氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

卒業シーズン、今年はこれを卒業しよう

2020年は今週の金曜日の春分の日に、

太陽が牡羊座に入っていよいよ本格的にスタートします。

それもあってもしかしたら今時期、

体調の不良や感情の乱れなどで、

何かしらの不調を感じている方が多いかもしれません。

古いエネルギーを手放していくことで、

新しいエネルギーを受け取ることができるので、

健康面や精神面でもレベルアップするために、

これまでのおさらい的な経験が、

特に顕著に表れる時期だと言えると思います。

これは何も悪いことではなく、

膿を出しているだけのことなので基本的に心配は要りません。

「うみ(膿・生み)出し」の時には痛みや苦しみが伴うものなのです。

苦痛から逃れることだけを考えるのではなく、

新しいステージに変わっていく変化の時なのだと捉えてみてください。

現実面でも新しく進学したり進級したり、

社会人デビューなどを控えて、

着々と処分や準備に追われている方も多いところですよね。

 

さて今回の記事のテーマは、

時期的なものもあって今こそ卒業するものとしました。

あなたは何かから卒業しようとお考えでしょうか?

私が今回おススメすることは、

ズバリ「頑張る」「一生懸命」「必死」な生き方です。

今を生きる多くの大人たちは、

おそらくこの二つの生き方に強いられてきたのではないかと思います。

頑張らないと、

一生懸命にやらないと成功できない。

幸せになれない。

良い学校や会社に入れない。

こんな刷り込みを小さい頃からされてきましたよね?

その結果、あなたの人生はどのように展開してきたでしょうか?

ちょっとここらで振り返ってみませんか?

 

 

 

頑張ってきたから、

良い会社に就職して安定した収入を確保し、

結婚もして子供も生まれ、

マイホームも購入し、

幸せに暮らしているという方は、

現在どのくらいおられるのでしょうか。

傍から見たら幸せそうな家庭であっても、

それぞれに何かしらの問題を抱えて生きている人々が多いのが実情だと思います。

たとえば子供の教育費や家のローンに追われていたり、

金銭面では不安は無いものの健康面や家族の介護などに頭を悩ませていたり、

生活面は安定しているものの職場の人間関係が悩みの種だったり、

これと言って何も問題は無いけれど、

どうしようもなく空虚な氣持ちで生きていたりなど。

要するに100%幸福とは言い難い状況です。

頑張ってきたのに、

一生懸命に生きてきたのに、

100%幸せになっていないなんて割に合いませんね。

いったいこれはどうしてなのでしょうか?

 

ではここで、

「頑張る」「一生懸命」「必死」で生きている時の

私たち人間の表情をちょっと想像してみましょう。

どんな顔をしているでしょうか?

全体的に力が入っていて、

場合によっては眉間にしわが寄っていたり、

歯をくいしばっている表情が私には浮かんできます。

果たしてこれらは幸せそうな表情と言えるでしょうか?

では逆に幸せそうな表情とはどのような表情でしょうか?

全体的に緩んでいて、

目じりが下がり、

口角が上がっていて、

リラックスしているように見えるのではないかと思います。

ここに大きな相違が見て取れますね。

幸せになるためには、

「頑張る」つまり頑なに張り詰める必要は無かったのです。

死を覚悟して命を懸ける必要も無かったのです。

なぜならこの世界は引き寄せの法則が働いているから。

 

頑なに怠け心を出さず、

やりたいことは後回しにして生きていると、

本当の自分の幸せを無視するスタンスになってしまうのです。

自分のことは後回しにして、

誰かの為だけに生きていると、

当然ながら犠牲心や欠乏感が生まれてきます。

そして酷ければそれらを感じてしまう自分を責めて、

さらにいじめ抜きます。

本当はもっと楽をしたい、

遊びたい、

怠けたいという純粋な欲望にふたをして、

自らを幸福とは真逆の方向に導いてしまうのです。

 

そうは言っても実際には頑張った結果、

人並みの暮らしができるようになったし、

それが間違っていたとは到底信じたくないと思われる方も多いと思います。

自分が信じてきたものが実は違ったなんて、

それこそ自分を否定されているような氣持ちになるのは当然です。

でもそれは単に間違いなのではなくて、

昭和や平成初期のもはや古い生き方なのです。

たしかにそれらは高度経済成長といった大きな利益を生み出しました。

戦後の貧しかった日本をあっという間に豊かにしてくれたものでした。

しかしその裏では大きな負の問題も生まれています。

痴呆症、うつ、ガン患者、受験戦争、

燃え尽き症候群、濡れ落ち葉症候群、熟年離婚、

老人ホームや介護施設の増加、

老々介護などなど。

現代の日本人は年間に3万人以上が自殺しているのです。

これは幸せな世界とは到底かけ離れていることを表していますね。

メリットの裏には必ずデメリットが存在する、

私たちは二極性の世界で生きているので、

ある程度は仕方ないのかもしれませんが、

しかしもっとこの差を小さくすることはできないのでしょうか?

 

それには「頑張る」「一生懸命」「必死」を

やめていくのが一番なのではないかと私は思うのです。

ここで一度、

「頑張らなくていい」と言ってみてください。

氣持ちが楽になりませんか?

氣持ちを楽にして生きることこそが、

これからの時代の生き方なのです。

リラックスしてもいいんです。

考えて楽しいうちはいいけれど、

考えすぎて辛くなったら、

考えることをやめてもいいんです。

「ちゃんとしなくてはいけない」

「頑張らなくてはいけない」は、

もう必要無いのです。

これこそがとてつもなく大きな洗脳でした。

張りつめていると少しの衝撃でポキンと折れてしまいます。

しかし緩めていると柔軟性があるので、

簡単に折れてしまうことは無く、

臨機応変に対応できるのです。

氣は張るものではなく、

付けるだけでいいのです。

リラックスしている時ほど強いものはない。

この記事を書いていてジャッキーチェン主演の映画「酔拳」を

思い出してしまいました(笑)

改めて観てみようっと!

 

心の置き方や考え方、

身を置く環境も自分をいかにリラックスさせられるかが

大きなポイントです。

感情はあなたを幸福に導くナビゲーションシステムです。

感じて嫌な氣持ちになるなら、

考え方、捉え方が違うというサインなのです。

現実がどうであるかの理論はもう後回しにして、

どう考え方を変えたら自分の氣分が良くなるかを

ゲーム感覚で探ってみてください。

あなたの内側がクリアになれば、

人生は大きく様変わりしていきます。

宇宙レベルで迎える2020年を目前に、

ぜひ自分の内面の大掃除をしてみてくださいね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

明日もすべての人々の心が平和でありますように♡

 

お知らせ

♡毎週日曜日の21時からYouTubeチャンネルにて、

氣づきプレゼンターみきっぺのスピリチュアルトークライブを配信しています。

ぜひ、チャットプレイでご参加ください。

すでに終わったライブもいつでもご覧いただけます。

ぜひ1.5倍速以上でで聞いてみてください。

www.youtube.com

 

♡お悩み相談などの個人セッションも受け付けています。

初回に限り無料で行っています。

詳しくはお問合せフォームよりお氣軽にお問い合わせください。