氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

映画 ぼくは明日、昨日のきみとデートするを観て考えたこと~立春涙始め~

私のお氣に入りのブロガーレイキぶどう(id:Reikibudo)さんが、

昨日Twitterで紹介されていた映画、

"ぼくは明日、昨日のきみとデートする”を観ました。

本当はそのツイートを見るなり、観てみようと思ったのですが、

涙腺崩壊のキーワードに引っ掛かってしまいました。

最近、本当によく泣いていて、

泣けば泣くほどにまぶたがものすごく腫れてしまうので、

今回はスルーしようとしたのです。

しかし、どうやらスルーしてはいけないようでした(^▽^;)

 

 

いいから観なさい

今日もアンカリングカードを引いてみました。

すると今日のキーワードは「感動」。

願いを叶えたければ心を動かすこと

音楽、芸術、舞台、景色などあらゆる種類の感動を味わって

とあります。

この時点で、思いつくのはやっぱり、

レイキぶどうさんのつぶやきですよね、そりゃ。

そしてさらに。

Keikoさんの毎日10時に届くLINEメッセージにはこんな言葉が。

「涙を流す」のが自然発生的な浄化ならば……

もうこれは泣けということでしょう(笑)

いま確認してみると本当はこのLINEメッセージ自体は、

そういう意図のメッセージではなかったのですが、

さっきの私にはそこしか見えていない(;´∀`)

さっそくdrake(id:kemoxxxxx)さんにLINEして、

いまから映画観て泣くのでまぶた腫れます予告をしました。

 

 

 

いきなり感想(^▽^;)

正直、この手の映画を私は通常は観ません。

若い子らのラブストーリー観てもなぁ…ってな感じで(^▽^;)

しかし、このようにメッセージ的に来ると観ざるを得ない。

タイトルから察していただくに、ぼくときみとの間に、

時間のギャップがあることはおわかりいただけるのではないでしょうか。

正直、大まかな設定はわかったものの、

途中何回も混乱する私…それでも映画の中盤くらいから、

ほとんどずっと泣いていました。

本当に現在がいちばん大事なんだなって思いました。

過去に思いを馳せたり、

未来に夢を見たりしていてもそんな自分は常にいまここにいる。

だからいまここを大事にしなくてはいけないんだって思いがちですが、

人間にしか感じることができないこの時間という感覚。

この世を生きる人間でなくなるとこの時間という感覚は、

わからなくなってしまうのです。

過去を悔んだり、未来を案じたりするのは、

いまこうして生きている人間の自分だからこそなんですよね。

 

映画が教えてくれたこと

先日、こんな記事を書きました。

www.charlotte102-blog.net

私たちの本当の未来は、

私たちがすでに決めて生まれてきている。

生まれてきた瞬間にそれは忘れてしまうけれど、

潜在意識は覚えているので、

ときどき思いもしない行動を取ってしまったりもします。

顕在意識に任せちゃいられんって感じなんでしょうかね。

未来はすでに決まっているのだから、

何も心配することは無いし、

恐れることも無いのに、

本当にそうなのか?大丈夫なのか?と信じられなくなってしまう。

もしも3日後の自分とコンタクトを取れるなら、

こんなに不安な時間を過ごすこともないのだろうに…。

人はわからないことに恐怖を覚えるんですよね。

どうなるかがわかっていれば、

それなりに覚悟もできるし、準備もできる。

先日、神社の帰りに運転中、ホワイトアウトになり、

ほんの数センチ先も見えない状態になったとき、

私は車を止めてしまいました。

先が見えないとまったく進めなくなります。

この違いって本当に大きいですよね。

でも本当は未来はもう決まっている。

それは自分が思い描く未来予想図どおり。

自分のことさえ信じ抜くことができれば、

たとえ目隠しされても進むことができるのかもしれません。

この映画は未来から過去へ向かって生きる彼女と、

過去から未来に向かって生きる彼との唯一、

同じ年齢で過ごすことができる30日間を描いた物語。

彼の未来は彼女の過去で、

彼女の未来は彼の過去。

つまり未来はすでに決まっているということ。

だからあたふたしても仕方ない。

なるようにしかならないし、なるようになる。

そういうことをあらためて教えてくれた映画でした。 

 

さらに氣づきを後押ししてくれたブログ記事

この映画を観て、ひとしきり泣いた後に読ませていただいたのが、

naomiさんのこちらのブログ。

www.naomi0619.com

naomiさんは本当に素敵なお母さんで息子さんや娘さんたちと、

素晴らしい親子関係を築いていらっしゃる方です。

いつもおいしそうなお弁当を紹介されていて、

私は目でごちそうになっています。

こちらの記事の家族で一緒に楽しく焼き肉を食べに行くシーン。

家族との食事の時間を心から楽しまれているnaomiさんに、

胸が熱くなりました。

同じ瞬間って二度とは起きないのに、

どうしてもその当たり前のことを忘れてしまいがち。

私も息子たちを産んでからというもの、

私なりに一生懸命、彼らの命を保ってきました。

赤ちゃんから高校生の現在に至るまで、

振り返ってみると本当にあっという間で、

でもその真っただ中にいるときは、

先を考えると本当に長く感じるものでした。

いまっていうときは、

だいたいそんなものなんですよね。

あとになってわかることって多々あります。

いまこの瞬間がどれだけキラキラしているか…。

それにいま氣づくことができて、

感謝することができる人の人生は本当に幸せいっぱいですよね。

 

 

 

あとがき

まさにいまの私にピッタリのメッセージを受け取ることができました。

人って忘れっぽい生き物。

いまはこうやって氣がつけても、

また現実に追われているうちに忘れてしまう。

でも本氣で道に迷いそうになると、

こうやってメッセージを届けてくれるありがたい存在がいます。

このメッセージを受け取ることができる、

つまりこれがメッセージだと氣づける自分になれて本当に良かった。

それもこれも、

あんなことやこんなことの積み重ねがあったから。

いまdrakeさんと幸せになれた自分が、

以前の恋愛に苦しんでいたあの頃の自分に「大丈夫だよ」って言えるように、

このちょっと先の未来にはいまの自分に「大丈夫だよ」って、

言ってくれているる自分がいる。

そしてこれをいままさに私と同じような過程を過ごしている仲間にも届けたい。

これからきっと…うまくいく(o^―^o)

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

あ~したてんきにな~れ(^▽^)

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートするは、

amazonプライム会員の方であれば、

無料で視聴可能です。

とても考えさせられる映画です。

あなたもあなたにしか届かないメッセージを受け取ってみてはいかがですか?