目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

気づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

やりたいことを私はこうやって見つけた♪

今日は3本目の動画を撮りました!

タイトルは、

やりたいことを見つける方法!です(;^ω^)

20分弱の動画になりました。

よろしければおつきあいくださいね。

ものすごい筋肉質な腕は氣にされませんように(笑)


やりたいことを見つける方法!

ブログでは、

私はこうやって見つけたというところを書いてみたいと思います。
 

現実の中に埋もれてしまったもの

子どもの頃は、

将来、お花屋さんになりたいとか、

学校の先生になりたいとか、

プロ野球選手になりたいとか、

何の制限もなかったから、

思い思いに好きなことを想像していましたよね。

私は先日も書きましたが、

本当に小さい頃には、

レジを打つ仕事。

小学生の頃には、

事務員さんや学校の先生にも

憧れていましたね。

高学年になってくると、

女医になりたい!とかも、

思ってました。

だから、小中学校の時は、

結構、一生懸命勉強をしました。

志望校にも合格し、

このままそのモチベーションを維持し、

勉強をつづけていれば、

お医者さんななることも可能だったと思います。

では、なぜ叶わなかったのか…。

現実を見てしまったんですね(;´∀`)

高校に入ったとたん、

だいたい学力の差が縮まるので、

自分の高校における実力を

知ってしまったのです。

最初のうちは頑張ってみたけど、

思いどおりに伸びない成績。

そして、新しくできた友達と

遊ぶことが楽しく、

勉強はどんどんおざなりになってしまいました。

叶えたかった目標もどこへやら…。

 

そして社会人になったら…

高校在学中に、

就職を決めることすらしなかった私。

とりあえずバイトでいいや。

そんな感じでそれまでも

お世話になっていたコンビニで、

フルタイムで働き始め、

そのあとは、

気まぐれでいろいろ転職しました。

歯科助手、薬剤師助手、

パチンコ店従業員、

スーパーのレジ、事務…。

スーパーに入る頃には、

とりあえずこれならできそうかな…ってなくらいの感じで。

特にやりたい仕事ではなかったです、最初から。

そして、結婚し、

ふたりの息子を年子で出産し、

次男が1歳になった2か月後に、

スーパーに深夜帯で戻りました。

当時の私は育児に家事に仕事に…と、

自分の楽しみなんて、

仕事が終わってからビールを飲みながら

パソコンでオンラインゲームをやることくらいでした。

 

少し自分の時間が持てるようになったら…

子どもたちが小学生になると、

夫婦間に違和感を覚え、

離婚をしました。

そして、

子どもたちが

だんだん自分のことは、

自分でできるようになったころ、

自分の時間に余裕が出てくると、

次に私が味わったのは、

虚しさでした。

私ってあとはこのまま、

年を取って死ぬだけなのかな…。

漠然とそう思い始めました。

私っていったい、

何のために生まれてきたんだろう??

そんなことを考え始めると、

生きていることがだんだん苦しくなってきました。

何かやりたいことでもあればいいんだけど…。

 

私に氣づきを与えたものは…

私を導いてくれたのは、

なかなか成就しない恋愛でした(;^ω^)

結婚する前までの私は、

比較的、恋愛に悩むってことが

ありませんでした。

それが離婚後、

実に7年くらい、

叶わない恋愛に苦しんだのです。

苦しさも極みまで行くと、

ありがたいことに、

ちゃんと光が見えてきます。

そこで出会ったのが、

佐藤富雄さんの「お金も愛も鷲づかみ」でした。

ここから私の生き方が、

ガラリと変わったのです!!

 

そして見つけたやりたいことは(今のとこ)…

私の場合は、

潜在意識の使いようで、

人は自分の人生を思い通りに

変えていけるんだということへの学びに

没頭しました。

いろんな方の本を読み漁りました。

そしてその学びを深めるうちに、

これを他の誰かにも伝えていきたいと

思うようになったのです。

それでブログを書き始めたわけですが、

何となく、

回り道をしたりもしましたし、

数マス戻ったりもしましたが、

私はこうやってやりたいことを見つけました。

 

それ以外の方法は?

まず理想的な人生の最期のシーンを設定すること。

最終的なゴールが決まれば、

そこからさかのぼって、

じゃ、何歳ごろにはこうなってて…

っていうのが見えてきます。

また、子どもの頃に時間も忘れるくらい好きだったこと、

なぜか得意だったこと。

このあたりにもヒントがあります。

そして、私が大好きなKeikoさんの

月星座から知る…なんていう方法もありますよ。

月星座とは、

自分が生まれたときに月が何座にあったかというもの。

一般的に言われている星座は、

月ではなくて太陽があった位置なんですよね。

太陽はどちらかというと男性で、

月は女性なんです。

あくまでどちらかというと…っていうことであり、

どちらの要素も取り入れるといいと思います。

ちなみに私は射手座でして、

外国にかかわることがラッキーアクションなんですよね。

こんなところからも探ってみてはいかがでしょうか。

自分の心にピタッとしっくり来るものには、

とりあえずチャレンジしてみる。

それがそのままやりたいことになるかもしれないし、

それをやることで見えてくるものもあると思います。

大事なのは頭で考えるのではなくて、

心で感じることです。

心の声をしっかり耳を傾けて、

本当のあなたの生き方を追求してくださいね。

 

あとがき

月星座に興味を持たれた方は、

Keikoさんのブログから見られるといいかもしれません。

もっと早く行動したい方は、

お金というエネルギーを使って、

書籍を買われるのも良いでしょう。

使ったエネルギーは必ず、

何かしらの形で返ってきますよん。

これが自己投資ってやつですね。

興味がある方にみきっぺのおススメを載せておきます。

Keiko的Lunalogy 自分の「引き寄せ力」を知りたいあなたへ

Keiko的Lunalogy 自分の「引き寄せ力」を知りたいあなたへ

 
新月まかせで自然に開運♪ Keiko的 チャンスの扉の開き方

新月まかせで自然に開運♪ Keiko的 チャンスの扉の開き方

 
お金の「引き寄せ力」を知りたいあなたへ Keiko的Lunalogy

お金の「引き寄せ力」を知りたいあなたへ Keiko的Lunalogy

 

明日はdrakeさんとこに行って、

あさって大阪にふたりで行きます(*´艸`*)

単なる旅行ではなく、

お会いしたい人にお会いしてくるのが目的です。

その模様を余裕があれば、

なるべく新鮮なうちに更新しますが、

無ければあらかじめ下書きしてあるものを

更新していこうと思っています。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日も皆様に大きな光が差し込みますように(o^―^o)♡

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村