氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

悟りとは…

先週一度、

もういいかな?って時があって、

毎日日課にしている手放しワークをお休みしたことがありました。

これを始めたころは、

続々と現れてくる、次に手放すべき感情が、

どんどん現実化として現れてきて、

次は何かな?ってな感じで楽しんでいたのですが、

あまりにもどんどん起きてくるので、

だんだんしんどくなった数日がありました(^▽^;)

過ぎてしまえば1日も10年もさほど変わらないのに、

その渦中にいるときって、

たった1日もものすごく長く感じてしまうんですよね💦

しかし今はまたそれを乗り越えて、

これって悟り開けたんじゃない?

…ってところまで来てしまいました(笑)

どうして私がそう思えるのか、

私が思う悟りとは…氣になる方は読み進めてみてくださいね(;^ω^)

 

それは、

すべてはうまくいっているということを

腑に落として理解できている状態のことだと思うのです。

すべてがうまくいっているわけないと思う方も、

たくさんおられるかもしれません。

これまでの職場の人たちの会話を聞いていても、

何もいいこと無いという言葉がしょっちゅう聞かれます。

頑張っても頑張っても報われないと思ってしまう。

私にもそんな時が間違いなくありました。

しかもそれは、ほんの少し前までです。

f:id:charlotte102:20190628174746j:plain

 

うまくいっていると思える時と思えない時。

真我との距離が縮まって、

感謝と喜びでいっぱいの時は、

怖いものなんて感じないし、

何でもできそうな氣さえするし、

もうこのままで十分に幸せ♡って思えます。

だから過去のトラウマだって、

あれがあったから(宝)こそ!

という素晴らしい経験としてとらえられるのです。

しかしすべての物事には波があります。

良い時もあればそうじゃない時もあるのです。

真我との間に距離が生まれ、

真実がなかなか見えずに、

起きてくる事象に心をかき乱されてしまうこともあるのです。

もしくは何も起きていないとしても、

それはどこからともなくやってきます。

朝起きた時から原因不明に何だか氣が重いのです。

 

一度、快晴を味わった自我は、

曇り空や雨を喜びません。

これはどうやら脳が関係しているらしいのですが、

真我に近づいてパフォーマンスが高くなると、

脳は一生懸命それに合わせて、

機能しなくてはいけないので嫌なんですね。

あの時の至高体験は夢だったんだよと言わんばかりに、

足を引っ張るようなことを仕掛けてきたりもします。

脳はサボりたがりなのです。

サボりたがりの脳が仕掛けたトリックに振り回され、

セルフイメージを悪くしてしまい、

どうせ私なんか…というような無価値感や罪悪感を

強烈に感じてしまうのです。

この繰り返しを私はこれまでに

いったい何回体験したことでしょう( ̄▽ ̄;)

 

でも冒頭にも書いたように、

もう不要な無価値感や罪悪感はきれいさっぱり、

手放していこうというワークを続けていくうちに、

あるはずの波がかなり穏やかになってきたのを感じるんですね。

めっちゃモチベーションが高くなっている時と、

そうじゃない時の差が取れてきているのです。

はい、ここに悟り=差取り出て来ました。

私はお陰様でここ10日以上、

ずっと氣分良く過ごしています。

瞬間瞬間でネガティブといわれる感情が、

顔を出すこともありますが、

そんな自分も大好きだとすぐに思えるようになったのです。

誰も何も間違っていない。

みんなそれぞれに自分のやり方で、

魂の成長を進めているということがよくわかるんですね。

もちろん自分だってそう。

 

だからどんなにその人の人生がハードそうに見えたとしても、

すべてはうまくいっている!順調なんだ!

…と考えを切り替えられるのです。

生きている限りは誰しもが間違いなく前進している。

そのペースは人によってさまざまであって、それでいい。

自分に時々湧き上がってくる感情も私らしさであり、

これを体験するためにみんな生まれてきているのですから。

なのに自分でお金払って遊園地に遊びに来て、

乗ったアトラクションが怖すぎたと文句言ってるのと、

同じような思考・行動をしてしまうこともあります。

でもそれも必要なことなんですよね。

氣がつくまで繰り返せばいいだけです。

私自身も本当にそうだったし。

 

いつどんな時も、

どんな人もどんなことも、

ぜ~んぶうまくいっているにすぎない。

そう思えないのはその断片しか目に映らないから。

もっともっと視野を広げてみましょう。

人生全体を見通してみましょう。

ああなったらいいな、

こうなったらいいなという理想像は、

生まれてくる前に自分で決めてきた人生の青写真の

一部を思い出しているのです。

だからあなたが想像できるなら、

それは実現可能なんですよ。

制限さえ外してしまえばね。

そうは言っても、

その制限や思い込みを外すのが難しいと思ってしまうんです。

だけどこれすら想像すればいいだけでした。

 

私は並木良和さんの統合ワークというものを

毎日の瞑想時間に取り入れてやっていますが、

このほかにもシャワーから出る時に、

気功家の清水義久先生の無料セミナー動画で知った、

祓の詞(はらえのことば)という祝詞を上げて、

自分の体から自分を苦しめる思い込み・信念が抜けていき、

換気扇から出ていくイメージをすることも取り入れています。

イメージするだけでいいんです。

以前は頭や体を洗いながら斎藤一人さんの天国言葉を

ブツブツつぶやいていました。

自分の氣持ちがちゃんとその天国言葉に乗る日もあれば、

そうじゃない日もあってその繰り返し。

もちろん今も続けていますが、

言わなきゃという意識より、

言っているうちに自然に本当にありがたいという、

感謝の氣持ちが湧き上がってきて、

「ありがとうございま~す」ってしみじみ、

心と体で感じながら言えるようになりました。

 

何が起きてもあまり動じなくなってきている。

一瞬動じてしまったとしても、

すぐに思考と意識の方向を修正できる。

この状態は私に何を氣づけと言っているんだろうって、

考えられるようになったんです。

これはすべてはうまくいっているを

腑に落として理解できているからだと思います。

私たちすべての人間が、

生まれながらにして自ら背負ってきた、

無価値感と罪悪感。

これを手放していくことが、

ハイヤーセルフとの統合に繋がっていくんですね。

ハイヤーセルフとの距離が近ければ近いほど、

人は幸福感を得られ、

遠ければ遠くなるほど、

満たされないという不幸な感覚になるわけです。

あなたもどうぞ、

自分なりでもいいし、

並木良和さんの方法でも、

それ以外でもいいので、

ぜひぜひ手放しワークを進めてみてください。

私たちひとりひとりの幸福感が、

世界を平和に導くのですから…。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

天国言葉とは…

愛しています

ツイてる

うれしい

楽しい

感謝してます

幸せ

ありがとう

許します

 

並木さんの統合ワークとは…


統合ワークの基本をイラスト付で徹底解説!【アセンション 1000人統合 APIROS】