人生に行き詰ったら読むblog♪

氣づきプレゼンターみきっぺのブログ♪

言霊学「意富斗能地の神」「妹大斗乃辨の神」とは~改良した地盤を活かす~

最初に何かのはずみで生まれた

意識の原初である言霊ウ。

これは何だ?という

自覚の分析が始まりました。

自らを分けるのが自分。

言霊ウからのあらゆる言霊の発生は

まさに己を分析するための

細胞分裂のような働きです。

 

言霊学による古事記読み解きは

八父音の指月の月である

神々のくだりに入ってきました。

 

www.charlotte102-blog.net

 

www.charlotte102-blog.net

 

八父音とは創造意志であり

ただそのままでは

何も生み出すことのない

母音に働きかけて

次々と子音を生み出す

創造意志とその働きです。

 

何かを創造するために必要な

要素でありプロセスを

八つの父音が表します。

www.charlotte102-blog.net

 

古事記において登場する順番は

以下の通りです。

 

次に成りませる神の名は宇比地邇うひぢにの神。

次に妹須比智邇いもすひぢにの神。

角杙つのぐひの神

妹活杙いもいくぐひの神

次に意富斗能地おほとのぢの神

次に妹大斗乃辨いもおほとのべの神

次に於母陀琉おもだるの神。

次に妹阿夜訶志古泥いもあやかしこねの神。

次に伊邪那岐いざなぎの神。

次に伊邪那美いざなみの神。

 

古事記と言霊の著者である

島田正路氏は本の中で

意富斗能地の神と

妹大斗乃辨の神について

このように記しています。

 

この二つの神名から推理して

言霊の内容に到達することは

ほとんど不可能に近いように思われます。

けれどもこの神名を基にして

人が自分自身の心の内の

動きを見つめていきますと

言霊の内容に行きつくのも

それ程難しいことではありません。

 

わかるようなわからないようなですね(;^ω^)

 

それではみきっぺなりにこの神名を

分析してまいりたいと思います。

 

意富斗能地の神の

漢字一文字ずつの由来や意味を

それぞれに調べてみると

意:言葉で表せない心や思い

富:家の中がいっぱいに満ちること

斗:物の量をはかるための柄のあるひしゃく

  →汲む・量る

能:ある動作をすることができる

地:加工する前の土台をなすもの

  (ぢと読む場合)などとありました。

 

言葉で表せないいろんな思考が

いっぱいに満ちあふれて

それを整理すべく

自分の中で量りにかけて識別し

自分なりに理解し納得して

腑に落とすとそれは

新たな能力となって

改良された土台となる。

 

ざっくりまとめると

こんな感じになるかなと

私は思いました。

 

この意富斗能地の神が

指し示す言霊はシです。

 

何かに対する理解が

腑に落ちるときって

しみわたっていくような

感じがしますよね?

 

Sという声にならない音に

創造意志であるIが絡んで

シとなりました。

 

サ行で始まる言葉って

浸透して静まっていくという

イメージのものが多いし

その様子を擬音・擬態語としても

私たちはよく使います。

 

「サーっと引いて行った」

「シーンとしている」

「スーッとしみ込む」

「そーっと」など。

 

それではこの対となっている

妹大斗乃辨についてはどうでしょうか。

 

妹に関してはこれまで通り

先に出た言霊の反作用の

意味を表しています。

 

大:量や数が多い

斗:物の量をはかるための柄のあるひしゃく

  →汲む・量る

乃:すなわち/昔・以前・先に

辨=弁:役に立たせる/用に当てる

    わきまえるなどとあります。

 

妹大斗乃辨が指し示す

言霊はリです。

 

言霊シでいろんな思いや考えを

自分なりに整理して腑に落とし

新たにさらに改良された土台。

 

ベースアップされた自分は

世に役立たせなければ

まったく意味を成しません。

言霊リがその反作用であれば

そのことをしっかり自覚して

身につけた能力を

使いこなしていくような意志と

その働きと読み解くことができます。

 

言霊シで完成された土台を

基盤にして創造意志は

螺旋状に進化成長する

動きとなって発生します。

 

ラ行で始まる擬音・擬態後を

思い出してみましょう。

 

ランラン・リンリン・ルンルン

いずれも前向きな印象を与えます。

 

言霊シと言霊リの動きを

図にするとこんなカンジかなと思います。

f:id:charlotte102:20220207144857p:plain

 

創造意志である父音はそれぞれ

言霊チで弾みをつけて事を始め

言霊イでその動きを維持し

言霊キで必要な記憶や情報などをかき集め

言霊ミで必要な人脈や道具と結びつき

言霊シでそれらを識別・整理して

言霊リでベースアップした自分を

さらに進化成長させていくのです。

 

次回は残る父音について

みきっぺなりに解説していこうと思います。

 

今回も最後までお読みいただき

ありがとうございました(^▽^)♡

 

みきっぺが読んだこの記事に関連する本

 

 

 

御霊の法則

御霊の法則

Amazon