氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

自分の色を知ろう

世の中にはいろ~んな人がたくさんいます。

たくさんいるから自分なんか潜っちゃっているような氣になっていませんか?

でも、自分自身のことはそう思えても、あなたの大事な家族や恋人や友人のことを思うとどうでしょうか。

こんなに世の中には人がいるのに、同じ人は一人もいないってことが実感できますよね。

自分も一緒なんです。

似た人はいるかもしれない。

でも、自分と同じ人はどこにもいない。

自分ってものすごく価値のある人間なんです。

 

 

自分の色を知ろう

「自分なんて…」という思考を特に日本人は持っている人が多いかもしれません。

「その他大勢にすぎない」そんなふうに思ってしまいがちです。

でも、冒頭にも述べましたが、自分と同じ人って本当に一人もいないんですよね。

自分とは何者なのか…あえて考えてみたことってありますか?

どんな身体的特徴を持っていて、どんなことを知っていて、どんな経験や体験があって、どんな人脈があって、どんなことが得意で、どんなところが人に好かれていて、どんなことに興味があって…って考えてみたことがありますか?

知ってるつもりでも書き出してみると、案外

そしてこれらがすべて被るキャラの人を知っていますか?

おそらくそのような人はいません。

いや、絶対にいません。

酷似している人はいるかもしれません。

この宇宙にはパラレルワールドというものがあり、いろんな可能性の世界が同時に存在しているからです。

たとえば私なら、氣づきプレゼンターではなく、専業主婦の場合とか、医者だった場合とか、歌手だった場合…なんていろんな世界があるわけです。

明日の朝、早く目覚める場合の世界もあれば、寝坊する場合の世界もあるのです。

ちょっと話が逸れてしまいましたが、自分が持っているもの、できること、これらがどこかの誰かの役に立つということを知ったらあなたはどう思いますか?

 

上を見たらきりがない

自分の個性は宝です。

でもこの宝に氣づいていない人が多い。

英語のコーチを目指したときに言われた言葉があります。

「私にはまだ無理です」と言ったら「オダさんより知らない人もたくさんいますよ」と。

確かにそうですよね。

私は英語を話せなくても、私より英語の知識がない人もいるわけです。

SVOCとか…は?って人もいますよね。

ちょっと前の私もそうでした。

自分だけが知らないことも無ければ、自分だけが知っていることも無い。

同じことを教えるんでも人によって教え方が違う。

声のトーンから例え方から違います。

国語の先生はわんさかいますよね。

小学生から大学生に教える先生まで。

あの人が国語を教えているから私はできないなんていう理由で、国語の先生になる夢を諦める人はいないでしょう。

上を見たらきりがない。

目指すという意味で見るのはいいけど、見ることで自信を失うのは違うんです。

 

 

 

人の役に立てると得られるもの

誰かがあなたのためになってくれたとき、あなたはその相手にどのような感情を抱きますか?

感謝しますよね?

その感謝が大きければ大きいほど、「ありがとう」という言葉だけじゃ足りない氣がしてお礼のプレゼントをしたり、現金というカタチで表したりしますよね。

この感謝が物やお金に姿を変えるということです。

物やお金は誰かの氣持ちの量だったりするということです。

だから被雇用者であり続けることだけがお金を得る方法ではありません。

その仕事が好きで、その会社の経営理念が好きでそこのためになりたいという純粋な氣持ちがあって働くのならとても素晴らしいことです。

それこそが天職です。

しかし、たいしてやりたい仕事でもなく、休み時間や次の休日だけを楽しみにしているような仕事は自分自身を犠牲にし過ぎています。

どれだけ頑張っても本当の自分をだましていてはストレスが溜まり、病氣になったり、家族が離散したりというは当たり前になってしまうんですね。

本当にその仕事が好きであれば、行きたくないとか、給料が少ないとか、休みが待ち遠しいなんて思わないはずです。

好きなことをやっているときって時間が経つのが早く感じられるし、早くやりたいって思うわけです。

 

もしそうでないなら、あなたの仕事はあなたを幸せにすることは無いということです。

そして活き活きと仕事をしていると自分自身が輝くので、自然に同じく活き活きしている人を引き寄せます。

その輝いた自分に惹かれて新たなご縁が生まれます。

私たちはお金のために働いてはいけないのです。

もっとも自分らしくあることを売りにしなくては本当の豊かさは得られないということです。

お金は感謝状です。

自分はただの生き物ではなく、愛し愛されるべき愛の塊です。

自分をより輝かせることを考える人に愛も豊かさも寄ってくるということです。

 

いつも全力を尽くす

私自身がそうだったのですが、ブログを書くようになってから、特に毎日更新を目標に掲げるようになってから一つの記事に全力を尽くせなくなっていました。

毎日更新するのに、この記事に全力を注いでいたら明日のネタに困る…なんて考えていたのです。

でも、そうではないな…ということに氣づかされました。

持っているものを小出しにしようなんてケチな考え方をする人に、なかなか新しいヒラメキは起きないんですよね。

私が勉強させてもらった清水義久先生の無料セミナー動画では、立禅というものが紹介されていました。

自分の体からエネルギーを出しに出しまくるんですね。

すると自然界から新しいエネルギーを補充するためにチャクラが開いて、結果的に体内のエネルギーが活性化するというものなのです。

欲しければ与えるという言葉もありますよね。

まずは出すのです。

物もお金も知識も知恵も自分の為に使うのではなく、誰かのために役立てるのです。

出し切るんです。祓うんです。

まだお酒が入っているグラスに新しいお酒を注ぐことはできません。

エネルギーの循環を良くしたければ、全力を尽くすこと。

そうすることで今までに得られなかったようなヒラメキやご縁が生まれたりするのだと思います。

 

あとがき

今夜かもしれないし、明日かもしれないし、ちょっとハッキリわかりませんが、drakeさんとふわっちという生配信アプリでおしゃべりしながら放送してみようかと思っています。

Twitterをフォローしていただき、通知をONにしていただくと、放送開始のお知らせが行くかと思いますのでもし興味がある方はご覧いただけたらな…と思います。

視聴するにはアプリの取得が必要になります。

ログインはTwitterのアカウントが使えます。

また、今日は昨日の記事に基づいて動画も撮ってみました。

誤って削除してしまい、またアップロードし直しました(;´Д`A ```


その願いは神が与えたギフト

よければご覧くださいね♪

今日は亡くなってはいますが父の誕生日でした。

ふだん忘れがちでもこんな時こそ親に感謝です。

父と母がいたから今の私があるわけですからね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日という日はあなたにとって最高に光り輝く日となりますように♡

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

 

清水義久先生の無料セミナー動画をご覧になりたい方はコチラからどうぞ

purewater.tokyo.jp