目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

気づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

お金持ちになりたければ…お金のために働くな!

あなたはなんのために働いていますか?

私はこれまで、

生活費(つまりお金)を稼ぐために働いていました。

日本には、

働かざるもの食うべからず

…なんて言葉もありますからね。

 

 

収入はセルフイメージで決まっている

私も全くその通りの考え方でしたが、

お金のために働くという行為は、

働きに見合った時給分しか得られないことを

知ったうえで働いているので、

なかなかそれ以上にすることができません。

時給900円だったら、

5時間働いたら4500円。

これ以上にはできないのが現実です。

そう思って働いているから、

それ以上の現実になかなかできないことが

おわかりになるでしょうか。

自分の労力(=自分の存在価値)は時給900円の価値しかありません

…ということを

自分で認めて働いているんです。

 

働くことの本当の意味

働くことでお金が得られるのは現実として事実です。

しかしその働くことの本来の目的はそもそも何でしょうか。

独自の感性で漢字を研究されているゴルゴ松本さん。

彼の解釈が好きな知人から聞いたのですが、

働くの意味は「はたをらくにする」ということだそうです。

つまり誰かを楽にするための行為なんですよね。

楽をさせてもらった人は、

楽にしてくれた人に感謝という感情を持ちます。

この感謝こそがお金というカタチになって

その姿を現すわけです。

つまり

お金=感謝

…だというわけです。

 

f:id:charlotte102:20180913172445j:plain

だとしたら何のために働けばいい?

だからお金のために働くというのは間違いなんです。

感謝という言葉をすっ飛ばしてはいけません。

お金を得たいと思う前に、

私たちは感謝される人にならなければいけないのです。

それに価値をつけるのは、

自分ではなく、感謝してくれる人なんです。

時給900円分しか稼げなくてもいいは、

時給900円分しか感謝されなくていいということになります。

この言葉の違いがヤル気の違いにつながると思いませんか?

 

感謝される人になるにはどうしたらいいかを考える

これは今の仕事を辞めるべきと言っているわけではありません。

今の仕事が楽しく好きならば辞める必要はありません。

ただ時給通りに働く必要はないということです。

もっと得たければ、

もっと感謝してもらうことに意識を向けて、

そのために働くことです。

精神としては奉仕です。

奉仕とは見返りを求めない愛ある行為です。

これが感謝につながるわけです。

では、

感謝してもらうにはどうしたらいいでしょうか。

逆を考えてみてはどうでしょうか。

つまり自分が感謝している人を考えてみる。

どうしてその人に感謝しているのかを考えてみるのです。

いつも笑顔で接してくれる

いつも気遣ってくれる

いつもポジティブな気持ちにさせてくれる

そんな人は周りにいませんか?

周りにいなくても本でもいいんですよね。

憧れる人とか、

こんな人になりたい!

そういう人を見つけて、

その人のマネをする。

その人になりきる。

自分のセルフイメージを

その人に限りなく近づけるのです。

 

奉仕の報酬は必ずやってくる!

奉仕の報酬は必ずやってきます。

しかし、

それは必ずしもその相手から得られるというわけではありません。

急にフワフワした感じになってきましたか?

そんなわけないじゃんって思ってしまいませんか?

私がそう思っていたので、

そう思う方もいらっしゃることと思います。

でもその考え方こそが、

お金のマインドブロックで身動きが取れていない証拠なのです。

世の中にはなぜかツイてる人っていますよね。

もしも本当に、

働いた分しか得られないのであれば、

ツイてる人がいること自体がおかしいということになります。

でもたしかに恵まれている人、ツイてる人っていますよね。

それこそが報酬なんですよ。

 

報酬を受け取るために必要なもの

ただ、これまでの自分の考え方や

または期待という執着が邪魔をして、

思うように報酬を得られず、

生活に困ることもあるかもしれません。

でもそれは困るということが必要だから起きるんです。

困ってみないとわからないことに気づくために困るのです。

困ってもいいや!という覚悟を決められる人だけが、

前に進むことができます。

困りたくない人は行動しないでしょう。

そんな人は行動しなくてもいいんです。

それは悪いことではありません。

行動しないということは大きな成長につながらないということを

学ぶときを過ごしているということだけですから。

 

スピリチュアル的なまとめ(;^ω^)

お金がたくさんあることも豊かと言いますが、

豊かという言葉は富だけに限ったことではありません。

愛情だって豊かという表現を使います。

心や言葉などもそうです。

豊かの反対は少ない、乏しいということです。

お金に豊かになりたければ、

ほかのことも豊かにするべきなのです。

波動です。

豊かな波動を出せば他の豊かさを招くのです。

類は友を呼ぶ法則です。

利己的、つまり己の利益しか考えない人の思考は、

実に乏しく、けっして豊かとは言えません。

今すぐ豊かになりたければ、

利己的な自分とお別れしましょう。

それは成長や進化という変化を恐れる弱い自分でしかありません。

得たければ先に与える人になろうということですね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もこの宇宙に住まう人々にとって今日より平和な一日となりますように♡

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ
にほんブログ村