氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

幸せの条件

あなたにとって幸せの条件とは何でしょうか?

もっと年収が増えること?

理想のパートナーと出会って結婚すること?

マイホームを持つこと?

持病を克服して健康になること?

天職に就くこと?

あと〇㌔体重を落として美しく健康的な体を手に入れること?

コンプレックスが無くなること?

自由な時間を手に入れること?

私は年収とコンプレックスと自由な時間と理想の体重が、

ほんの少し前までの幸せの条件でした(;´∀`)

つまり足りないと思っている思考ですね。

いくら精神的に至高体験を味わっても、

やっぱり現実世界に変化が無いと、

後々ガッカリしてしまう。

だからいい波動を出したところで、

長続きしないわけです。

毎度その繰り返し。

 

 

 

しかし日々、

いつも自分の内面に意識をすることで、

確実に変わってきたことがあります。

それは無条件に自分を愛せるようになってきたことです。

あの人の物言いにムカッと来る自分も好き♡

失敗してたまに人に迷惑かけちゃう自分も好き♡

ガッカリする自分も、

食べ過ぎちゃう自分も、

飲まないって決めたのにお酒飲んじゃう自分も、

どんな自分も好きだって思えるようになってきている。

あーあ、でもそんな自分も好きなんだよね(*´∀`*)

って意識しなくても自然に思えている自分に驚きました。

だからいつも自分を責めることが無くて、

めちゃくちゃ氣がラクなんです。

もしもどんな自分でも好きって思えたら…、

こんなに幸せなことってないと思いませんか?

 

無償の愛という言葉がありますが、

自分のことすら条件付きじゃなきゃ、

愛することができなくなっている人が、

この世の中多いのではないでしょうか?

冒頭で例に挙げたような条件が揃わない自分なんて愛せない。

そんなふうに思っていませんか?

これだといつまで経っても、

幸せになんかなれませんよね。

なぜか自分に求める条件も、

生まれてきてからいろんな人たちと関わる中で、

備わっていった自分勝手な物差しによって、

設定していったものに過ぎません。

人に笑われている人を見て、

ああいうふうだと笑われちゃうんだとか、

実際にそういう経験をしたとかですね。

自分はその条件が最高だと思っていても、

他の人から見たら…ん~?ってことも実際あります。

価値観って人それぞれですからね。

日本での当たり前は海外じゃ通用しなかったりもしますし。

 

 

 

これもやっぱりここ最近毎度書いている、

手放しワークが効果をもたらしていると思います。

自分に対する無価値感と罪悪感を手放す。

私が最も自分に驚くことがまさに今朝起きました。

それは…うちの愛猫シャル(メス4歳)が、

どういうわけだか、

たまに家族の布団に粗相をしちゃうんですね。

f:id:charlotte102:20190629170153j:image

私はこういうことがあるとすぐに、

カチ~ンときていたけど、

猫に怒っても仕方ないし、

布団をそろそろ洗いなさいってことかなと、

解釈するようにして、

どうにか怒りを強制的に静めていたのですが、

今朝はビックリするくらい腹が立たなかったんです。

え?どうした?私の怒りの感情。

あれ?怒れなくなってる?

ウソ?マヂ?

あえて怒ってみようとするのですが、

それは起きてもほんの一瞬だけで、

全然腹が立たないのです。

こんなことってあるの?

シャルのおかげでそんな自分に氣づくことができたと同時に、

何だか試されたような氣持ちにもなりました(^▽^;)

 

たとえ怒ってしまう私も好き♡ってやろうと思ったのに、

待てど暮らせど起きてこない怒りの感情。

これはシャルに対してだけなのか、

ほかのどんな人や物事に対してもなのかは、

まだ定かではありません。

それにしても、

この怒りという感情を感じないだけで、

かなりエネルギーって温存されるから、

もちろん疲れません。

この状態が続かなくてもいいけど、

続いてくれたらうれしいな(o^―^o)

本当の幸せはどんな自分も受け入れられること、

どんな自分も好きって思えることじゃないかと思います。

幸せの条件を満たすことにフォーカスを当てるより、

ハードルを思いっきり下げてみるほうがカンタンかもしれませんよ。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡