氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

自分に感謝してますか?

私たちを幸せだと感じさせてくれる主な感情は、

感謝♡です。

今あるものすべてに感謝ができたら…と、

ちょっと想像してみてください。

現在の私なら、

目の前にあるパソコン、

コーヒー、日記帳、ペンなどなど。

今着ている服や座っている椅子。

財布の中のお金。

一つ一つに感謝の氣持ちを

いきなりは持てなくても、

もし無かったらちょっと?…い~や結構不便です。

あってくれてありがとうですよね?

これを何度も何度も繰り返していくと、

これだけでちょっと自分の中の下の方にもぐっていた、

幸福感が顔を出してきます。

現実は何も変わっていないのに、

勝手に心の方は幸せになって行くのです。

幸福感がだいぶ奥深くに潜り込んでいれば、

なかなかすぐには実感できないかもしれませんが、

ぜひ試してみていただきたい幸せになる方法のひとつです。

 

さて、この感謝ですが、

タイトルにあるとおり、

自分自身に対して感謝の氣持ちを持てているでしょうか?

私は最近、

朝晩にヨガをするのを心がけています。

ヨガって体を使った瞑想なんですよね。

私は過去に痩せるためにヨガをやっていたことがありましたが、

今はそうではなくて自分と向き合うため、

そして体のためにやっています。

私たちの体は私たちの魂のお城です。

この肉体があるからこそ、

私たちは人や物に触れたり、

香りを楽しんだり、

ビジョンを楽しんだり、

音を楽しんだり、

おいしいものを味わったり、

歩いたり、走ったりなどができるわけですよね。

私たちの魂の成長のために、

ず~っと付き添ってくれているのがこの肉体です。

私たちが何よりも先に感謝すべき対象ではないでしょうか。

それなのに、

あっちが痛い、こっちが具合悪い、

もっとスリムだったら、もっと美しかったら…などと、

文句ばっかり言ってはいないでしょうか?

 

 

 

24時間ずっと感謝するというのは、

なかなか難しいことですが、

感謝する時間を1日のうちにたとえ5分でも取れたら、

全く無いのに比べたら圧倒的に幸せです。

たとえばお風呂の時間って、

体と向き合う絶好の時間ですよね。

それぞれの部位にいつもありがとうと言いながら、

もしくは思いながら丁寧に洗ってみる。

以前チラッと聞いたことがあるのですが、

体ってタップしてあげると喜ぶらしいのです。

ふだん特別具合が悪くなければ、

意識することの無い体。

だからあえて意識して、

「ありがとう、愛してるよ」という氣持ちをこめて、

足や腕や胴体、頭などを軽く叩いていくと、

細胞一つ一つが喜ぶんだそうです。

とても従順なんですよね、愛すべき存在です。

 

そして体を動かす。

体は使ってなんぼ。

使わなければただなまって弱っていきます。

鉄も叩いて強くなるように、

鍛えることで私たちの体も強くなるのです。

ただ私はハードなのは苦手なので、

してもウォーキングやヨガ止まりです(;´∀`)

鼓動を呼吸をゆっくりとゆったりとする、

リラックスした状態がもっとも体に良いと言われていますしね。

ヨガではポーズを取ってゆっくり呼吸をします。

この時に意識を体の内側に向けます。

多少キツイ体勢だったとしても、

なるべくリラックスして深い呼吸をする。

「いつも私のためにありがとう」って思いながらすると、

体が喜んでいるのがわかります。

数回前の記事にも書いた記憶があるのですが、

以前の私は本当に無駄に付いている、

にっくき脂肪を落とすためだけにやっていたので、

まったく体に感謝なんかしていませんでした(;・∀・)

だけど体の立場になって考えてみたらどうでしょう。

いつも私のために働いてくれているのに、

なぜか憎まれ、恨まれていたら…。

あ"ーー、今考えるとなんてひどいことを!と思います。

 

 

 

私はちょくちょく、

体の中に宇宙空間が広がっているところを想像します。

すべては自分の内側にあるからです。

どんな答えもすべて自分の中にあるのです。

だから迷ったり、悩んだりした時は、

ジタバタせずに自分の内側に訊ねるのが一番なのです。

周りのガヤガヤを遮断し、

自分のためだけの時間を設けます。

周りに左右されないことを意識すると、

自分の軸が定まってきます。

自分とうまく付き合えるようになると、

直面している問題を解決するために、

必要な情報や人物を引き寄せたり、

アイデアが直感として下りてくる場合もあります。

それは自我の望みに関わらず、

魂レベルで絶好のタイミングでやってくるので、

過度に期待せずに自分を信頼して待つことです。

 

本当の私たちというのは、

何でもできちゃう全知全能の存在です。

しかしこの世に肉体を持って生まれてくることで、

できないを経験しにやってきたのです。

何でもできちゃうものから見ると、

なぜできないのか不思議なわけです。

3次元プラス時間次元の世界ではそれを味わうことができるのです。

すっかりできない役になりきって、

自分を責めるところまで来てしまっているとしても、

そろそろ氣づいていこうではありませんか。

まずは氣づけばいいんです。

 

私たちは本当は望めば何でもできる存在なのだということを。

ただ今は、できない自分を実感しに来ているだけなのだということを。

氣づかなければ氣づくまで違う方向に進むだけです。

何でも氣づいたところから修正していけるのです。

できない自分であり続けることを辞める決断をしてみませんか?

生き方・人生観がガラッと変わっていきますよ。

そのためにも自分自身に感謝の氣持ちを伝えることを

1日に1回でも実行してみてくださいね。

そうすることで喜ぶ体・自分自身を実感してみてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

みきっぺ実践中のおススメのヨガ動画


朝ヨガで一日を最高に過ごす! 15分のエナジーチャージ☆ #264


自律神経みるみる整う夜のヨガ☆ 今日の疲れを完全リセット! #252