氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

自分研究の第一人者になろう

みなさんはご自身のことをちゃんと理解していますか?

そんなのあたりまえじゃない!って言われてしまいそうですが、

意外と自分が知らない部分ってあったりします。

たとえば自分では話し上手と思っていたのに誰かが、

「〇〇さんの話ってつまらないよね」と言っているのを

思わず聞いてしまうなんてこともあるかもしれないし、

その逆に自分では人見知りだと思っていたのに、

「〇〇さんってめちゃくちゃ感じ良いよね」と、

直接言ってもらえることもあるかもしれません。

誰かに指摘されて初めて、

「自分ってそうなの?」って思ったことありませんか?

私は結構あります(;^ω^)

たとえば中3のときに初めてできた彼氏に、

「お前ってワガママだよな」と言われたことがあります。

恥ずかしながら、

その当時の私には全くその自覚が無く、

3人きょうだいの一番上なんだから、

ワガママなわけないじゃんくらいに思ってました(^▽^;)

また一緒に働いていた若い女の子に、

「オダさん、最初怖かったです」と言われたことも。

私は優しくしているつもりだっただけにショックでした( ̄▽ ̄;)

でも逆にいいこともありましたよ♪

いつの頃からか笑顔を褒められるようになって、

それまでずっと自分の顔をコンプレックスに思っていたのが、

少しずつ解消されていきました。

 

このように自分の知らない自分っているものです。

私は最近、自分研究にいそしんでいます。

自分の内面を主体に書く自分観察日記や、

並木良和さんの

誰もが生まれて来たときに背負ってきた、

無価値感や罪悪感を手放して、

ハイヤーセルフの自分と統合するというワークをしていくうちに、

過去や未来のことはどんどん氣にならなくなっていき、

いつも自分の感情や思考を氣にするようになってきたのです。

まさにこれって今ここを生きていることになるのではないでしょうか?

今ある感情を客観的に見て、

そこにさらに複雑に絡みつく別の感情があったりするのを発見して、

なるほどね!なんて思うことが最近よくあります。

 

 

 

たとえば、

結んであるヒモを解きたいのに、

なかなか解けなかったりすると、

イラっとしたりするじゃないですか。

で、その時に…

「あ、イラっとしたいんだ、今」とまず思います。

そしてさらに、

「(。´・ω・)ん? そんな自分をイヤだと思っている自分がいるわ」と、

更なる自分を見つけるわけです。

で、どっちの自分を手放したいか意識してみます。

するとイラっとする自分より、

それを否定している自分の方が嫌だなと感じるのです。

もっと突き詰めて、

「この否定する自分の元になっているのって何だろう?」と続けると、

これは自分のことを

認めたくない・許したくない!

…という氣持ちの先にある感情だと氣づきます。

なぜ認めたくない・許したくないなのか…。

 

それってほら、

生まれてくるときに背負ってきた、

無価値感と罪悪感じゃないですかぁ。

自分には価値が無いから否定したくなる。

罪悪感があるから否定したくなるんですよね。

心の底から自分にはとても高い価値があり、

唯一無二の存在と認識していれば、

罪悪感を持つことなんてありえないのです。

こう書くと毎日統合ワークやってるのに、

まだ無価値感も罪悪感も消えてないの?

意味あるの?それって思われるかもしれません(笑)

しかし人それぞれ魂の年齢って異なりはしますが、

ほとんどの人がとてつもない回数の人生を

経験してきているわけです。

その長い長い歴史を持つ魂に刻まれているそれと言ったら、

膨大な量であることに間違いはありません。

どこまでやればすっかり無くなるのかはわかりませんが、

確実に自分に変化が起きていることだけはわかります。

つまり効果はテキメンだということです!

 

 

 

これにより私は間違いなく、

自分研究にハマりだしました。

いつも今の自分を氣にしているので、

先にも書いたように後先のことを考える暇が無くなりました。

「それってまずいでしょ」と思いますか?

いいえ、そうではありませんよ。

私たちはいつも過去のトラウマに苦しんだり、

先が見えない未来を不安に思ったりすることに、

これまでかなりの時間を費やしてきました。

20代や30代のうちから老後のことを考えて…とかね。

申し訳ないけれど、

今現在の日本は明るい未来を想像しにくくなっていますよね。

これから消費税は上がるし、

高齢化も進む一方だし、

そうなったら年金なんて本当にもらえなくなるのではとか。

あの人もこの人も親の介護に疲れているとか…。

先のことを考えて楽しくなってくるのなら、

それは続けた方がいいと思いますが、

多くの人はネガティブな氣持ちになりやすいのではないでしょうか。

 

それであれば、

なおさら今ここを整えるべきです。

過去は現在にも未来にも影響しません。

未来に影響を与えるのは今です。

過去が現在にも未来にも影響しないワケは、

もしも今が最高なら過去なんて関係なくなるからです。

そう思いませんか?

今が思うように行かない原因を過去に擦りつけているだけなんです。

体の調子もメンタルの調子も、

悪くなるのは自分自身に目を向けないからです。

周りの人や状況やニュースに一喜一憂し、

自分自身を見ようとしていない。

自分の現状を作り出すのは、

他の誰でもなく自分自身です。

なのにその自分をほったらかしにしてしまっていませんか?

一番、氣にかけるべき相手は、

旦那でも妻でも親でも子でも上司でも部下でも友達でもなくて、

自分自身です。

自分の氣持ちや心の移り変わりにもっと敏感になってみるのです。

そうすることで自然に今ここという生き方にシフトしていきます。

周りや後先が氣に鳴らなくなるので不安が確実に減っていきます。

 

他人の目を氣にするということは、

自分自身の評価を他人に丸投げしているということです。

自分自身を研究すべきは自分です。

誰かにその評価や判断を預けるべきものではないのです。

自分の内面にフォーカスを当てることを意識していれば、

自分軸で生きられるようになります。

他人軸で生きることほどつまらないことはありません。

誰かの為に生まれてきた…は、

誰かの犠牲になるためではないですよね?

犠牲心たっぷりに奉仕されても相手には迷惑なだけです。

もっと自分を知り、

自分を愛し、

そして感謝して、

充分に自分を満たすことを諦めないでください。

満たされたあなたが周囲に振りまける愛を

どんどん拡大させていきましょう。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡