氣づいたら…世界は平和だった!

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

許しの効果

去年の暮れから私は「許す」というワークを繰り返しています。

 

f:id:charlotte102:20210206175249j:plain

 

キッカケは五十肩(^▽^;)

 

去年の夏くらいに急に左腕に痛みを感じるようになりました。

 

それが五十肩というものだと職場の先輩に聞き、

 

半ば諦め、受け入れていたのですが。

 

だんだん諦めようにも諦められないくらいに痛みは強くなってきました。

 

就寝中にも痛くて目が覚めるほど。

 

よく言う「腕が上がらない」ほどではなかったのですが、

 

上げるたびに「いたたた」と口をついて出ます。

 

この言葉による実況によってさらに痛みは強化されていたように感じました。

 

 

クンダリーニレイキで自己ヒーリングしたり、

 

自分なりにいろいろ試していたのですがなかなかうまくいかず(-_-;)

 

しか~し、それは忘れもしない12月15日にやってきました。

 

そろそろ大掃除を始めるかと団地の階段掃除をしていた時のこと。

 

小林正観さんの本を女性の方が朗読されている動画が、

 

YouTubeの自動再生で入りました。

 

そこで私が知ったのは、

 

痛みは怒りから来ている

 

ということでした。

 

 

私は普段、自身のYouTubeライブでもしょっちゅうシェアしているのですが、

 

短氣なんです…はい(^▽^;)

 

車を運転している時に特にそうなんですが、

 

強引に割り込まれたり、

 

車間を詰められたりすると、

 

すぐにカチーーーン(# ゚Д゚)!となるわけです(笑)

 

おそらくこれは私の月星座が射手座で、

 

社会的な自我の欠損から来るものかと思っているのですが(;´∀`)

 

 

だからこのお話を聞いた時に「なるほど」とめちゃくちゃ合点がいきました。

 

怒りってどうしてわいてくるかというと、

 

自分自身に勝手に課しているルールがあるからです。

 

だからこれを平氣な顔で侵している人を見ると、

 

カチーーーン(# ゚Д゚)!となるわけですよ。

 

鏡の法則です☝

 

ってことは…そのルールを緩くすれば、

 

いちいち小さいことに腹を立てなくていいわけです。

 

怒っている時はとてもじゃないけど楽しくない。

 

つまり幸せじゃない周波数を発しています。

 

ルールを緩くするには「許す」がもっとも効果的ですよね。

 

 

この時の私は「何を?」とか深いことはまったく考えずに、

 

ただひたすら「許す許す許す許す許す許す許す許す…」と

 

念仏のように唱えることにしました。

 

ともかく実行です。

 

「理解は後からついてくる」(笑)

 

 

でもこれは ☝は本当で、

 

やっているうちに何を許せばいいのかが見えてきました。

 

たとえば「相手を許す」と考えた時に、

 

抵抗を感じたりしませんか?

 

「謝られても無いのに何で許さなくてはいけないの?」

 

「私は悪くないもん」とか(^▽^;)

 

 

許す=負けみたいな感覚を私は持っているっぽいので、

 

「怒っている自分を許す」

 

ってことにしたのです。

 

以前にも記事にしたことがあると思うのですが、

 

怒りの感情って高い意識から見てみると、

 

モーレツに自分を守ろうとしている自己防衛機能なんですよね。

 

よく吠える小型犬みたいな(笑)

 

私自身を愛しているからこその反応であり証明。

 

 

これに氣づくとふとこみあげてくるのが、

 

「ありがたい」という感情。

 

本当に面白いものです。

 

この感謝に変えるという作業が実は、

 

自分をどんどん幸せにする最大の魔法なんですよね。

 

 

そんなこんなで「許す」を続けることわずか2~3週間ほどで、

 

私の五十肩の痛みは激減しました。

 

夜中に痛みで目を覚ますことも、

 

日常生活で痛みに顔をゆがめることも、

 

今じゃ全くありません\(^o^)/バンザイ も余裕♪

 

 

ただその後、

 

非常に憤慨しちゃうくらいの怒りを感じることがありました。

 

これは俗に言う(?!) 神さまの試験ですね。

 

でも、「自分を許す」ワークから手に入れた

 

たくさんの氣づきのおかげでこれも見事にクリアできちゃいました。

 

 

「許す」をどんどんやっていくと、

 

まるで氣分はシンデレラのようになります(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

シンデレラって超ポジティブシンキングなんですよね。

 

だからどんなに継母や意地悪姉さんたちに

 

辛く当たられたって腐ることなく、

 

最終的には大きな大きな幸せをつかめたわけです。

 

ただ、許しがMAX状態になると、

 

意図せず顔がニタついてくるので、

 

お出かけのときにはご注意を(笑)

 

ちなみに私はよく洗濯物を干しながらニタついておりますよ。

 

 

この世に存在するすべてのものは素粒子というものからできています。

 

その素粒子自体が振動しているので、

 

私たちも振動の中で生きています。

 

振動…つまり波ですね。

 

波というものは上がったり下がったりします。

 

上がったり下がったりするからこそ波です。

 

ですから許しMAX状態になったとしても、

 

つねにMAXを無意識にキープできるわけではありません。

 

つねにMAX状態をキープするってよくよく考えると正直しんどいものですよね。

 

寝ないで働き続けるみたいなもんです。

 

何か今日は氣分が乗らないなって日があったとしても、

 

そう!「そんな自分を許す」なんですよね。

 

何もヤル氣が起きない時は何もしなけりゃいい。

 

そうは言っても仕事に行かなければいけないと思ってしまうのもよくわかります。

 

でも、ほらほらそんな時には「そんな自分を許す!」です。

 

どこまで行っても、どんな自分も許す

 

 

これってもう神の境地ですよ。

 

氣がついたらいつの間にかハイヤーセルフの意識になっています。

 

以前はハイヤーセルフの声が聞きたいと思っていたのに、

 

立場が逆になっちゃうんです。

 

「いまはどう思っているの?」

 

「何でもいいから氣持ちを言ってみてごらん」って。

 

 

ハイヤーセルフにつながるためのワークや瞑想やらを

 

いろいろやってきても繋がれないと感じていた過去の自分は、

 

一体何だったのやらと思ってしまいます。

 

こんなに簡単なことだったとは(笑)

 

 

先ほども波の話を書きましたが、

 

私はこうも思っています。

 

その波の基準…つまりゼロポイントは、

 

次第に上がっていくと。

 

ビルの1階あたりの高さで起きている波と

 

屋上の高さで起きている波とでは、

 

同じではありません。

 

その基準ラインが上がっていけば、

 

たとえ落ちたところで知れているわけです。

 

だから自分を幸せにしようというところにチャンネルを合わせて、

 

いろいろ努力をすることは全く無駄にはなりません。

 

時には一進一退を繰り返しているように感じることもありますが、

 

3歩進んで2歩下がるように着実に進化しています。

 

要は積み重ねるかどうかの問題。

 

あなたもぜひこの「許し」のワークを実践してみてくださいね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

P.S.

次の水瓶座新月である2月12日から

「氣づきプレゼンターみきっぺの自分研究室」というメルマガを

配信することになりました。

これまでの人生で、

ずーーーっと抑圧してきた本当の自分の声を聞くためのメルマガです。

「本当は〇〇がやってみたかった」

「本当はあの時こう思ってた」

「本当は…」「本当は…」と思っていた自分の声を聞くことで、

自分の中にいる本当の自分と仲直りすることができます。

駄々っ子も不良少年や少女も悪霊も…

みんなただ

「認めて欲しかった」

「愛して欲しかった」だけなんですよね。

それなのにまるで、

腫れ物に触るかのように扱われたらあなたならどう思いますか?

おそらく今を生きる多くの人たちが、

この本当の自分の声に耳を傾けずに生きてきたはずです。

その結果が今であるわけです。

今が100%幸せと言えるのならば、

本当の自分と仲良くできている証拠。

でもそうでないのなら、

本当の自分と和解していくしかありません。

ピンときた方はぜひ読者登録をしてみてくださいね。

2月12日から配信スタートです!

メルマガ詳細