氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

この世はアミューズメントパーク?!

皆さんはご自身の現実世界を充分に楽しんでいらっしゃいますか?

人生が楽しいなんてとてもじゃないけど思えないという方も、

少なくないかもしれませんね。

かくいう私も、

仕事に行っては、

誰かと関わっては、

湧き上がってくる感情に一喜一憂してしまうことが多々あります。

しかし、これこそ人間ならでは、

人生ならではの経験なんですよね。

真我という本当の自分はいつも何も恐れることなく、

喜びと感謝に満ちあふれた光の存在。

一方で私たちが普段感じているのは、自我の部分。

真我である自分でいられたらとても楽なのに、

誰かの言動に傷ついたり、

もしくは傷つけてしまったりしながら、

自我というものが形成されていくわけです。

赤ちゃんの頃は真我に限りなく近い状態。

しかし成長するとともに自我が形成されていくんですよね。

真我のままでいたらなぜか傷ついてしまった。

変なフィルターみたいなものでしょうか。

そしてそのフィルターは傷つくたびに何枚も何枚も

増えていってしまいます。

つまり真我からどんどん遠ざかってしまうということです。

 

なぜこのようなことが起こるのかは、

前述したとおりであり、

あえて恐怖や不安などといった感情を

味わうために生まれてきているからなんですね。

人間として生まれてこないと、

どういうわけだ過去の経験ができないわけです(;^ω^)

そう考えるとつらいことばかりのようにも感じますが、

決してそうではありませんよね。

まるでこの世はネガティブという絶叫系アトラクションが売りの、

遊園地ではないでしょうか。

怒りというアトラクション、

妬みといったアトラクション、

憎しみといったアトラクションを選んで、

真我である存在が自ら望んでそれに乗っているんだとしたら?

そのアトラクションに乗りさえしなければ、

ネガティブになんかならないのだから、

降りてしまえばいいのに、

すっかりその世界にハマり込んでしまって、

降りるということさえ忘れてしまっているんだとしたら?

 

 

 

遊園地だからスリル系のアトラクションに乗りさえしなければ、

誰もが楽しめる夢の国。

美味しいものを食べたり、

好きなファッションを楽しんだり、

大好きな人とワイワイ騒いだり、

美しい自然を楽しんだり、

愛する人とのふれあいに心をときめかせたり、

生きているからこその経験は、

五感を通して得られる素晴らしい感情もあるわけです。

それなのにこっちの方を楽しむことを忘れて、

絶叫系のアトラクションにばかり心を奪われていませんか?

氣がついたら…そう降りればいいだけですよね。

 

ネガティブな感情にやられちゃいそうな日って

誰にでもあります。

でもそうなったときに、

あ、これは本当の私じゃなくて、

自我の自分が思っていることだ。

本当の私っていつでも喜んでいて感謝でいっぱいなんだったって、

そう氣がつくことができたら楽ではないでしょうか?

そしてまさにこの経験をするために、

この遊園地に来たんだってことを思い出したら、

その感情を生み出させてくれた相手は、

遊園地のスタッフですよ。

私のためにありがとう♪…って思えるようになってきます。

 

先日、並木良和さんの動画を拝見していたら、

いらないものを手放すいい方法を

レクチャーしてくれていたので紹介しますね。

まず、イメージの中で手放したいものを色と形あるものに実体化させます。

たとえばムカつく人とか、

お金に対する苦手意識とか、

自己嫌悪感とか…いろいろありますよね。

それを自分勝手に色と形がある何かに変えるんです。

そして自分から2メートルほど先に、

大きな箱を置きます。

次にその大きな箱の中にさっきイメージの中で実体化させたものを

どんどん放り込んでいきます。

全部入れたらフタをして、

その箱にダイナマイトを仕掛けて、

導火線に火をつけます。

すると…箱はどっかーんと大きな音を立てて爆発します。

爆発して木っ端みじんになったものを

キラキラ光る金色の粒子にします。

そしてそれを見ながら「元に戻れ」と言います。

実際に言うんでも、

イメージの中だけで言うのでもどちらでもOK。

そうしたら今度はそれらが集まって光の玉になり、

自分の頭上に来るイメージをします。

息を吸うのと同時に頭のてっぺん(クラウンチャクラ)から、

その光の玉が自分の中に入ってくることをイメージしたら、

自分の体が金色に光っているとして、

その光を体になじませるために深呼吸をします。

これでかなりスッキリしますよ。

人を入れたからと言って、

その人がどうにかなっちゃうとかいう呪いの術ではないのでご安心を。

その人にその役柄を与えたのはあくまでも自分自身なので、

そんな自分を手放すということですからね。

手放さなくてはいけないものの量によっては、

数回繰り返す必要がある場合もあり。

夜寝る前とかにやるといいかもしれませんが、

私の場合、布団に入ってからやると途中で寝てしまうほどの寝つきの良さで、

終わりきれないので朝の瞑想中にやったり、

思い出したときにやったりするようにしています。

 

 

 

先日、職場で一人の従業員が退職し、

人が一人少ない状態での勤務で、

もう本当にぐったりするほど忙しかったこの1週間。

忙しくなると先輩方の言い方がきつくなり、

短氣な私は「あー、もうやってらんねー」みたいに、

腹立たしくも思ったりしていたのですが、

今朝、この腹立たしさをイメージワークの中で、

どんどん吐き出してそれを箱の中にどんどん入れていきました。

箱が満杯になるまで入れ続けました(^▽^;)

するとまだ爆破していないのに、

もうこの段階でかなり氣持ちが楽になっていくのを感じました。

で、今日も出勤したわけですが、

何と今日から新しい若い男の子が従業員として入ってきたわけです。

洗い物をしてくれるだけでもとてもありがたいし、

本当に助かりました(´▽`) ホッ

これももしかしてあのイメージワークのおかげか?

結構、本氣で思いましたね。

現実が超スピードで動いたみたいです。

 

このようにひとつひとつ自分の中ですべての問題が、

解決可能だとしたらどうでしょうか?

現実世界に浸りすぎていると、

どんどんスパイラルから抜け出せなくなってしまいますが、

あ、そうか!これは真我である私が選んで、

ただ体験しているだけのことだった!

もう十分に味わったからこのアトラクションからはもう降りよう♪

降りようと決めたら、

先ほど紹介したイメージワークで手放す作業をする。

並木さんの動画ではもうひとつ、

天使にお願いするワークも紹介されていました。

こちらもめちゃくちゃ良かったので、

詳しく知りたい方はこちらの動画をご覧くださいね。


出版記念講演 ほら起きて! 目醒まし時計が鳴っているよ 並木良和さん

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡