氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

不安を与える人、安心を与える人

あなたは人に不安を与える人ですか?

それとも安心を与える人ですか?

 

私は子どもの頃、

とても神経質なところがあり、

どういうわけだか病氣になることを非常に恐れていました。

少し年下の男の子が、

小学生のうちに脳腫瘍で亡くなった話を聞いたり、

ガンで亡くなった若い女性の一生が書かれた本を

読んだりしては怖くなっていたんですね(;´Д`A ```

ときどき息を吸うと胸が痛くなったり、

どこか調子悪かったりして母に訴えると、

母は決まってこう言いました。

「生きてる証拠だよ」

この一言。

私には本当に魔法の言葉でした。

母親の口からこの言葉を聞くと、

とたんに安心して、

体調の悪さはどこかへ消えていくのでした。

そしてもうすぐ47歳になるこれまでの人生の中で、

大きな病氣はおかげさまで一度もしたことがありません。

 

しかしテレビやマスコミ、

病院(すべてではない)などってどうでしょうか?

安心を与えてくれているでしょうか?

ああしないとこういう病氣になりますよ。

このままいけば〇〇歳まで生きられませんよ。

あなたはこの薬を飲み続けなければいけませんよ。

〇〇の数値が高いですね。

これって安心を与えてくれる言葉でしょうか。

私も過去にテレビをよく見ていた時は、

こういう系の番組を目にすることもありましたが、

基本的には見ても氣分が良くはならないので、

見なくなりました。

特に嫌いなのが「たけしの本当は怖い家庭の医学」

私が本当にテレビが嫌いになる要因第一位でしたね(笑)

健康体で絶好調と感じてる人でも、

立て続けに2,3人に、

「顔色良くないけど大丈夫?」と聞かれちゃったりすると、

それまで何でもなかったのに、

急に具合が悪くなったりするそうです。

私も肺がんの話を聞いただけで咳が止まらなくなったことがあります(;´∀`)

熱っぽいなと思って、

体温計で発熱しているのを目視したとたんに、

具合悪くなったりした経験はありませんか?

 

 

 

私は潜在意識のことを知るようになってから、

自分が放つ波動がそれと同じ波動のものを引き寄せるのだとわかり、

であれば、恐怖は恐怖を呼ぶのだということを知ったので、

あえて自分から不安になるような要素はなるべく排除していきました。

恐怖を感じても冷静に対応できる人はまだいいですよ(リスク管理・覚悟)。

だけどむやみに怖がって、

自分もいつかそうなるかもしれないなんて思い込んでいると、

それが信念となって、

自分の人生に現実化されてしまうことになります。

これが良くも悪くも引き寄せの法則です。

だから私たちは常に安心していることが望ましいわけです。

私たちの体というのは本当に良くできていて、

その当事者さえいつも心地よくいるようにさえしていれば、

病氣になどならないのだそうです。

しかしいろんな間違った知識を植え付けられているために、

食べ物に対して、

「これはコレステロールが高いから良くない」とか、

「しょっぱいものは血圧に良くない」とかいう、

良くない波動を乗っけて食べてしまうわけです。

せっかく何かしらの命が犠牲になっているのだから、

感謝しておいしく食べた方がいいのにもかかわらず、

良くないと思いながら口に運ぶわけですね。

はい、本末転倒です。

その食べ物を毒に変えているのは食べる本人の氣持ち次第というわけです。

 

たとえば私はめちゃくちゃ安い化粧品を使っています。

1本500円もしないハトムギ化粧水です。

 

私の肌が強いだけかもしれませんが、

正直、高い化粧水との違いってよく分かりません(笑)

4月に顔がじんましんになった時は、

化粧水や私の神アイテムのニベアを

ちょこっと疑ってしまいましたが、

もうずっと使っているのだし、

それが原因ならいまだに治っていないはず。

これはインターネットで調べてみたら、

良くないと書かれているところもあります。

しかしその考えを取り入れるか入れないかは私の自由なわけです。

私はその化粧水にいつもありがとうという、

感謝のエネルギーを乗せて使うようになりました。

 

 

 

健康面に限らずとも、

ネガティブな話が好きな人っていますよね。

親の介護の話、

老後の不安話、

だんだん衰えていく体力、

年金の不安、

来るかどうかもわからない先のことばかりを考えて、

勝手に不安になっている人は、

本当に多く感じます。

もし今日死んだら、

その不安ってする必要が無かったということになりますよね。

取り越し苦労ってやつですよ。

大事なのはいつだって今なんです。

私たちの多くは、

今よりも過去や未来にフォーカスして生きています。

あんなことがあったから…。

ああなるかもしれない、こうなるかも。

いかに今を過ごしているかで、

過去に起きたことの解釈も変えられるし、

引き寄せる未来の可能性も変わってくるわけですよ。

今が不安なら、不安な未来しかないということです。

 

あなたなら不安を与える人と安心を与える人の、

どちらと付き合いたいですか?

そしてあなたは人に対して、

安心を与える人ですか?

それとも不安を与える人ですか?

どちらの人になりたいですか?

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡