氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

結論づけるタイミングを早まっちゃいないか?

先日、「失敗とは何ぞ?」という記事を書きました。

www.charlotte102-blog.net

失敗という言葉のイメージをごっそり書き換えてしまおうという内容でした。

失敗はするほどに敗ける可能性を失うと捉えてしまいましょうと。

成功の反対は失敗ではなくて、

諦めだとおもうんですよね。

つまりもうそれについて考えることも無ければ、

もちろん行動することも無いということです。

 

そこで思いました。

どこで結論づけているのかということ。

何をもってこれは失敗に終わりましたとするのか。

失敗で終わらせるからそれ以上が無くなるだけで、

諦めさえしなければ、

いつだって成功の可能性はあるということ。

f:id:charlotte102:20190402182049p:plain

締め切りなどがある場合は、

そのように片付けられてしまうこともあるのかもしれませんが、

自分の人生は自分がこの世を去るまで続くわけです。

だから成功したかそうでないかの結論づけは、

人生最期のときにすればいいだけなんですよね。

 

 

 

まだこの先も人生は続くのに諦めてしまった夢や目標はありませんか?

それを諦めた理由は何ですか?

「現実を知った」なんて言葉もありますが、

この現実は私たちの内面が外に表れてきているだけのこと。

つまり、現実ありきで物事を決めてしまうのは実に滑稽なことなのです。

どうしてそれをやりたいと思ったと思いますか?

やる必要があるからだと言われたらどう思いますか?

やらなくてはいけないことだとしたらどう考えますか?

いついつまでにどうしても完成させなければならないものだとしたら、

いろんな人に協力を求めたりして、

どうにか完成させますよね。

でも、所詮は自己満足のためのものだから…なんて、

考えてしまうのはもったいないことだと思いませんか?

 

子どもの頃の夢を思い出してみましょう。

どうしてそれをやりたいと思ったのでしょうか?

どうしてそれにあこがれたのでしょうか?

何か意味があるんじゃないかって考えてみたら、

それが人生の使命だったんじゃないかって考えてみたら、

どう思いますか?

もちろん子どもの頃の夢じゃなくてもいいです。

大人になってからやってみたいと思ったことは?

私の場合は、大人になってからやってみたいことなんてありませんでした。

自分に天命や使命があるなんて思いもしませんでしたし。

しかし、いま現在はインターネットのライブ配信で、

私が伝えたいと思うことを伝えるという行動をしています。

これがやっていて実に楽しいのです。

ズバリ自己満足です、はい(;´∀`)

しかし単なる自己満足の行動に、

お付き合いくださる方々がいます。

もしいなくてもいい。

私は実は一人一人がすでに幸せなんだということを

氣づいてもらえるための話をさせてもらえることに

無上の喜びを感じるわけです。

お金になるとかならないとか、

そんなんじゃなかった…。

これに氣づけただけでもうバンバンザイといった感じです。

 

仕事を始め、帰宅後疲れていても、

夕方に必ず配信するというのが日課になりました。

配信を始める前は、

今日は疲れているしやめておこうかな…とか、

考えてしまいますが、

それでも始めると、

意識して笑顔を作ることになります。

すべては形から入る。

内面が疲れていても、

外側で元氣そうな笑顔を作ることで、

内面があとからついてくるという効果が得られています。

つまりこの行動は、

どこまで行っても自分に一番効果を発揮しているということです。

自分の好きなこと、楽しいと思うことをして、

それが誰かと共感でき、

喜んでもらえるのなら、

こんなに幸せなことはありません。

 

 

 

人って誰かに感謝されたときに、

最も大きな幸福感を得られるんだそうです。

それは自分の存在価値を高く感じられるからですよね。

誰かの為に役に立つ。

しかも自分が楽しいと思えることで。

これこそが天職なんじゃないかと思いました。

職と言うと、

お金を稼ぐにつながることになりますが、

この世においての役どころと考える方がいいのではないでしょうか?

たとえば同じサッカー好きでも、

プレイで人を惹きつけ感動させる人、

頭脳やコーチングの能力でプレイヤーを育てる人、

またわかりやすい解説で観戦する人に更なる楽しみを与える、

…と、いろいろいます。

どれも自分が心から楽しんでやることができる人ほど、

名プレイヤー、名コーチ、名監督、名解説者となるのではないでしょうか。

これがお金のためになっちゃうと

せっかくの純粋さに、

余計なものがくっついて、

輝きが失われてしまうのかもしれません。

 

お金は後からついてくるもの。

自分が自分自身に心の底から満足した生き方をしていれば、

心が感謝で満たされてくるので、

その心の豊かさが物質的な豊かさを呼ぶのだと言われています。

それまでは自分に無理のない範囲で、

人生経験として楽しめるような仕事を別にしてみるのも、

悪くないなと思う今日この頃でございます。

先日、感謝の量が幸福度を決めるという話を

YouTubeに公開しましたので、

もし氣が向いたらご覧くださいね。


幸せになるために必要なものはコレ

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように(⋈◍>◡<◍)。✧♡