氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

ケチなのは…お金持ちじゃなくて貧乏人

その前にちょっとまず言わせてください。

本来、お金持ちとは1円以上持っている人のことをいいますが、

ここでは大金持ちという意味でとらえてください(^▽^;)

 

 

幸せなお金持ちと不幸せなお金持ちの違い

ケチというとどんな人がパッと浮かぶでしょうか?

お金を出したがらない人のことだと思いますよね。

金持ちはケチだから金が貯まって当たり前だ!

なんて聞いたことありますよね。

私もそんなふうに思いこんでいた頃がありますが、

でも、本当にそうでしょうか。

お金持ちにもいろいろありますが、

節税や脱税に必死になって私腹を肥やそうとするタイプと、

税金はもちろんのこと寄付や社会貢献ということに意識を持っているタイプ。

どちらもお金持ちではあるけれど好感度のあるなしで言うと、

後者のほうが好かれるだろうなって思いますよね。

前者は確かにケチだからお金が貯まっているタイプではあるけど、

他者から見たイメージとかって決して良くは無いでしょう。

つまり前者は幸せなお金持ちとは言い切れないわけですね。

不幸せなお金持ちの場合は、

お金には満たされていても人間関係や健康面などで問題を抱えがちです。

一言でお金持ちと言っても、

種類がまったく異なるタイプがあるのだということがわかります。

 

お金の使い道

自分へのご褒美という言葉がありますから、

自分自身のために何かを買うというのが悪いわけではありませんし、

ある程度ならば自己投資という考え方もできます。

それが機動力となり仕事に頑張れるんだとしたら、

新しい富を生み出すことになるわけですからね。

しかしギャンブルや嗜好品というのは、

そこから得られるものが少なく浪費ということになります。

一時的な快楽はあるかもしれませんがほんのひとときだけのものです。

そして他人を喜ばせるために使うお金は投資になります。

人間関係を良くするからですね。

お金を運んでくるのは人ですから、

この関係を良くするための支出は潤滑油の役割を果たすと言えるでしょう。

また日常の生活にどうしても必要な使い方は消費と言います。

食品や衣服や住居など命を守るためのものに使うことですね。

 

ケチと節約の違い

ケチと節約。

どちらもお金が出ることをセーブしているわけですが、

なんとなくニュアンスが違って聞こえますよね。

違うから言葉が分かれているんだろうなとも思うのですが(;^ω^)

ケチは自分には際限なくお金を使うけど、

他人には使いたがらないタイプ。

節約はお金が大事だから無駄なことには使わないタイプであります。

しかし本当の意味のケチはこのお金の使い方ではなく、

もっと深いところにあるのではないかと思うのです。

 

貧乏人とお金持ちの違い

貧乏人はお金に余裕がないからケチにならざるを得ないという人もいることでしょう。

しかし本当のケチは心の中にあるのではないでしょうか。

自分が願う豊かさは誰が満足すればいい豊かさでしょうか。

自分だけでしょうか。

家族や親族まででしょうか。

友達まででしょうか。

それとも住んでいる地域まででしょうか。

住んでいる国まででしょうか。

それとも世界中のためでしょうか。

この度合いが小さければ小さいほどケチだということではないでしょうか。

豊かさを願う欲のスケールがあまりにもケチくさいと、

それなりのものしか循環してこないんだとしたら…。

本当の幸せなお金持ちのことを考えてください。

世界中の人々が豊かに暮らせるように寄付をしたり、

有望な人や企業に投資することで世界中の人々の暮らしやすさに貢献したり、

事業を拡大して雇用を増やしたり、

高額なものを購入して高級ブランドで働く人たちの生活を支えている。

高額納税者がいることで何らかの手当てや恩恵を得られている人もいるはずです。

こうして見ると幸せなお金持ちの意識はスケールが違うわけです。

もっとたくさんの人が幸せになってくれたら…という願いは、

神の意識に共鳴するわけです。

 

これに氣づくために私はお金に不自由していた

私はずーーーっと長いこと、

お金に関する不安を抱きながら20年以上も生きてきました。

しかし、よくよく考えてみるとお金に恵まれなかったわけではありません。

本当に恵まれなかったのなら、

いまこうやって明るくて暖かい部屋で、

パソコンを使ってブログを書くことはできないし、

息子たち二人が高校生になるこの時まで育てられなかったかもしれません。

恵まれているのにもかかわらず、

足りていることへの感謝を忘れ、

足りない方にばかり意識を向けることで、

勝手に不自由さを感じていたのは私であって、

社会やお金が私に意地悪をしていたわけでも何でもなかった。

ここで両手を広げてくれたら、

100%受け取れるよという場所があるのに、

よそ見をしてるから受け取るポイントがズレてしまって、

自分勝手に取りこぼしているだけなのに、

自分は恵まれていないなんて勘違いをしてしまっていた。 

でも考えてみれば、このお金のマインドブロックのおかげで、

私はたくさんのことを学ぶようになり、成長し、

自分の心がどんどん豊かになっていくことを実感した。

セルフイメージが低かった私に素敵なパートナーもでき、

幸せな毎日を送ることもできている。

氣づくといつの間にかこの経験を活かして、

誰かの役に立ちたいという純粋な願いを持つようになり、

これを自分の使命と思うことで氣づきプレゼンターみきっぺが生まれた。

ネットのおかげで世界中の人々とコンタクトをとることも可能だ。

私がここまでこれたのはお金に対するマインドブロックがあり、

不安や不自由さを感じていた期間があったおかげだ。

ここまで時間がかかったのは、

もっとたくさんのノウハウを身につけるためだったんだといまは思える。

それは間違いなく私の財産になっているし、

これを活かさない手はない。

もしかしたら、まだまだ試練は続くかもしれないけれど、

そのたびに私は強くなり成長している。

だからどんなことが起きても諦めることは無いしありがたく思える。

お金さん、私をこんなに成長させてくれてありがとう!!なのだ。

 

あとがき

今日はこの記事に関連する動画を撮影し、

YouTubeにアップしました。

NGシーンをあえてカットせずに編集してみたので、

もしお時間があるようでしたらご覧いただけると嬉しい限りです。


貧乏人が氣づくべきケチと節約のちがい

 

動画の中で紹介している清水先生の本はこちらからどうぞ。

清水義久 金運革命CDブック (無限にお金が舞い込む「神の資本論」)

清水義久 金運革命CDブック (無限にお金が舞い込む「神の資本論」)

 

欲は捨ててはいけない。

欲は良くするために神様がつけてくれたものだから。

健全な欲を持つことで神の意思と共鳴します。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日も私や皆様の欲が世界を良くしてくれますように♡

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村