氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

drakeさんとの白熱論争から一夜明けて思ったこと(^▽^;)

昨日の夜、またまたふわっち生配信を試みました!

昨日はコラボではなく、私一人でやってみたのですが、

1時間の放送中に17人の方の目に触れることができました。

そこで宇宙人の話とかアセンションコードのこととか、エレキバンを使って第三の目を開く話とかしてなかなか楽しい時間を過ごすことができました。

なんでも続けることが大事なので、今夜も23時頃から1時間やってみようと思います。

Twitterで通知しますので、もしよかったら遊びに来てくださいね。

ちなみに昨日の様子はYouTubeにあげましたので、興味ある方はぜひご覧くださいね。


ふわっち枠~アセンションコードやらエレキバンやら~

 

さてさて今日はこのふわっちのあと、drake(id:kemoxxxxx)さんといろいろ話が白熱したということをちらっと書いてみたいと思います。

私たちはめちゃくちゃラブラブなカップルだと思っていますし、ここや彼のブログに遊びに来てくださる皆さんもそのように認識していただいていると思います。

しかし、実は私たちは結構、逆なタイプのふたりなんです(笑)

 

味の好みが違うし、考え方はほぼ真逆

私が作る料理はおいしいと言って喜んで食べてくれますし、彼が作ってくれる料理も本当においしくて大好きなのですが、ラーメンに関しては全然好きなタイプが違います。

私はこってり味噌ラーメン、彼はあっさり醤油ラーメン。

私が絶対おいしいよと思うお店に連れて行っても彼にはピンとこないという場合が多々ありました。

私は函館、彼は札幌なので私おススメのお店、彼おススメのお店があってお互いに行き来したときに案内することが多く、やはり自分の好みのお店に連れて行くので反応の薄さにガッカリしたこともありましたが、おかげで私も普段食べないような味のラーメンを食べて知らなかったおいしさに氣づくこともあります。

昨日はやきとりにソースをかけて食べていたことにちょっと驚きました(;・∀・)

そして考え方…これは対象によっては真逆に近いかもしれません。

彼は慎重派で私はほとんど考えなしに行動してしまうタイプです。

彼は簡単には信用しませんが、私は簡単に信用してしまいます。

彼は政治や社会の動きに興味がありますが、私はまったくと言っていいほどありません。

私はスピリチュアル派ですが、彼は基本的には違います(最近は共感も得られますが)。

 

でも、違ってよかったこと

なのでこの辺りの話になると、ときどきお互いが熱くなり、「朝まで生テレビ!」バリの論争を繰り広げることがあります。

もちろん毎日ではありませんが。

そうなると、なんでこんなに考え方が違うんだろうと思ってしまいますが、それでケンカになるということがありません。

ここがすごいところだな…といつも思います。

それは彼の器が広いからです。

私は短気な性格で先にも述べたように単細胞型人間なので勢いで「もうダメだ!」みたいな思考になることもあったのですが、彼の「考え方が違うだけでオレはみきっぺのこと大好きだから」の言葉にホロホロホロ~っとなってしまうんですね(^▽^;)

その一言で、私もそうだなって氣づかされることが多かったのです。

こうして考えると違うタイプの人間でよかったなって心から思えます。

もし、彼も私のように単細胞人間だったら、勢いで本当にTHE ENDになっていたかもしれません。

どんなに白熱した話になっても、彼はいつもどこかで冷静なんですよね。

本当に尊敬できます。

 

もしもケンカしちゃったら…

私の過去の恋愛においては、ケンカはしょっちゅうでした。

お互いの悪いところばかりに意識が行くので、これでは仲直りも難しいのです。

ひどければ1週間以上、口をきかないなんてこともありました。

これってプラスとプラス、マイナスとマイナスの状態になって反発し合っているってことですよね。

ということは、どちらかがくるっと向きを変えれば、吸い寄せられるようにくっついちゃうのが自然の摂理?!ってやつでしょうか。

我慢するのではなく、見る目を変える、考え方をケンカする前の元の状態に戻す。

ラブラブで仲良しのときはお互いの良い所に目も意識も行っている状態なわけですよね。

だから深呼吸して冷静になって、好きな相手の部分に目を向ける。

相手の良い所を書き出してみる。

どんなことでも書き出してみると、頭で考えているだけでは氣づかなかったところまで見えてくるから不思議です。

私はdrakeさんとはケンカになったことが無いので、あえて書き出したことはありませんが、もっと良い関係を築くためにやってみてもいい方法だと思っています。

 

相手は自分の鏡

自分とかかわる人は自分のあらゆる部分をやや大げさに映し出す拡大鏡です。

相手の好きだなって思うところは自分にもあって自分自身も好きなところ。

逆に嫌いだと思うところも自分自身も持ち合わせていて許せていないところ。

特に自分に近しい人間は見たくないところまで、まざまざと映し出してくれるものです(;´Д`A ```

でもこれは、要するに自分のことが100%好きになれれば、誰に対しても腹を立てるということは無くなるんですよね。

腹立たしいときって、そんなことを冷静に考えられないかもしれないけれど、このままでは(関係性が)危険だなと思ったらその場を離れて冷静になってみるのがイチバン。

原因はいつも自分にあるのです。

相手はそれを嫌われるのも覚悟の上(?!)で教えてくれているのだとしたらどうですか?

実にありがたいことです。

人間関係を良くしようと思ったら、まずは自分をよく知り、どんな部分も許し、自分を心から愛せるようになることです。

 

そのうえで離れるものはそれまでの縁

自分を心から許し、認め、愛せるようになったうえで、離れていくのはそれまでの縁だということになります。

お互いに一緒にいることで成長する過程を終えた…つまり卒業ということになります。

その場合は、新しいいまの自分に見合った人との出会いがすぐそこまで来ているのかもしれません。

別れるときってつらいものだと思いますが、新しい人生のスタートだ!って考え方を変えられたらすぐに幸せな氣持ちになれると思います。

今日、とてもステキなブロガーさんとのご縁をいただきました。

女子プロボクサーの愛(あいら)さんです。

彼女は自分で苦渋の決断をしてある恋とサヨナラし、せっかく決めたのによりを戻したいと元カレに泣きつかれ、心が揺れたところで何と滝行に出向いたのです。

www.joshisaba.com

記事の中に極寒の中、滝に打たれている彼女の姿を映した動画があるのですが、私はなぜかその彼女の姿に涙してしまいました。

本当に素晴らしい!人間って美しいなって心から思いましたね。

 

あとがき

人って一人で生まれて一人で死んでいくのに、人とかかわらなければ、なかなか人としての成長ができない不思議な生き物です。

いま自分が生きていること、いま自分のそばにいてくれる人がいること…これらはただ何となく起きている現象ではなく、必要だから起きていることです。

そこから何かを学ぶために知らず知らず自分が引き寄せている状況です。

だからどんな相手にも感謝、どんな状況にも感謝、感謝するしかありません。

転んですぐに感謝と言える人はいません…おそらく。

でも後になって、「転んだことで痛みを知り、氣をつけるということを学べたんだ、ありがたいな」と感謝できるかできないか…ここで人としての器量に大きな差が出てくるんだと思います。

人生山あり谷ありの波です。

落ちたら次は上がるしかないということだけでも頭に入れておけるといいですね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日という日があなたにとって愛にあふれる1日となりますように♡

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村