氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

あっという間に世界平和を実現する方法

前回の記事には「高い意識とは?」を書かせていただきました。

意識という視点が高ければ高いほど、

あらゆることが俯瞰して見え、

今まで氣にしていたことが大したことではなく思え、

広い範囲にまで氣を配ることができるようになるのですね。

意識が低い(自分のことしか見えない)と、

何となく居心地の悪さを感じてしまうものです。

でもこれは波動を低くするためにすべての人が持ち合わせている、

罪悪感の作用だというだけのことであり、

自分のことを考えることは罪ではなく、

世界を平和に導くための大事な大事な土台なのだということを

忘れないでいただきたいと思うわけです。

自分のことを考えないで、

外側にばかり意識を向けていると、

やがてそれは犠牲心や欠乏感を生むことになるからです。

 

私たち一人一人には、

今ここに生きる大きな意味があります。

誰の何の役にも立っていない人は一人もいないのです。

「ああなりたい」と思わせる人もいれば、

「ああはなりたくない」と思わせる人もいるでしょう。

ちなみにどちらが良いとか悪いという判断は不要です。

それは人や国や文化などによって異なることであり、

一定の判断の基準はどこにも存在しないからですね。

どちらの人もある人の人生にとって、

何かしらの道標になっています。

人と関わることで自分とはを学んでいるのが人間です。

自分に許さないことをしている人を見ると嫌悪感を覚えるでしょう?

その反対もまた然りです。

つまり関わる人が「自分とは」を教えてくれているということになります。

これこそが鏡の法則と言われる所以でしょう。

自分のことがわからなければ、

あなたの心を揺さぶる近くの人の、

どんなところが好きで嫌いかを改めて確認してみるといいでしょう。

最も近くにいる人が自分と近い波動を持っている人なので、

毎日顔を合わすような家族や同僚で確かめてみるといいかもしれませんね。

そこに書き出されたことはつまり、

自分の中にある好きなところであり、

嫌いなところにあたります。

あの人の嫌いなところが、

自分にもあるなんて思いたくないかもしれませんが、

自分にまったくないところというのは無関心になるものです。

ここは四の五の言わずに諦めて認めちゃってください、

これからの幸せのために(^▽^;)

 

 

 

嫌いなところを自覚するというのは、

傷口に塩を塗るような感覚に陥るかもしれません。

でもこれこそが自分を世界を幸せに導く行為に繋がるとしたら、

あなたはこの先の作業を続けますか?

それとも止めちゃいますか?

この世界は相対性の世界であり、

必ずその反対側というものが存在するのです。

つまり「嫌い」の反対には、

好きが隠れているということですよね。

たとえばいつも愚痴ばかり言っている同僚がいて、

その人のそういう部分に嫌悪感を持っているとします。

愚痴ばかり言うのが嫌いだということは、

愚痴の無い世界を望んでいるということであり、

それはつまり「感謝でいっぱいの世界にしたい」という欲の裏側なのです。

「欲は良くする」ためのものでしたね?

www.charlotte102-blog.net

ここに自分の望みが見えてくるのです。

そういう世界になったら自分(=世界)が幸せになれるということを

教えてくれているということです。

つまりこれこそが自分の使命だと捉えられるわけですよ。

 

「好き」の場合は裏をかかずとも、

そんな部分が自分にもあってそんな自分を好きだと思っているということです。

そしてそれを追求していけば自ずと幸せになれるということですよね。

だからこそ好きなことはどんどんやっていく必要があります。

好きなことを追求していくとセルフイメージが上がります。

好きなことをやっている時は文句なく幸せなはずです。

でもここにも「罪悪感」が作用してしまうと、

「好きなことだけしていてはいけない」という氣持ちが発生し、

あなたを苦しめてしまうことになってしまいます。

このしくみを頭に入れておいてください。

何だか申し訳ないような氣持ちになるのは、

本来の自分の在り方ではなく、

「罪悪感」というおもりのせいであり、

それは自分が意図することで外していけるのだということを。

これに関しては別記事で紹介しますね(;^ω^)

話を元に戻します。

自分の好きなことをしていたり、

好きな環境に身を置いていると、

心身ともにリラックス状態になって行きます。

このリラックスした状態こそが、

本来の私たちの在り方です。

つまり真我や魂、

ハイヤーセルフなどと言われる存在の状態です。

ハイヤーセルフに会うための瞑想なるものを

一生懸命学ぼうとしなくても、

リラックスした状態がそれなんです。

何も難しいことは無いのですね。

このリラックスした状態の時にこそ、

氣づきやヒラメキが降りてきやすくなります。

「何とかしなくちゃ!」と緊張状態にある時は、

なかなかいいアイデアが浮かんでこないのはこのせいだったのです。

人からヒントや助言をもらえるのは、

その人が緊張状態になく、

客観的に物事が判断できるからであり、

特別その人に特殊な才能があるわけではないのです。

 

 

 

さあ、あなたの趣味は何ですか?

その趣味、ちゃんと日々の生活に取り入れられていますか?

その趣味にこそ、

もしくはその趣味を楽しみ続ける先にこそ、

自分の使命が見つかるものです。

何でも最初の一歩というのは億劫であり、

もっともエネルギーを要するものです。

時間がないことを理由にやらないのは、

使命を果たそうとしない怠慢と言っても過言ではないと思います。

何かを実現しようとすれば、

どんな知識や物質が必要なのかを調べたり、

材料をそろえたりといろんな工程があるものです。

とりあえず今すぐ自分ができることって何でしょうか?

それから始めればいいだけなのです。

最初の一歩さえ踏み出せば、

その勢いで次々とラクに歩みを進められるものです。

だってそれは自分の好きなことなのだから。

それでも自分のためだけに時間やお金を使うことに抵抗があるというのであれば、

こう自分に言い聞かせてみてください。

私の幸せが世界の平和につながっている。

私が幸せじゃなければ世界の平和はあり得ない。

私が世界を平和に導くんだ!

清々しい氣持ちになりませんか?

世界のみんなが幸せであなた一人だけが不幸だったら、

それは世界平和だとは言えないのです。

みんながまずは自分からを一斉に始めたら、

世界はあっという間に平和になると思いませんか?

つまりあなたの好きな物事の先に、

世界平和への道があるということです。

 

でもこのしくみをまだまだ多くの人々は思い出していません。

もしも共感できるところがあり、

これを実現しようと思ってくださるのならば、

この記事を紹介していただくか、

あなた自身の言葉で、

あなたのネットワークで発信してくださいませんか?

もちろんこのような情報発信をされている方は、

他にも多くいらっしゃいます。

誰かと比べて自分には説得力がないなどと思う必要はありません。

自分には自分にしかない個性というものがあるからです。

英語を教える先生はたくさんいるけれど、

あの先生の教え方が好きなどという、

合う合わないの波長の違いがあるものです。

だからたくさんこういう発信をする人は、

一人でも多くいたほうがいいのです。

世界平和の実現にぜひご協力をいただきたいと思います。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

~お知らせ~

11月17日の21時より氣づきプレゼンターみきっぺの

スピリチュアルトークライブを配信します。

今回の記事をもとに話をいろいろ展開させていくつもりです。

氣になったら遊びに来てくださいね(^▽^)/


あっという間に世界平和を実現する方法