氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

デトックスノートのすばらしさ

昨夜とその前のライブ配信では、

デトックスノートについてお話させてもらいました。

1本1時間半もある動画なので、

もしあなたと私の氣のチャンネルが合えば、

ラジオ感覚で楽しんでいただけたらと思うのですが、

一応、テキストとしてもまとめておこうかなと思います。

 

当ブログでは、

これまでも「紙に書く」は「神に書く」という意味があるので、

思いのたけや願い事、

自分の深層心理を知ったりするために、

紙に書き出すことをおすすめしてきました。

私自身、

最近はカタカムナにも興味があって、

ゆっくりペースではありますが、

そちら側からも学ばせてもらっていくなかで、

膜宇宙なるものを知りました。

言葉こそ聞いたことはあったものの、

それが何たるかは吉野信子さんの動画や本で納得しました。

まず超ひも理論という理論があります。

この宇宙に存在するものすべては、

ひもの形をした素粒子からなりたっているという理論。

このひもは動いていなければ1次元ですが、

それぞれに振動をしています。

ひもでも棒でも揺らすと残像が残って面に見えますよね。

これで2次元。

宇宙はこの2次元がベースでできているという考え方です。

ここに神(光)があるんですね。

紙も膜ですよね(;^ω^)

物質として存在するものが、

現実化するときに働く共通の作用があります。

それはこの膜に「思い(=重い)」という種が重さをかけ続けていくことで、

そこに高さが生まれ、

どんどん沈んでいくことで光から遠ざかった先にある特異点で、

現実化が起きるというしくみです。


カタカムナ言霊の超法則を読みました

この動画の28分くらいから少し見ていただけたら、

紙を使って説明しているので、

いくらかわかりやすいかもしれません(^▽^;)

ちなみに特異点とは、

それまでの動きが限界に達した時に、

急に逆の動きになる場所のことをさします。

子どもの時とかにやりませんでした?

ひもをひたすらねじっていくと、

あるところで急にグルンと輪っかができる。

つまり動きが逆に変わる瞬間ですよ。

数字で言えばゼロですね。

プラスでもマイナスでもない場所。

 

 

 

私たち人間も次はあんな体験がしたいとか、

前回は達成できなかったことに、

もう一度チャレンジしたいなどという、

純粋な思いを膜宇宙に落として、

その重さをどんどんかけていくことで、

膜の反対側に出てきた存在なのです。

だからその膜と同じ作用があり、

神と同じ名前を持つ紙は、

まさにミニチュア宇宙?

多くの成功者の方々の習慣は、

瞑想することと、

とにかく紙にリストアップすることだそうです。

前置きがとても長くなってしまいましたが、

紙にはそういう秘められたパワーがあることをまず、

知っていただけたかと思います。

 

ここでやっとデトックスノートですが、

ここに生きているほっとんどの皆さんが、

日々体験し手放したい、

解放されたいと思っているであろうネガティブさん。

怒りや悲しみ、悔しさ、憎しみ、不安、

自己不信、罪悪感などなどいろんなネガ感情がありますね。

私も本当にこのネガ感情と、

どう向き合うべきかを

この4年ずっと考えてきたように思います。

そしてその都度いろんな対処法を

私なりに編み出してきました(笑)

そのつど効果は発揮してきたはずなのですが、

なぜか次に来たネガ感情さんは、

なかなかそれだけじゃ消えてくれなかったりとかして、

悪戦苦闘を繰り広げてきたこの数年でしたが、

並木良和さんの統合ワークでかなりいろんなものを手放し、

自分観察日記をつけ始めて

スッキリしてきたら、

電波が良くなってきた感じで、

氣づきが頻繁に起こるようになったり、

エネルギーを体感できるようになってきました。

 

でも瞑想とか苦手!って人にも簡単にできるのが、

デトックスノートなんです。

私たちは食べ物や飲み物を摂取して、

トイレで排泄しますよね?

物質的なものだけではなく、

感情やエネルギーも目に見えていないだけで、

いっぱい受け止めているんですよ。

関わる人が多ければ多いほど、

喜びもあればストレスもかかってくるものです。

だから時々、

メンタルもデトックスする必要があるのです。

デトックスノートは言わば、

メンタルのトイレに当たりますね。

ネガ感情が湧き上がってきたときは、

トイレに行きたくなったあの感じと同様。

なのに今はちょっとトイレには行けないって、

ガマンしてたら体に良いこと無いですよね?

よほどのことが無い限りは、

みなさん我慢しないでトイレに行くことでしょう。

なのに多くの人は、

メンタルのことになるとどう対処していいのかわからない。

なぜか出てこないように出てこないようにと抑え込んでしまいます。

とくに人前だったりすると、

顔に出さないようにって頑張りますよね?

 

私はデトックスノートを7月の後半から始めました。

その感情の大小に関わらず、

あ、もよおしてきたな(笑)と思ったら、

出来る限り間髪入れずにデトックスノートに書き出します。

思っていることを素直にそのまんま書き出します。

汚い言葉、汚い字で全然OK!

これでもかってくらい書き出すのです。

書くことで出るんですよね。

そして書いたらそれを読みます。

ちゃんと確認するんです。

トイレでも確認しますよね?

健康状態のチェックで。

書き出して読むことで、

急に第三者的なとらえ方ができるようになります。

これが非常に面白くて私はハマりました。

 

日付を一緒に書き入れていくことで、

ネガ感情は案外毎日起きているワケじゃないことに氣づいたり、

ある程度の波があることが見て取れます。

じっくり書き出したものを見ていると、

自分の中にあるどんな思い込みが、

この感情を発生させる現実を生み出したのかも

段々見えてくるようになります。

そうは言っても、

仕事中や誰かと会っている時なんかは、

なかなかデトックスノートに書き出すということはできませんよね?

でも私はなるべく帰宅後、

その時にどう思っていたかを思い出して書き出しました。

そしてこれも慣れてくると、

今すぐに書き出さなくても、

臨時的に頭の中で分析することができるようになっていきます。

分析できて「なるほどね、じゃこれを教えてくれたあの人には感謝だ!」

と思えると、

不思議なことに途端にその人の態度が良く変わったりするのです。

 

 

 

誰かに対して怒りの感情が湧いてきた時に、

以前はその人が謝ってくれるかどうかしないと、

腹の虫がおさまらないなんて思ったり、

ひどいと謝られてもムカつく。

もしくはひたすら時間が忘れさせてくれるのを待つ

…なんてこともあったりした私ですが、

このデトックスノートを習慣化したことで、

短時間のうちに自己解決できるようになったのです。

私たち人間は、

何回も何回もアバターである肉体を取り替えて、

生まれ変わってきている存在なので、

この人生だけじゃなくて過去世での経験なんかも

大いに魂の記憶として残っているわけです。

だから一度や二度手放したところで、

スッキリきれいになるということはありません。

でも手放したものが戻ってくるということも無い。

ネガ感情が出てきたら、

トイレに行くがごとくデトックスノートに書き出す。

これを繰り返して行くことで、

新しい発見が必ずあります。

先日、ある人が自分の配信で、

私のことを悪く言っているという情報が入り、

思いっきりムカついたわけですが、

その時にその怒りの感情をノートに書き出したことで、

その書き出された私のネガ感情を客観的に見て、

怒りという感情は、

こんなにも私を守ろうとしてくれている存在だったんだと

氣づくことができました。

ネガ感情は追い払うとか抑え込むとかするものではなく、

むしろ感謝するべき過激ではあるものの、

間違いなく私の味方なのだと、

改めて思ったらものすごく愛おしくさえ感じました。

そんな氣づきを得られたのも、

私のことを叩いてくれている人たちのお陰だと

思えるようになるところが、

本当にこのノートの素晴らしさだと思います。

どうかあなたの人生にもお役立てくださいね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡