氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

自分が変われば世界は変わる

あなたの日常の思考はいかがでしょうか。

普段どんなことを考えているかで、

あなたの世界が大きく変わることをご存知でしょうか。

あの人のああいうところが氣にいらない。

消費税が無かったら…。

子どもが言うことを聞いてくれたら…。

給料がもっと良ければ…。

上司がもっといい人だったら…。

もっと自由な時間があれば…。

パートナーがもっと素敵で優しかったら…。

もっと自分のスタイルが良ければ…。

ここではネガティブな思考を取り上げてみましたが、

もちろんポジティブな思考もたくさんあることとは思います。

しかし、ここにあげたような思考が、

自分の世界を構成しているのだとしたら、

あなたはこれを改善しようと思いませんか?

 

上にあげた例では、

ほとんどが自分以外に目を向けていて、

その思考の原因は相手に原因があると思ってしまっています。

でも、これ逆なんですよ、実は。

まさに「卵が先か、鶏が先か」みたいなものなんです。

現実という結果を見て私たちは物事を判断します。

しかし結果はあくまでも結果であり、

結果を作っているのは私たちが普段している思考なのです。

あの人は怒りっぽいと思ったとします。

この思考こそが怒りっぽいあの人を

これからも形成し続けるのですね。

そしてそれはそういう解釈メガネとなり、

あの人の怒りっぽさだけが特に目立つようになるのです。

でも人にはもちろんいろんな表情があるものです。

それは対応する人々によっても異なりますよね。

氣の合う仲間にはその怒りっぽい人も笑顔になることでしょう。

不安そうな表情になる場面や、

とても優しい一面だってあるはずなのです。

それなのにどうして自分の目に映るのは、

怒りっぽいあの人ばかりなのかは、

自分がそういう解釈メガネを着けてるからに過ぎないのですね。

 

 

 

 

自分に嫌悪感を与える解釈メガネを外して、

その人の良いところを探してみることをします。

嫌いの裏には好きがあるのはこの世の法則ですから、

必ずそれは存在します。

単に今まで、

自分がそれを見ようとしてこなかっただけに過ぎません。

「この人の好きなところを見る」と自分自身に宣言することで、

解釈メガネが着け変わります。

最初はなかなか焦点が合わないかもしれませんが、

直に慣れてきて好きなところが見えてくることでしょう。

意外な一面を垣間見て、

相手を見直すなんて経験がありませんか?

これは単純に他の面を見ようとしてこなかったことに、

原因があるというだけで、

どんな人も角度を変えれば見え方が変わるものなのです。

人の嫌なところを探して観測し続け、

嫌な氣持ちになっているのは誰でしょうか?

他でもない自分自身ですよね(;^ω^)

 

またその人の背景に意識を向けるというのもおススメです。

たとえばこんなにイライラしているということは、

何かプライベートで悩みがあるのかもしれない。

夫婦喧嘩をしたのかもしれない。

心を許せる友人がいないのかもしれない。

自分自身を好きになれないのかもしれない。

…などと勝手に思いを巡らせてみるのです。

すると氣持ちが楽になりませんか?

むしろ同情さえしてしまいたくなったりして、

許そうという氣持ちになるものです。

それが真実かどうかは一切関係ないのです。

要は自分の氣持ちが緩むかどうかがカギなのです。

許すと緩むんですね。

つまりそれはリラックスした状態です。

リラックスした状態は本来の私たちの在り方であり、

幸福感や愛情に満ちた温かい氣持ちになるものです。

その時に発する波動は、

周りにも伝わっていくものです。

いつもニコニコしている人がいたら、

それだけで場の空氣がなごみますよね?

 

自分が嫌な氣持ちになる世界は、

そこにフォーカスを当て続けているかぎり、

変わることはありません。

冒頭にあげた例のように、

アレもコレも氣にいらないのであれば、

いろいろ変わってくれないと、

自分は一向に幸せになれないことになります。

たった一つを物理的に変えることも難しいものですが、

自分の解釈の仕方や見る角度を変えること、

さらにはその奥行きを想像(=創造)することで、

簡単に自分の世界を変えることができるのです。

つまり外側を変えることに、

躍起になる必要はまったく無いのです。

 

どんなネガティブな思考にも、

それに到る原因が自分の内側に存在します。

決して相手ではないのですね。

その相手にそういう役目を与えているのは自分なのです。

ここで嫌われ役を引き受けてくれている相手に、

感謝したくなるようなワークをしてみましょう。

相手に対する不満を思いつく限り紙に書き出して見るのです。

もちろんその相手は人でなくても構いません。

自分自身にでもOKです。

ふだん思っていることを紙に書き出して見ると、

それは神に受け取ってもらうのに価します。

だからこれだけでかなり氣持ちが楽になります。

そしてさらに自分が書き出したものを

改めて読んでみます。

確実に書いたときの自分とは、

別の自分としてそれを読むことになります。

これ、本当に面白いです。

要らないものを出して、

軽くなった分、次元が上昇するのでしょう。

意識が少し高くなった分、

客観的に見られるようになるのです。

つい数分前の自分とは、

もう同じステージにはいないのですね。

どうしてこういう感情になったのか、

少し高いところから見ると理解できるようになります。

私はものすごい怒りの感情が湧いたときに、

紙に書き出して改めて見つめ直したときに、

私を一生懸命守ろうとしてくれたのが、

怒りの感情であることに氣がつきました。

その時に感じられた温かい氣持ちは忘れられません。

感謝でいっぱいになったのです。

そしてこの機会を与えてくれた対象に、

心から感謝することができたというわけです。

 

 

 

 

この感謝の氣持ちこそが、

波動の低いものを本来の高い状態に戻してくれます。

私はこれを「成仏させる」という表現をしています(笑)

感謝されることを拒む者などいません。

いるとすれば、

それは本当に光から離れてしまった闇に生きる者だけです。

そういう存在はこのような記事を読むことも無いでしょう。

どう感じるかは別として(タイミングにより受け取り方が異なるため)、

こういう類の記事を読んでいるあなたは間違いなく、

光の存在であることを示しています。

感謝はする側でもされる側でも人を幸せにしてくれます。

要するに文句が多いのは、

感謝が足りないということなのですね。

不満だらけの世界も、

満足しかない世界も、

自分以外の者や物のせいではなく、

全部自分で作るのです。

つまり自分が変われば世界は変わるということです。

あなたの心を動かす対象すべてに感謝することを

どうか意識して実行してみてください。

そうするとあなたの目に映るものごと、

耳に聞こえる、感じるものごとすべてが、

自分のためにあるのだということを実感でき、

感動に涙を流すこともあるでしょう。

その涙は浄化の美しい涙です。

一人一人の世界が幸せならば、

あっという間に世界は平和になりますね(o^―^o)ニコ

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

~お知らせ~

11月20日20時20分より、

氣づきプレゼンターみきっぺのスピリチュアルトークライブを配信します。

いつもより早いスタートとなりますが、

タイミングが合う方はどうかお付き合いくださいませ。

自分が変われば世界は変わる