目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

気づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

どんなものも認めてみたら…

生きているといろんなことが起きます。

うれしいことも楽しいことも、

悔しいことも腹立たしいことも、

悲しいことも…。

いろんな人にも出会います。

好感が持てる人、

そうじゃない人。

これらの感情や出会いは、

何のために起こるのでしょうか。

 

認めると認めない

ちょっと考えてみました。

認める認めない

どちらが幸でどちらが不幸でしょうか。

それはその対象になるものによって

違うかもしれません。

でも、案外、

認めないは認めたくないじゃないかな…

なんて思ったりしました。

認めないと認めたくないは、

受け入れたくない、許さないということですよね。

そして認めるには、

受け入れる、許すというニュアンスがあります。

喜んで受け入れるも、

仕方なく受け入れるも、

どちらも認めるに違いありません。

何でも存在って、

認めるのと認めないのとで、

大きな違いが出るような気がします。

 

それは目に見えるものも見えないものも

存在って目に見えるものだけでしょうか。

目に見えないけれど確かにあるものってありますよね。

この世界で私たち人間が見えているものって、

全体のわずか4%にすぎません。

ほとんどのものは見えないのです。

音だって人間には聞こえない音があったりします。

同じ人間でも、

年齢によって聞こえる音が違いますし。

感情も意識も同様です。

確かにあるけど目には見えない。

表情はサインでしかありません。

たしかにあるのに認めないことって、

どんなことでしょうか。

スピリチュアルとか精神世界とか聞くと、

とたんにうさん臭く聞こえてしまう人もいるでしょう。

でももし、その存在を認めてもらえないのが、

自分だったらどうでしょうか。

それって無視ですよね。

確かに見えているのに、

見えないふりをする。

たしかに聞こえているのに、

聞こえないふりをする。

誰だって、何だって、

その存在を認めてもらえないとつらいものです。

もし自分が認めてもらえない存在だったとしたら、

あなたならどうしますか?

透明人間として生きることを選ぶか、

何が何でもその存在を認めさせようと

何かしらの行動をとるか。

 

認めたくないものって何だろう?

私の場合は、

恐れや不安や心配ですね。

そういう感情を抱くと、

逃れたいと思います。

つまり認めたくないと思っているんです。

もしも、ガンだと診断されたら、

すぐにはガンを受け入れられないでしょう。

もしも、愛する人に別れを告げられたら、

それも認めたくない現実になりますね。

これらは、

認めたくないと思っている間じゅう、

自分を苦しめる要因です。

ある程度時間が経って、腹をくくり、

受け入れることをすると、

とたんに世界が変わります。

認めると楽になるのです。

それは抵抗しなくてもよくなるから。

抗うときは傷つくものです。

順応したほうが傷は少ない。

でも時には時間という薬が、

必要にはなります。

 

楽になったら幸せまであと一歩

つらい現実を受け入れる、

つまり認めることができたら、

とたんに楽になる。

認めてさえもらえれば、

その存在は騒ぐ必要がなくなるからです。

f:id:charlotte102:20181019213205j:plain

楽になったあとは、

さらにもう一段階のステップを踏むことで、

幸せになることができます。

それは認めた対象のものに、

感謝をすることです。

これは私の経験ですが、

ある職場に苦手なタイプの人がいました。

最初は、

「嫌な人だなぁ。どうしてそういうことするんだろう。」と

思っていました。

その人の言動を認めようとしていなかったのです。

しかし、

自分の心を良くも悪くも動かす相手というのは、

自分の氣づきや成長を促すための存在なので、

それを認めてみました。

この人は私に何かを氣づかせようとしているんだと。

つまり私の成長のためにこういう言動を

私に見せているんだと。

そうしたら、その人に対して、

感謝の気持ちが湧いてきました。

直接、相手に言うことはしませんでしたが、

心の中で「ありがとうございます」と

言ってみました。

すると本当に不思議と

その人が変わったんです。

優しく話しかけてくれたりするようになりました。

これには本当に驚きました。

 

トラブルは人生における試験問題

それはもちろん、

対象となる存在が、

人でなくても同じだと思います。

動物でも感情でも病気でもお金でも…、

私たちの心を動かすありとあらゆるすべてのもの。

認めたくないものを認めて、

何ならさらに感謝もできてしまうと、

たいへんよくできました(o^―^o)ニコ

と言わんばかりに幸せというご褒美が来ます。

逃げたくなるような現実にこそ、

しっかり目や意識を向けて認めてありがとう。

生きていて大なり小なり、

何も問題が無いという人は、

おそらくいないでしょう。

その問題は、

すべて解決できるものです。

あなたという存在を作りだした存在は、

そんなに意地悪じゃないんですね。

難易度はさまざまあっても、

乗り越えられない問題は与えないのです。

 

あとがき

まったく何も問題が

無い人生だったとしたら…

どうでしょうか。

それっていたってつまらないものだと思いませんか?

いつも安心していたい反面、

ずっとぬくぬくしていると、

いつかは飽きてしまいます。

ときにピンチが訪れ、

それを乗り越えるたびに、

達成感や優越感を得られる。

どんなこともどう受け取るかの問題。

そしてどう対処していくのかで、

現実はどうにでも動く。

すべては自分次第だということですね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

またブックマークでコメントをくださる皆様にも大感謝です。

明日も皆様にとって笑顔の絶えない一日となりますように♡

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村