとれ、

望むことは叶えられるのです。

潜在意識にできないことはない。

不可能はないのです。

 

正当な願望を持つことができたら、

眠る直前にその願望がすでに叶ったという

感情(感謝)を伴ったイメージをもちます。

こうすることで潜在意識に本当の望みを届けるのです。

眠くなったら、

自分の願望をかなえるチャンスだと思いましょう。

そしてそれを100%信じて、

ただひたすら続けること。

自分によい暗示をかけるのです。

それが世界の平和のためだから。

 

 

今日も最後までお読みいただき、

本当にありがとうございました。

よろしければポチっとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村