氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

たとえ今はそう思えなくても本当は…

あなたの現実を作っているのはいったい誰でしょうか。

今の収入、配偶者や恋人などの人間関係、

住む家やルックス、就いている仕事などなど。

これらの環境を作ったのは、

いったい誰ですか?

あえて考えてみたことはありますか?

なぜあなたはこの国に生まれたのでしょう。

なぜそれがあなたの名前なのでしょう。

なぜこの時代に生まれてきたのでしょう。

これらは単なる偶然の結果だと思いますか?

この世界に偶然ということは無く、

すべては必然だという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

正しくその通りなんですよね。

私たちはそれぞれに人生ドラマを演じているのです。

つまりそこには台本があるということです。

偶然知り合ったと思っていたあの人とも、

実は出会うこと、

お互いにそれぞれの役を演じ合うことで、

どんな体験をするかということも、

すべて台本に書かれているのです。

 

そして私たちはそれぞれ一人一人が、

名俳優、名女優なんですよね。

f:id:charlotte102:20190902222635j:plain

これは演技なのだということをすっかり忘れて、

その役に成りきり没頭しているのです。

でも時々わからなくなることがありませんか?

何で生きているんだろうとか、

現実に翻弄されながら、

私という存在(意識)はいったいどこから来たんだろうとか。

我(魂の意識)に返る瞬間が、

ふいに訪れることはありませんか?

自分の現実(ドラマ)は自分で作り出しているものであり、

その台本を書いたのも、

実は自分自身なんですよね。

 

 

 

私はかつて韓国ドラマにハマったことがありますが、

何でこんなにすごい展開になるんだろうと思って観ていました。

今はどうかわかりませんが、

聞くところによると韓国のドラマは、

視聴者の反応を見て台本を書き換えて、

より視聴率が集まるように工夫がされているんだとか。

求められているものを察知して、

臨機応変にアレンジを加えているんですね。

もちろん大まかなストーリーは変わらないでしょう。

しかし演出を大きく変えたり、

本筋に影響を与えないくらいのミニストーリーなんかも

取り入れられているのかもしれません。

私たちの人生もこれと同じことが可能です。

ただやはり大筋の台本は変わらないので、

親や出身国、

名前や時代を変えてということは、

この人生においてはできません(;^ω^)

この役を演じていくのはその人生が終わるまで、

続けていく必要があるということです。

 

あなたは人生に満足していますか?

もしも…

満足できない!

もっと幸せになりたい!と強く思うのなら、

その転換期、

つまりアレンジを加えるタイミングにあるといっていいと思います。

ただその前にまず知っておいていただきたいのは、

あなたが一切の制限を捨てて想像できる、

最高に幸せな展開は実現可能であり、

それがあなたの人生ドラマの台本にあるということ。

ハッピーエンドが想像できるのであれば、

それが台本に既に書き込まれているんだということです。

一切の制限を捨てて想像できる…というのは、

「今の収入じゃ無理」とか、

「常識の範囲を超えている」とかいう制限です。

考えられる限りの幸せなイメージをしてみましょう。

これは作り出している感覚があるかもしれませんが、

実は思い出している作業にあたるのです。

 

知らないもの、

想像できないものを私たちは作り出すことができません。

あなたが想像できるものであれば、

すでにそうなる世界(ドラマ展開)は、

可能性として存在しているということになるのです。

この考えられることすべては、

パラレルワールドとして今ここに同時に存在しています。

今日は何色の服を着ようか、

持っている服の数だけ可能性があり、

どれを選ぶ世界も存在しているのです。

そのうちのどの世界にするかを決めているのは、

他の誰でもない自分自身なんですね。

そんなことはない!

誰かや何かにそうさせられただけだ!

…と思うこともあるかもしれませんが、

その誰かや何かにそうさせたのも実は自分自身なんです。

ちょっとややこしい話になってきてしまったかもしれません。

 

だから、

この人生ドラマの台本の大筋を決めてきたのも、

自分自身の魂なんですよ。

あとは自我を持った存在である自分が、

どのように演出していくのかは、

それぞれに任せられているのですね。

それに大きくかかわっているものがあります。

それは思い込みです。

思い込みには、

魂レベルでしみついているものもあれば、

この人生において新たに植え付けられたり、

もしくは誰かや何かに傷つけられた結果、

自分を守るために自身で作りだした思い込みもあります。

この思い込みはそのままセルフイメージにも繋がります。

あなたは自分のことをどう思っていますか?

あなたが現在演じている役柄は、

どのようなものですか?

その役柄のどんなところが好きで、

どんなところが嫌いでしょうか。

客観的に見て自分のことをどう思っているか。

これこそがセルフイメージであり、

その通りの役柄になっているのだということに

氣づいていただきたいと思うところです。

 

 

 

私たち一人一人は、

それぞれの人生ドラマの主役を演じていながら、

実は監督や演出も自分でやっています。

だから変えたければいつでも変更可能なのです。

では、どうやって変えたらいいのか。

演出に大きくかかわっている、

そう、思い込みを変えていけばいいのです。

本当はどんな役柄がいい?

たとえば大金持ちだとします。

それが良いと思うってことは、

大半は今の自分はそうじゃないという思い込みがあるからです。

でも本当の自分はすでに大金持ちなのです。

そうなりたいは本当の自分はそうだということを

思い出したいということに繋がっています。

思い込みが邪魔をして本当は受け取れるはずの豊かさを

受け取れない状態でいるだけなのです。

その思い込みを持ち続けることで、

お金が足りないとか、

お金に苦労するという貴重な経験をしたかっただけなのです。

このことに氣づく(思い出す)ことができれば、

これまでのドラマの展開を変えていくことができます。

 

思い込みはどうやって外せばいいのでしょうか。

それは新たな思い込みを自分自身にインストールし、

上書きするだけでいいのです。

もっとも効率的なのは自己暗示です。

「私は大金持ち」

「私は豊か」

いつもそういう言葉を自分に言い聞かせる。

最初は氣持ちがついて行かないかもしれません。

でもそんな時はこの言葉を

プラスアルファしてみましょう。

タイトルにある言葉、

「たとえ今はそう思えなくても本当は…」です。

幸せじゃないと漠然と感じているのなら、

「たとえ今はそう思えなくても本当の私は幸せ」

ちょっと声に出して言ってみてください。

100回でも10分でも時間を取って言ってみてください。

少しずつ少しずつ軌道修正されていきますよ。

大事なのは疑いや執着になるほどの期待をかけないこと。

これらは低い波動を持つので、

残念ながら妨げになってしまうのです。

でも人間ってやるなと言われるとやりたくなる生き物ですよね(笑)

であれば、

疑ってもいい、期待しすぎてもいいって、

これも言ってみるといいかもしれません。

あまり真剣にだと疲れちゃうので、

遊び感覚で試してみていただきたいと思います。

あなたの人生ドラマの展開は、

これまでもそしてこの先も、

あなたの思い込みにかかっています。

思い込みを書き換えて、

より良い人生ドラマを創造していきましょう。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

P.S. 

毎週水曜日と日曜日の21時ごろからライブ配信を行っております。

昨日はこのブログから遊びに来て下さった方がいました。

めちゃくちゃ嬉しかったです。

もし氣が向いたら、

チラッとでも覗いてみてくださいね。

www.youtube.com

ツイキャスアカウントをお持ちの方はコチラ☟

twitcasting.tv