目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

気づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

マインドブロックも不満も神様からのプレゼント

昨日の記事では、

欲は幸せへのヒントということを

書かせていただきました。

では、この欲というのは、

どこからやってくるのでしょうか。

 

 

どんな欲にも起きる源がある

欲ってどんなものでしょう。

食べたい

寝たい

遊びたい

お金がほしい

恋人がほしい

キレイになりたい

モテたい

いろんな欲があります。

これらの発生する源は、

そうじゃない現実ですよね。

たとえば、

お腹が空いた

疲れた

貧乏だ

ひとりは淋しい

自分を好きになれない

…とこういう現状があって、

それを何とかしたいというところから

欲というものが生まれてくるわけです。

 

もし現状が満足のいくものだったら欲は生まれない?

何もかもが満たされている。

こんな状況で生きている人は、

この地球上にどれくらいいるのでしょうか。

そういう世の中だったら、

争いごとなんかは起こらないでしょう。

しかし、

満たされているという状況に、

慢心してしまっては、

それ以上の成長や発展は望めないということになります。

不足に思うのではなく、

もっと良くなりたいという上向きな心。

向上心という欲もこの世界には存在しています。

 

マインドブロックを視覚化しよう

人が幸せだと感じるためには、

人生の8つの柱(要素)のバランスがとれていることだと

先日の記事で紹介させていただきました。

www.charlotte102-blog.net

心、仕事、お金、時間、成長、貢献、人間関係、健康。

このいずれかが欠けていると、

本当の意味で幸せとは言い切れないんですね。

f:id:charlotte102:20180903220547p:plain

それぞれの項目についての満足度を

書き入れてみると、

どこに苦手意識が働いているのかが

目に見えてわかります。

私の場合、こんな感じになりました。

f:id:charlotte102:20180903221405p:plain

お金、仕事、時間が主に苦手な分野であり、

思い通りに行っていないという感覚があるということですね。

これを俗にマインドブロックと言います。

 

マインドブロックは成功への障害壁ではない?!

マインドブロックと言えば、

成功への道のりの障害壁だと思ってしまいがちですが、

これも実は自分自身を前に向かせるために

存在しているものなのではないかと思います。

苦手に思う→克服したいと思う→克服→成功

という構図が成り立つことに気づいたからです。

 

人は生まれながらにしててっぺんを目指している

人はみな、魂を浄化し、

さらに成長させるためにこの地球に生まれてきます。

だから知らず知らずに上を目指すものなのです。

f:id:charlotte102:20180903223130p:plain

しかしそれは上り坂であるために、

心して進まなければ、

下にズルズルと落ちてしまいます。

てっぺんに明確な願望をかかげ、

いかなる困難にも立ち向かう覚悟をすれば、

必ずやその頂に立つことができます。 

8つの柱のバランスを満たし、

その頂に立った時、

また次のステージに進むことができます。

飛躍的に進化できるのです。

 

どうしててっぺんを目指すの?

ちなみに私たちが上を目指すのは、

実は自分のためだけじゃないんです。

私たちはみな、心の奥の奥底で、

集合意識という世界でつながっています。

私が得た知識や経験は、

その集合意識に送り込まれ、

誰かの役に立ったりするのです。

そして誰かが積んだ経験は、

すごーく深いところで私の経験になる。

NARUTOの多重影分身をイメージしてもらうと

わかりやすいと思います。

分身が会得したものは、本体が会得したものとなる。

だから生き物って状況に合わせて進化するんですよね。

自分のためだけだと思うより、

これが誰かのためにもなりうると考えると、

そこに利己的な精神は無くなります。

よって自分の成長は世界の平和のためだということになるのです。

 

まとめ

生きているといろんな困難や苦労に行き当たります。

でもそれは、まだまだ上を目指せるよということ。

つまり今よりも素晴らしい世界が、

自分次第で切り開けるということなんです。

この人生でどこまでコマを進められるか。

あくまで戦うべき相手は、

諦めたり、怠けたくなる弱気な自分です。

どんな欲望も願望も世界の平和を願う

愛のある心から生まれている…ということを知り、

どんどん幸せになることに積極的になりたいものです。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日も私にとって皆様にとって、

気づきの多い1日となりますように。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村