氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

守護霊さんたちとハイヤーセルフのサポートを感じる日々

私はこのたび、

晴れてお蕎麦屋さんの勤務を卒業いたしました。

ず――――っと長いこと、

接客業しかしてこなかった私が、

去年の春に初めて就いた飲食業界での裏方の仕事。

職人氣質な先輩方に、

とてつもない抵抗感を覚えたものの、

仕事自体は自分にとても合っていて楽しかった。

小さい頃から、

何かが作りあげられていく様子を見るのがとても好きだった。

ジャンルは問わず。

そして自分自身で作りあげることも好きで、

手芸、編み物、料理にはとても関心があった。

最初は全然なじめなかった人間関係にも、

勤務すること1年弱くらいでやっと慣れてきて、

仕事に行くのに何の抵抗も感じなくなっていた。

むしろ楽しくなっていた。

…なのに、

それはいきなりやってきた。

「行きたくない」

特に何かあったわけではない。

7月の最後の週あたりから、

何となくそう思い始め、

そしてそれは続いた。

1日にたった4~5時間の勤務でしかないのに、

「自分の大事な時間が奪われる!」

…という変(というか当たり前?)な感覚が続いた。

そんな私が放っていた周波数が引き寄せた現実は、

「もう、やってらんねー」って思うようなことだった。

私がどこで働いていたか知っている人もいるので、

詳細は書かないけれど、

とにかくもう我慢ならんという感じで、

ダンナさんにも相談したうえで、

翌日、辞意を表明した(笑)

一応、辞める1か月前にその旨を伝えるということになっていたので、

翌月の締め日に辞めることにした。

この1か月の間に、

ずっと私の課題だった海老天ぷらも、

自分が納得できるくらいの出来にすることができた。

もはや思い残すことは無い…(((uдu*)ウン

 

 

 

…とはいっても、

週休2日で働いてきて、

手取りで7~8万円ほどの稼ぎがあったわけで、

やっぱりこれがあるのと無いのとではゆとりという面で違う。

ありがたいことにダンナさんの稼ぎがあるから、

食べていけなくなるわけではないけれど、

現実世界を考えると、

やっぱり当たり前に不安になってくる。

だって今まで、

雇用されて、

そこで時間と労力を提供して、

その報酬を受け取ってたわけだから。

そんなふうにしか生きてこなかったわけだから。

一昨年の秋に思いきって、

長年働いたスーパーでの勤務を辞めたときは、

この不安がものすご~い勢いで襲ってきた。

そして私もネガティブな波動を出してはいけないと、

ムキになって抵抗し、

その結果、身も心もズタボロになった( ̄▽ ̄;)

 

しか~し、

それでも今、私は生きている。

息子たちも元氣に生きている。

結果オーライなわけだ。

そして今回、

再び仕事を辞めてみて、

やっぱり不安はときどきこみあげてくるものの、

前回とは明らかに違うのを感じる。

それは、信じてくれないかもしれないけど、

守護霊さんたちとハイヤーセルフのサポート。

守護霊さんたちはいつも私を取り囲んで、

ず―――っと応援してくれている。

f:id:charlotte102:20200923174451j:image

不安になると途端に、

その存在感を大きくして私にわかるようにしてくれている。

これ、結構スゴイ。

割とマジでスゴイ。

かなり安心できる。

前回は何とか抑え込もうとしていた不安感。

でも、今はそれを感じていいんだ、

むしろ感じるべきなんだと思える。

何を感じても、

どんな波動を発しても、

「それでいいんだよ~」って言ってくれてるのを感じる。

感じたら、

「そっか~」って、

無くなりかけの歯磨きのチューブから絞り出すみたいに、

その不安感を自分の頭のてっぺんから出すイメージをしている。

私を取り囲む守護霊さんたちから発せられるエネルギーを

ありがたく、氣持ち良く吸い込み、

これからの私にはもういらないものを

「今まで嫌ってごめんね、ありがとう」ってな感じで見送っている。

結果、とても幸せな氣持ちになる。

 

私は月星座が射手座で、

自分のブログやYouTubeチャンネルの登録者数、

閲覧数などにいつも氣を奪われていた。

「もっと拡大させたい」という氣持ちに囚われていた。

囚われているという感覚にすら、

マドモアゼル・愛さんのお話を聞かなかったら氣づいておらず。

でもこれが月の罠だと知って、

とても安心できた。

ポジティブになろうと思っているのにも関わらず、

結果を氣にしてるって、

行動がめっちゃ後ろ向きだったよね。

ブログもYouTubeも好きなこと発信して、

楽しんだらそれでいいだけだった。

自分を苦しめるような思考は、

すべてエネルギーを奪っていく月の仕業だったのさ。

ジャンルはその人の月星座によって異なるんだけど、

誰しもが持っている部分。

斎藤一人さんの話を思い出した。

「人はね~、完ぺきにはなれないの」

裏を返せば完ぺきだったら人間じゃない(笑)

でも誰しも生まれてくる前は完ぺき。

ただ、すべてに満たされていると、

刺激が欲しくなるものなのよね。

どこにハンデを負うかを決めてきたのすら自分の魂の意志。

それをお母さんから生まれ出たときに、

きれいに忘れてしまうんだけど、

ちゃんとヒントはあったわけだ。

生まれたときのホロスコープにね。

 

いろんなことに興味関心が湧いて、

アレコレ手を出してきた今年の私。

まさかホロスコープを見ることになるとは思いもしなかった。

でも、流れはちゃんとやってきて、

それに乗っかろうと、

とりあえず「習うより慣れろ」精神で、

月星座診断を始めてみた。

www.charlotte102-blog.net

ホロスコープはとても奥が深くて、

ただ知識を詰め込もうとするのは、

私が最も苦手とする部分。

でも必要に迫られて集める情報って、

吸収率が高いんだよね。

ただ自分を向上させたいという漠然とした思いよりも…。

月星座診断をすることによって新しいご縁もできたりしている。

やってみて面白いなと思ったのは、

始めた最初の1週間で13人ほどのご依頼。

次の1週間でも同じくらいのペースだった。

これは毎日2人くらいに対応しなくてはいけないペースで、

お蕎麦屋さんの仕事もしながらだったから、

なかなかハードだった。

やっていくうちに改善点なんかもどんどん見えてきて、

早く整理したいな…と思っていたら、

少しずつご依頼のペースが落ちてきた。

ここで私の中から出現したキャラは、

「これでちょっとシステムづくりができるな」という安心した私と、

「目標100人なのにもう誰も依頼してくれなかったらどーすんの?」

という不安でいっぱいになる私だった。

でも「それでもいいんだよ~」って、

「むしろそれでいいんだよ~」って、

ハイヤーみきっぺの立ち位置に立つようにしていたら、

何と面白いことに、

一人の方に診断結果を送信すると、また別の一人から来る…という、

絶妙なペースに変わっていった。

実に面白い。

ハイヤーみきっぺはその辺の調整が絶妙だなと感心してしまった。

 

さて、そんなこんなで、

現時点でご依頼数は34件に達しました。

正直、ここまで来れると思ってなかった(^▽^;)

ご依頼くださいました皆様、

本当にありがとうございました!

とりあえず、まだまだ募集しておりますので、

自分が何に囚われ、手放していくべきなのか…

ということに関心がある方はぜひ、

この機会にご連絡くださいね(^▽^)/

このブログのお問い合わせフォームからか、

TwitterのDMからでお待ちしています。

必要事項は…

お名前(ハンドルネーム可)

生年月日

出生時間

生れた都道府県名

性別です。

それでは今回も

最後までお読みいただきありがとうございました。