氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

沖縄在住のシャーマン、ミロクさんの個人セッションを受けて①

先日の日曜日のこと。

現実は途端に動き出しました。

この日は天皇陛下在位30周年の式典に合わせて、

ミロクさんが愛氣道瞑想のワークをやるという告知を

Facebookでされていたので、

参加方法を聞くためにMessengerで問い合わせると、

今回は無料ではなくて9,999円の寄付が必要ということでした。

それで、あ、じゃ、ムリだなって思っていたところ、

ミロクさんからいろんな提案があり、

私が今の苦しい経済状況を告げると、

何と個人セッションの機会を設けてくださいました。

今回はその様子と感想をシェアしたいと思います。

 

 

セッションを受けるための準備

恥ずかしながら、本当にお金が底をついた私は、

その非常に残り少なくなったお金を使いきるワークをしました。

その時に使っていいとしていたお金はわずか550円。

するとミロクさんはその550円で必要なもの買って来て、

いったんゼロにしてと。

そうすることでお金を全部新しくするからと言われました。

ん?お金を新しくする?

正直よくわかりませんでしたが、

このままいても何も変えられないと思ったので、

お願いしようと思いましたが、ちょっと氣になることが出てきました。

実は550円のほかに斎藤一人さんのお話を聞いて先月から始めていた、

毎日100円ずつ貯金と、それ以前にちょこっとずつ貯金箱に入れていた分とを

合わせたら数千円(この時点で6千円くらいはあると思っていた)持っていました。

そこでそのことを告げ、

これ全部使いきった方がいいのかや、

寄付をしなくていいのかなどを訊ねてみると、

返ってきた答えは意外にも、

「その”いいですか?”モードを卒業した方がいいと思ってない?」でした。

(。´・ω・)えっ?

そんなことを考えたことが無かったので、

そのまま告げると、

今度は「なるほど。自覚ないのね。OK」

「あなたをガイドするセッションをしてあげるわ。

 (寄付する)金額はあなたが提示してそこからもうお金のワーク始まる。

 俺がエネルギーチェックしてしっくりくるのかどうか…ぴったり一致したらやる、

 一致するまではやらない」と。

また「〇〇でいいですか?」とは聞けないので、

5千円をセッションに使って残りは必要なものを買ってきますと提示しました。

…がしかし、このあとすぐに天皇陛下の式典が始まるために、

ミロクさんとの交信が途絶えます( ̄▽ ̄;)

私は腹をくくるしかありませんでした。

貯金箱をひっくり返してみると、全部で8千円くらいありました。

そこでさっそくすべてのお金を持って出かけました。

でも5千円はセッションに使うので、

買い物に使えるのは3千円ほど。

まずは灯油を18リットル購入。

次にいつもは行かないスーパーに行ってみると、

野菜がめっちゃ安い!

これで何日持たせられるのか…とても不安な氣持ちで買い物をしました。

どうしても全部は使いきれないので、

残った小銭は近くの神社を参拝して賽銭箱にすべて入れてきました。

はい、これで財布の中も貯金箱もすっからかんです。

するとなぜか覚悟が決まったのか、氣持ちはスーッと晴れやかになりました。

あとはミロクさんからの連絡待ちです。

 

 

 

いよいよ始まる個人セッション

式典直後にミロクさんがFacebookでライブ配信をされ始めたので、

すぐに視聴しました。

今回の愛氣道瞑想の模様をあとでYouTubeにアップしますという告知でした。

すぐに終わったので連絡を待とうと思ったのもつかの間、

突然、ミロクさんからビデオチャットの着信がありました。

ほんの10日くらい前にたどり着いたばかりのYouTube動画に出ている、

シャーマンの369OSさんにオンライン上ではあるけれど、

直接個人セッションを受けることになるとは…

本当にどこで現実が変わるかわかりませんね。

www.youtube.com

まずは「どこに住んでるの~?」みたいな軽いおしゃべりから始まりました。

で、「北海道の函館です」と言うと、

苫小牧出身のミロクさんは

「おーーーー!北海道や。知ってる?オレ北海道やで」

知ってます、知ってますとも。

北海道繫がりでミロクさんからも親近感を持ってもらうことができました。

すこしおしゃべりをして、

瞑想状態に入るように言われました。

ミロクさんのガイドに従って愛氣道瞑想です。

ミロクさんが不思議な唄を歌われます。

そこで見えたビジョンがありました。

それは私がまるでバレリーナのようにクルクル回って、

頭のてっぺんからお金をめっちゃ振りまいているんですね。

それはまるでトーラス構造のように、

足の方から入ってきたエネルギーが自分の体を通って、

お金に変わって噴出している感じでした。

全体的に花火みたいにきれいな光がたくさん弾けていました。

そして頭のてっぺん(クラウンチャクラ)のあたりに、

文鎮でも乗せられてるみたいな重さを感じ、

鼻の付け根をつままれているような感覚になりました。

 

 

 

2回目のエネルギーワーク

一度そこまで終わると、

どんな感じだったかを聞かれました。

そして今度はお金のワークしようということで、

また瞑想状態に入りました。

ここでもミロクさんのガイドに従って空(くう)の状態に入ってしばらくすると、

突然、

「よくここまで頑張ってきたね」と言われた氣がしました。

で、私は、

「ここまでお導きいただきありがとうございました」と答えていました。

もうこの時、めっちゃ泣いてます。

この数日前に参加した愛氣道瞑想の時にも、

ミロクさんが不思議な唄を歌っていたのですが、

この時にも歌っていました…。

すると聴いているうちに「とまこまい」って聞こえました。

「ん?」と思っていると今度は「西の学び舎」という言葉が。

え?ちょいちょいちょい。

それ校歌ですやん。

さすがに驚いて、目を開けて「それ何ですか?」ってツッコみました。

実は私の中学校の校歌の最後にも「西の学び舎」という歌詞があるのです。

それを伝えると「あ~、じゃそれが伝わってきたんやな」と。

まじか。こんなことあるんだ、本当に。

しかもこのほんの2,3日前に次男と校歌の話をしたばっかりでもあったんですよね。

 

3回目のエネルギーワーク

2回目の感想を言い、

鼻の付け根につままれているような感覚がすることを伝えると、

じゃ、今度はそれをなじませていこうと言われました。

なじませる?

でも言われるがままにまた空の状態に入ります。

すると松果体から鼻の違和感に向けて光を当てていきます。

そうするとその違和感が頭の方に移動していき、

背中、お尻、足を通って体の前面に回って一周した感じがしました。

これが気功で言うところの大周天と同じ作用らしいです。

いろんな思いやアイデアなどはそのまま表現するのではなく、

いったんこうやって光を当てるワークをして、

自分になじませるというステップが重要らしいのです。

私は今までヒラメキが来ると、

フレッシュなうちにと思ってブログの記事も書いたし、

動画も撮ったりしてきましたが、

後々、一番できてないの私じゃん!ってツッコミを入れていたわけです。

ミロクさんによると、

すぐに表現するのではなく、

「さにわ」という自分に落とし込む段階を踏むことが大事なんだということでした。

 

ちょっとこれ以上書くと5千文字を超えそうなので、

このセッションについての記事は2回に分けようと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡