氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

コンフォートゾーンを抜け出す荒療治

2019年10月から私の生活で新しい章が幕を開けました。

今までずっと遠距離恋愛だったdrake(id:kemoxxxxx)さんが、

函館人となったのです。

まだ同居したり、

入籍したりというところにはいたりませんが、

約3年続いた遠距離恋愛が終わったのです。

私たちが付き合いだしたのは2016年の10月。

スピリチュアル的に、

2016年の秋にはすべてが変わるといわれていたのを最近知りました。

そして今回、

新しい章を迎えるにあたっても、

一番大きな決断をすることになったdrakeさんのタイミングが、

本当になるべくして成っているんだなと思わざるを得なかったのです。

私こそは住まいも何も変わらず、

ただdrakeさんが近くなったというだけなのですが、

彼にとっては住むには初めての土地。

仕事から何からすべてを一新するわけですから、

本当に大きな決断であり行動であったと思わざるをえません。

 

 

drakeさんの移住でいろいろ現実が忙しかったために、

ブログもライブ配信も後回しになってしまっていましたが、

昨晩私は約1週間ぶりにライブ配信を行いました。

そこで話題に出たのがコンフォートゾーン。

先日、瞑想をしていた時にふと出てきたのが、

「身の丈」という言葉でした。

よく言ったり言われたりしませんでしたか?

「身の丈に合った生き方をしなくちゃだめだ」

まさにこれこそがコンフォートゾーンなのではないでしょうか。

現状維持=大きな変化なし

何か叶えたい目標があるときに、

このスタンスでいては何も変えることはできません。

現状を打ち破るような行動をしなくては、

素早い変化も大きな変化も得られないわけです。

頭ではわかっていても、

やっぱりコンフォートゾーンから抜け出るのは、

正直怖いし、居心地も悪いものです。

身の丈に合った生き方である、

コンフォートゾーンはぬくぬくと温かく、

居心地がいい反面、

何の刺激も成長もないものですよね。

 

f:id:charlotte102:20191007214231j:plain

このコンフォートゾーンに留まるも抜け出すも、

自分次第だと思っていたのですが、

自分の意志とは別に働く現象もあるのだなと思いました。

ああした方がいいな、

こうした方がいいけどまだちょっとな…というような考え方が、

しばらく続き行動をしない選択を続けていると、

大きな衝撃的なトラブルや事態が起きて、

否が応でも決断せざるを得なくなるということ。

これはおそらくハイヤーセルフの働きなのでしょう。

私たちはみんな生まれてくるときに、

今回の人生ではこう生きる!という目標を設定しています。

生まれてくる時代も国も親も名前も容姿も、

自分で決めて生まれているのです。

ここにエゴの意識はありません。

誕生してしばらくすると現れてくるエゴの意識。

だから誕生前の設定のことなどすっかり忘れてしまうのですね。

それでも大きく道から外れそうになると、

このようにハイヤーセルフが軌道修正をしてくれるわけです。

言わばショック療法ですよ。

ちょっとやそっとじゃ大きな行動をしようとしないでしょう?

せざるを得ない状況に持って行って、

誘導してくれる働きがあるということです。

おもしろいですね。

 

 

そのショックを感じたときは、

「どうしてこんなことに!」と、

怒りや悲しみなどでいっぱいになったり、

苦しかったり辛かったりするものですが、

苦しいはにがい

辛いはからい

いずれも人生のスパイスになるわけです。

人生に旨味を与える役割を果たしてくれるわけですね。

しんどいときは、

これは人生のスパイスだということを思い出していただき、

さらに自分の人生を味わい深いものにしていきましょう。

すべてはうまくいっているだけなのですから。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

P.S.

昨日のライブ配信の様子です。

よかったらラジオ感覚ででも聞いていただけたらと思います。

www.youtube.com