目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

私は〇〇恐怖症です。

みなさん、苦手なものってありますか?

何も怖くなければ、

どんなに生きやすいだろうと思うものの、

怖いと思うからこそ、

危険な目にあわずに、

生きながらえてきているということも言えますよね。

 

f:id:charlotte102:20180728213445j:plain

でも、何でこれが怖いんだ?って、

自分でもわからないものもあります。

私の三大恐怖対象物は、

虫。

集合体。

巨像です(;^ω^)

 

まずは、虫。

これはもう過去世で虫が原因で、

病気になったか、

死んだんじゃないかというレベルで

大っ嫌いです。

それでも私が住んでいる地域は、

函館であるものの、

小高い山にあるので自然がいっぱい。

だから蛾のサイズはひどければ

手のひら級のがいたりします。

去年の夏からはカメムシの大量発生に悩まされました。

だからか、

ここに引っ越してくる前の私に比べると、

少し虫に強くなった気がしています。

 

次、集合体。

あ’’~~、この字を打っただけで鳥肌が全身に。

これは全く理由がわかりません。

でも結構、苦手な人も多いですよね。

うちの母親も苦手なのですが、

苦手なくせに見たがり、聞きたがり。

いったい、どういう心理なのでしょうか。

私にはありませんが、

臭いにおいをかぐのが好きな人っていますよね。

臭いんなら嗅がなきゃいいのに、

「くっさ~!」とか言いながら、

何回も嗅ぐ人。

見てて面白いからいいのですが、

これも不思議な心理ですね。

 

そして最も理解されがたいのが、

巨像恐怖症。

drakeさん(id:kemoxxxxx)さんが、

職場の皆さんに私のこの巨像恐怖症のことを

話したら、

「え?なにそれ。象が怖いの?」って。

読んで字のごとくで、

もちろん象が怖いわけじゃありません。

そりゃあんまり近くにいたら怖いですけど…。

とにかく大きな像が苦手なんです。

たとえば仙台大観音。

tohoku360.com

 この画像だけで後ろに吹っ飛びそうになりました。

あとは、マーライオンとか、

大きすぎる神社の鳥居とか、

大きいものすべてがダメというわけではなく、

神々しい大きなものが苦手なんですかね。

うちの近くにも昔、

私が恐れていた達磨大師があります。

若いころはそこに無理やり連れて行かれそうになり、

生まれて初めて腰を抜かしました(;^ω^)

今は近所で、

毎日そこを通っているので、

すっかり慣れてしまい、

まったく怖くありません。

 

そこでだいぶ前に読んだ本に書いてあったことを

思い出しました。

何の本だったか忘れてしまったのですが、

恐怖はその対象がたくさんある状況の中に、

ある程度の時間、身を置くと、慣れてしまい、

恐怖は消えるのだというようなことが書いてありました。

 

現在の住まいになってから、早16年。

達磨大師は完全クリア!

虫は少し克服できました、ま、ほんの少しですが。

対象物が完全に目に見えるものじゃなくても、

目に見えないネガティブな感情とかにも使える手です。

ものすごいネガティブな感情が湧いてきたら、

それを消そうとせずに

あえてめちゃくちゃ浸ってみる。

苦しみもそこから逃れようとせずに、

あえて苦しみ切ると抜け出すための光が見えてくる。

 

要するに逃げたらいかん!ってことでしょうか(笑)

 

みなさんはどんなものが怖いですか?

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日も皆様にとって笑顔の絶えない1日となりますように。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村