氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

羨ましいその人は自分の未来像⁈

動画をアップしました!

その名も記事のタイトル通り(;^ω^)

『羨ましいその人は、自分の未来像!』

16分18秒の動画になりました。

よろしければご視聴&チャンネル登録お願いします(o^―^o)

右下のところに、とっても小さな登録用のボタンがあります。

これ付けるのにめちゃくちゃ苦労しました( ̄▽ ̄;)


羨ましいその人は、実は自分の未来像!

 

 

羨ましい人ってどんな人?

あなたにとって羨ましい人ってどんな人ですか?

自分もそうあれたらいいなと思う存在ではないですか?

自分が興味関心ある分野で、

先を行っている人を見ると羨ましいなって思いませんか?

反対に自分には何の興味もないところで

めちゃくちゃすごい人を見ても、

羨ましいというより単に「すごいなー」で終わると思います。

羨ましいがひどくなると妬みとか嫉妬になります。

それは今の自分と相手を比べて、

結構な差があるときに感じるのでしょう。

羨ましいは自分ももう少し頑張れば、

手が届きそうな範囲なのではないでしょうか。

 

ここで思い出すべきは一つは鏡の法則!

自分がなりたいタイプの人がそばに来たら、

こう考えてみてはいかがでしょうか?

その相手は私のちょっと未来の自分の姿。

想像できないものは創造できない。

でもわざわざ想像力を鍛えなくても、

目の前にリアルに理想の生活を送っている人がいたら?

羨んだり妬んだりするのは、

自分とはまったく関係ないものとしてとらえるから、

そうならないだけなんだとしたらどうでしょうか。

ちょっと羨ましいなって思える人が近くにいたら、

めちゃめちゃ観察してその人になりきってみてはいかがでしょうか。

 

そしてもう一つ思い出すべきは…

類は友を呼ぶですよ、お兄さん、お姉さんヾ(゚ω゚

似たもの同士は、似たような波動を出しているということ。

つまり羨ましいような相手が近くにいるということは、

自分も似たような波動を放っているということではありませんか。

これを喜ばずして氣分を悪くしちゃうなんて、

とーってももったいないことです。

素敵な人を引き寄せた!やったー!

自分の理想に私はまた近づくことができたんだ!って

ぜひぜひ喜んじゃってくださいよ。

ここで考えてみよう、自分の口ぐせ

あなたの普段の口ぐせって何ですか?

自分ではわからなければ、

まわりの仲の良い友人や職場の人、

家族なんかに聞いてみると意外な答えが返ってきて面白いです。

ま、ハッキリとしたワードじゃなくてもいいのですが、

ネガティブ系なのか、ポジティブ系なのか。

普段言っている言葉の周波数を

なめちゃいけませんよ~。

羨ましいならまだしも嫉妬してしまうほどの相手なら、

褒めるどころか、難癖をつけてしまうなんてことがあったりするかもしれません。

羨ましいや嫉妬の陰にはすごいなって認めている自分がいるわけですよね。

そっちの自分を出しましょう。

最初は抵抗があるかもしれません。

でもそこは自分の為に頑張るのです(ちょっと大げさ?)

思いっきり相手を褒めましょう!

どうして褒めるといいのかは、

動画の中で詳しく語っていますのでご覧くださいね(*´艸`*)

 

褒めるときの注意点!

それは自分と相手を別物として自分を卑下しないことです。

自分はどうなってもいいから、

とにかく相手の人に幸せになってもらえればいい。

これは偽善ですから注意してください。

美徳でも何でもないですから。

一番尊重すべきは?……そう自分。

自分を満たしてからじゃないと、

あとになってから恨みにも似た感情が、

何かのきっかけで出てきてしまう恐れがあります。

「あんなこともしてあげたのに…」

「こんなこともしてあげたのに…」ってね。

せっかく良いことをしても、

これじゃまったくの無駄になってしまいます。

最初からうまくできなくてもいいんです。

相手を褒めながらも心のどこかで

「この褒め言葉が自分のために一番なってる」って

思い込むようにしてください。

実際そうなのですからね。

 

あとがき

周りが変わったということは、

自分が変わったということ。

周りを見れば自分がわかる。

だから周りが羨ましいような人が多くなるのなら、

あなたもそれに近づいている…

もしくはもうなっているのかもしれませんよ。

これを逆にとらえて、

なりたいような憧れの人には、

自分から近づいていくというのも有効です。

その際はそのギャップにくじけないこと。

大きく変わろうとすると、

それなりに衝撃も強いものですからね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日も皆様にとって最幸の1日となりますように♡

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村