目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

理想は自分の未来像

子どものころ(特に女子かな?)、

アイドルに憧れたりして、

成りきって踊りながら歌ったりしませんでしたか?

その頃は、

成れるとか成れないとか思いもせずに、

ただ素直に自分がやりたいことを

やっていた。

 

だけど、成長するにしたがって、

学んできたのは、

自分に限界を設けることだったのかもしれません。

「いつまでも夢みたいなこと言ってないで

  やらなきゃいけないことやってしまいなさい」

こんなちびまる子ちゃんのお母さんみたいなセリフを

実際に言われて育った人は少なくないのではないでしょうか。

 

いつの間にか、

理想は夢に終わらされてしまっていました。

これはその言葉を言った親や先生のせいではありません。

その言葉を言わせているのは、

潜在意識の中の自分ですからね。

どんな人生も誰かのせいじゃなく、

自分のせいであって、

成功したのも自分のおかげで、

失敗も自分のせいなんです。

 

人は見たことも聞いたこともない世界や人に

憧れることはありません。

知らないものはあくまで知らないのですから。

きれいな海を知らない人は、

行きたいとも思えません。

素晴らしい音楽を知らなければ、

コンサートに行きたいとも思いません。

知らなければそれまでなんです。

人は想像するものですが、

まったく知らないことを想像することは、

なかなかできるものではありません。

 

想像できるものを人は創造することができます。

この世界に存在しているものは、

一度は誰かの想像上のものでした。

想像できないものは創造できないのです。

 

いまの自分の姿を見てください。

どう感じますか?

自分の姿は、自分が想像してきた姿です。

もしも納得のいく姿でないとするならば、

いろいろとあきらめて手放してきた結果なんです。

しかし、もう遅いということはありません。

子どものころの感覚に戻りましょう。

何も制限をかけていなかった純粋だった子供のころ。

想像することは自由ですよ。

この想像にすら制限をかけてしまっていては、

せっかく与えられた才能を無駄にするだけなんです。

 

想像すること、考えることは、

人間に与えられた神様からの

とても大きなプレゼントです。

理想は夢じゃない。

理想は実現可能な目標です。

決めるのは第三者じゃなく、自分です。

 

ちょっと考えてみてください。

もしも、その理想を実現したら、

その時の自分には何ができると思いますか?

誰かに希望や光を届けられると思いませんか?

単なる自己満足だと思うことも、

実は誰かのためになっているんですよ。

だから、幸せになりたいと願うことは、

少しもやましいことではないのです。

こうすれば幸せになれますよと、

そうじゃない人に言われても、

ピンと来ないでしょう?(;^ω^)

「なるほどな」の人になれ

母がよく言う言葉です。

だから私にはもっともっと幸せになる義務があります。

あなたにももっともっと幸せになる義務と権利があります。

幸せじゃないと思うなら、

まずは幸せになる決心をしましょう。

これは自分に課せられたミッションですよ~。

私はとりあえずピンクレディーになります(笑)

個人の自由ですからね(*´艸`*)♡

f:id:charlotte102:20180707232443p:plain



今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日も皆様にとって恵みの多い1日となりますように。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村