氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

自分観察日記をつけよう

私は日記を書くのが苦手です(;^ω^)

子どもの頃は結構マメにつけていたのですが、

だんだん面倒くさいと感じるようになり、

書かなくなっていきました。

しかし、

最近観る動画、観る動画で、

やたらと自分の氣持ちや思考を

紙に書き出せというメッセージを受け取ります。

これって何なんでしょうかね。

 

自分の人生に起きてくる現実は、

たとえテレビや新聞が伝える一見自分とは、

あんまり関係ないように思えるニュースだとしても、

それを見聞きすることによって心が多少なりとも動かされた場合は、

自分の魂の成長のために起きていることと捉えられます。

これは、わかる人にはわかる話です( ̄▽ ̄;)

そもそも物事に良し悪しというものは有りません。

ただそれを見たり聞いたりすることで、

快になるか不快になるかというだけなんですね。

そして、それはその感じ方すら住む場所や世代なんかによっても違ったりします。

人はそれぞれ自分の主観で物事をどちらかに仕分けしているだけということです。

自分だけのメガネで物事を判断しているということです。

 

 

 

人は人として生まれ、

自分以外の人と関わりを持つことで、

得られる感情を実感するために生まれてきました。

そもそも一人一人の中にいる本当の自分(真我)とは、

つねに喜びや感謝でいっぱいの存在なので、

どちらかというとそのままでは感じることのできない、

不快を味わうために生まれてきたと言っても過言ではないのかもしれません。

そう考えると、

人間であるというだけで我々はだいぶ、

ストイックな魂だということでしょうか。

ただ、あえてスリルを体験したいという感覚を

持っている人は持っていますよね?

私は遊園地の絶叫系のアトラクションが大好きです(笑)

ただあれは安全だとわかっているから乗れるのであって、

もしものすごく高い崖っぷちに命綱なしで立ちたいかと言われたら、

絶対にその答えはNOです(^▽^;)

我々の魂も、

どんな状況にあっても絶対に大丈夫だと、

魂自体が壊れたり滅んだりすることは無いとわかっているから、

あえて人間体験をしに地球に生まれてきたと言えるのではないでしょうか。

人間に生まれてくること自体、

ストイックでもあり、Mな部分も持っているということかもしれませんね。

 

いずれ私たちはこの人生を遅かれ早かれ終わらせる時が来ます。

つまりこの今ここにいる自分という人間としての体験には、

限りがあるということです。

小学生の時に、アサガオを育てて観察日記をつけさせられましたよね。

アサガオの一生を図にしてみたり、

文章として書いてみたりしたわけです。

私が最近受け取るメッセージは上述したように、

自分が感じている感情や思考を書き出せということ。

アサガオの観察日記をつけたときのように、

自分の心の移り変わりを観察すべく、

日記をつけなさいということなんでしょうね。

それは瞑想と同様の効果があるかもしれません。

いろんな感情を味わうことをただするより、

あえて紙に書き出すことで客観視することができます。

自分ってそういうふうに考えてるんだとか、

自分の中にはそういう思いがあるんだとかが、

目に見えてわかりますよね。

ふだんは感じながらも表に出さない部分に、

あえて光を当ててみる。

たとえば妬みや憎しみなどといった感情なんかには、

とくに有効な光の当て方だと思います。

みんな日の目を見たいんですよね。

暗いところにずっと閉じ込められているなんて、

たとえ感情だってイヤなんです。

 

 

何かが引っ掛かって思うように前に進めないと感じている人には

特にお勧めの方法だと思いますし、

そうじゃない人にももちろん有効だと思います。

みんな一人一人が自分であるからこその体験をしている。

どんな小さなことも自分の成長のために起きている。

どんなに自分とは縁もゆかりもない人に起きた不幸なことだとしても、

それを知り、心を揺り動かされたのならば、

それを起こしたのは自分の魂なんです。

だから他人事ではないわけです。

もしもそこに人の生命がかかわっているのだとしたら、

その亡くなってしまった命の魂は、

自分に氣づきを与えるために亡くなったんだと知るべきです。

そこから何も得ようとしないのであれば、

その命は無駄死にになってしまいます。

失われた命に近い人ほど痛みは強く、

その距離が離れるほどに痛みは弱くなりますが、

それぞれの立場でそこから何かしらを得て学ぶ必要があります。

人間という意識レベルで物事を見るだけでなく、

魂という意識レベルで物事を見ることは、

これから本当に重要で必要なことだと思います。

大小に関わらず、

どんなことも自分の魂の成長のために、

存在し、起きているんだということを知り、

感謝する必要があるということです。

せっかく体験していることは、

体感に終わらせること無く、

しっかりと内観記録を取ってみませんか?

こうすることでより魂の成長を早めることができると思いますよ。

 

話は少し変わりますが、

地球が次元上昇している現在、

そこに住む我々にもそれは求められています。

先日、このような動画に出会いました。


【並木良和さん】母なる地球 ガイアからのメッセージ

ぜひ一度、

目を閉じてゆったりとした氣持ちで聞いてみていただきたいなと思います。

聞いてみてどう思うかで、

自身がどちらに進もうとしているのかがわかるのではないかと思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡